突然だが、皆さんはジャンクフードなラーメンと聞いて何を思い浮かべるだろうか。「ラーメン二郎」をはじめとするマシマシ店は多いため、その答えは人それぞれ。おそらく、コレっていう一杯が頭によぎるに違いない。

例に漏れず、記者も「ラーメン二郎」だった……のだが、思わぬところで強烈な一杯に出会ってしまった。その名も「とんかつラーメン」。交わっていけないような感覚は、決して気のせいではないだろう。

・北九州市のラーメン店

とんこつじゃなく、まさかの「とんかつ」。それでラーメンの種類は「とんこつ」。ネーミングだけで震えるような一杯を提供しているのは、福岡県北九州市にある「笑福亭」だ。そんなラーメン聞いたことがなかったので、正直デマか何かだと思っていた。しかし……だがしかし……!

店頭からガチンコさ全開で二度見……いや、三度見した。屋根に『サク旨とんかつラーメン』とデカデカ書いてあるあたり、おそらく看板メニューなのだろう。確実に「か」と読ませようとしているため、ネタではないことも明らかだ。

・いろいろとお腹いっぱい

こうなれば、もちろん入店するしか選択肢はない。ええ〜い、ままよ! ってことでお店に入ると、昼の時間帯からかなり時間が過ぎていただけに客は自分だけだった。まずはメニューに目を通してみたら……

その時点でお腹いっぱいになってきた。とりあえず相手の戦闘力が未知数すぎるので6枚入りの中(980円)を注文。当時、騒がれまくっていた「日大アメフト」のニュースをテレビで見ながら、これまたお腹いっぱいで待っていると、ついに「とんかつラーメン」がやってきた。

・意外と合う

実際に対面したら、なんというかビジュアルがとにかくスゴい。とんこつラーメンに「とんかつ」がドボンッ……。てか、とんこつラーメンにとんかつのコンボなのでパンチ力がない訳ない。覚悟を決めてまずは一口。スープに浸かったとんかつを頬張ってみた。


おや?


おやおや?



だがそれがいい。


とんこつスープが優しいからだろうか、意外とイケてしまったから驚いた。正直、あと少しでもとんかつが太かったらヤバかったが、かなり細めだったのでサクサク感も楽しみながら食を進めた。

また、麺も細めで食べやすく、食事中に戦意喪失するような感じでもなかった。とはいえ、さすがに胃袋から悲鳴が聞こえたからハード系なのは間違いない。ビジュアルも含め、個人的には「ジャンクフード」の代名詞にしたい。

・関ジャニ∞も来店

余談だが、食べ終わってひと息つき、店内を見渡したら有名人の写真やサインがズラリと並んでいた。「関ジャニ∞」のメンバーや福岡県で知らない人はいない「岡本先生」が来店していたあたり、北九州市の名物店と言っても過言ではない。

近くを訪れたら一度「とんかつラーメン」を食べてみるのもいいかも。「とんこつ」であり「とんかつ」でもある一杯は、いつもと違うジャンクフードの世界を見せてくれるだろう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 笑福亭
住所 福岡県北九州市小倉北区片野4−17−2
時間 平日11:30〜15:00 18:00〜23:00 / 土日祝11:30〜15:30 18:00〜22:00
休日 水曜日

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼モノレールの城野駅から歩いて10分くらい

▼お店の外観

▼麺は細め

▼だがそれがいい

▼メニューも豊富だった