広島県福山市といえば、ばら公園や福山城はもちろん、ジブリ映画『崖の上のポニョ』の舞台と噂される鞆の浦(とものうら)や、西日本最大の大道芸フェスティバル「ふくやま大道芸」なんかが有名だ。そして……今回ご紹介する「たこ焼き」の誕生地としても知られている!

JR福山駅の駅ビルで偶然発見した、たこ焼き。なんとな~く存在は知っていたが、コレって福山市の名物だったのかッ! ということで購入。さっそく食べてみたら想像以上に裏切られた。もう見事に裏切られたのである。どういうことなのかと言うと……

・さんすて福山

JR福山駅の駅ビル「サンステーションテラス福山(さんすて福山)」に、もうすぐ創業400年を迎える和菓子屋『虎屋』がある。自家製の粒あんを柔らかく炊きあげて、ふわふわ生地にサンドしたどら焼き「虎焼」が名物の超老舗だが、負けず劣らず大人気なのがウワサの「たこ焼き」だ。

いや、もっと正確に言うと、たこ焼きにしか見えないシュークリームが超人気らしい。気になる……ということで1人前(8個入り680円)を購入。ちなみに、うな重やコロッケ、広島風お好み焼きも売っていたが、こいつら全部スイーツってマジかよ。攻めの姿勢がえげつないな。

・どう見ても「たこ焼き」

さて、90分ほど自然解凍してから箱をオープンすると「笑いすぎにご注意ください」の注意書きを発見。おいおいまさか、90分放置して中身がマジのたこ焼き……なんてことは絶対にないが、ドキドキしながら中をのぞいてみると……


たしかに……



たこ焼きが入っていましたッ


・老舗のクオリティ

舟皿にキッチリ8個、そして楊枝が2本……やはり、たこ焼きにしか見えん。食卓に置いてあったら100パー間違えるぞ。じっくり観察すると「かつお節」はチョコレート感が多少あるものの、ショコラソースの照り具合は完全に「たこ焼きソース」。抹茶で仕立てた「青のり」も見事だ。食欲そそるな~。

てことで、さっそくパクリと食べてみると……お、お、OH~こいつは完全にシュークリームですわッ! 絶妙な食感の冷た~いシュー生地に、さっぱりとした味わいのカスタードクリーム……なるほど、老舗の実力を発揮したな。一瞬、頭が混乱するけどウマいぞコレッ!

なんでも商品企画会議中に、夜食で登場した「たこ焼き」がシュークリームに見えたことで場が盛り上がり、開発がスタートしたという「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」。ユニークな見た目だけでなく、老舗クオリティでしっかり美味しいのがデカい。売れるわけだ。

気がつけばノンストップで8個パクリと完食。たこ焼き好きにもシュークリーム好きにもオススメの同商品は、ネットショップでも購入可能。差し入れやお土産などなど、ネタに困った時に大活躍間違いナシなので、興味がある方はぜひ1度チェックしてみてほしい!

・今回ご紹介した土産店の詳細データ

店名 虎屋 さんすて福山店
住所 広島県福山市三之丸町30-1
時間 8:00~20:00
休日 不定休

参考リンク:「虎屋」人気の定番そっくりスイーツ
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼JR福山駅改札からスグの「さんすて福山」

▼本物そっくりシリーズがズラリ!

▼見た目はもちろん味が良い!