まぐろやアワビ、カニなどと並ぶ海の高級食材、それが「伊勢海老」だ。記者のような一般市民は滅多に口にすることの出来ないセレブ食材だが、それでもこれまでの人生で何度かは伊勢海老を食べたことがある。お味はもちろんウマかった……ハズだ。

それはさておき、当編集部内で最近やたらと伊勢海老に憑りつかれている男がいる。中澤星児だ。彼はことあるごとに「伊勢海老食べてみたいな~」と口にしているのだが、残念ながら伊勢海老を奢ってあげられるほどの余裕はない。何とか中澤に伊勢海老を食べさせてあげたい……そこで思いついたのがザリガニである。

・伊勢海老病の中澤

最近の中澤の “伊勢海老愛” は異常だ。「伊勢海老って食べたことあります?」「どんな味がするんですか?」などと頻繁に聞いてくるし「伊勢海老 格安」……などとハードル高めのワードをたびたびググったりしている。

──そもそもなんでそんなに伊勢海老食べたいの?

「いやー、ボリュームありそうじゃないですか。エビのプリプリ感を口いっぱいに感じられるなんて考えるだけで最高ですよね。昔、ラピュタでロブスターを食べるシーンを見て以来、本当に憧れなんですよ」


……なんと可愛く純粋な思いだろうか? 彼は幼い頃からの憧れで「伊勢海老を食べてみたい」と言うのだ。彼は編集部に入るまでケンタッキーも担々麺も食べたことがなかったが、この際それはどうでもイイ。彼の中で伊勢海老は “幻の恋人” なのだろう。

・中澤に伊勢海老を

何とか中澤に伊勢海老を食べさせてあげたい……とは思ったものの、不甲斐ないことに私(P.K.サンジュン)には金銭的な余裕が一切ない。どうにもならないのだろうか……? 諦めかけたそのとき、頭に浮かんだのが「アメリカザリガニ」である。

淡水や海水の違いはあるものの、基本的には同じ甲殻類、味はかなり似ているハズだ。聞けばフランスや中国では大人気食材だというから、もしかしたら伊勢海老より美味しい可能性だってある。そして何より捕まえればタダ……! みんながハッピーになるためには、もはやザリガニ以外考えられない。

いても立ってもいられず、やって来たのは東京都練馬区の石神井公園である。こちらの三宝池には多くのアメリカザリガニが生息しており、一部エリアではザリガニ釣りもOKとのこと。なんなら売店でザリガニ釣り用のエサまで売っている、都内屈指のザリスポットだ。

自慢ではないが、幼い頃は大量のザリガニを仕留めまくっていた私。何なら近所の小学生たちに交ざって高1くらいまでザリガニ釣りをやっていた。20年以上のブランクはあるが「入れ食い待ったなし!」と鼻息荒く久々のザリ釣りに臨んだ。

……んが、石神井公園のザリガニは異常に人間慣れしており、目の前にエサを置いても一向に食いつかない。な、なんて用心深いザリガニなんだ……! 俺の知っている貪欲なザリガニたちとは明らかに違う……ぜ、全ッ然釣れねェェェェエエエエエエ!!

前日の雨で水面はかなり濁っており、池のコンディションは最悪。それでも朝から2時間半かけて、何とか3匹のアメリカザリガニをゲットした。元々は食用として輸入されただけあって、超至近距離から見ると伊勢海老っぽく見えなくはない……というか、伊勢海老みたいなもんである。

あとは中澤に美味しくザリガニを食べさせてあげるだけ……! 待ってろよ、セイジくん!! 果たして中澤は喜んでくれたのか? 味はどうだったのか? そもそも野生のザリガニは食えたのか? 気になる続きは後半へGOだ!

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.