Tbag1

プロの俳優は、どんな役でも演じられることが大前提で仕事をこなしている。しかし、どんなに演技力があっても見た目からして、どうしても悪役向きな俳優とはいるものだ。そんな俳優の代表格といえるのが、一大脱獄ドラマ『プリズン・ブレイク』で、極悪人ティーバッグを演じたロバート・ネッパーである。

白人至上主義者にして小児性愛者、残虐非道なブっ飛びキャラだったのにもかかわらず、かなりコアな人気を集めていたのは、ロバートの怪演ぶりの賜物だろう。そこで今回の “あの人は今” シリーズでは、ロバートのその後を追ってみたいと思う。

・アクの強い極悪非道人間なのに、憎めない役を熱演

2005年に『プリズン・ブレイク』が放送開始した当時、46歳だったロバートは、それまで実力派の脇役として数々の作品に出演してきたが、イマイチ当たり役に恵まれなかった。しかし本作で、アクが強い割にはどこか憎めない極悪人という難しい役を、独特の持ち味で怪演した彼は、視聴者のハートをガッチリ掴んで離さなかった!!

「ティーバッグは、ロバートにしか演じられなかっただろう」と言っても過言ではないほどのハマり役だったのである。

・悪役俳優として引っ張りだこ!

ティーバッグ役で、悪役俳優として確固たる地位を築いた彼は、シリーズ終了後の活躍ぶりも目覚しいものがある。大ヒットドラマ『HEROES / ヒーローズ』をはじめ、話題作には、必ず悪役としてロバートが出演しているほどなのだ。またテレビだけに留まらず、大ヒット映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの最新作『The Hunger Games: Mockingjay』にも出演を果たしている。

・話題のドラマにマイケルとリンカーンと共に出演!

そして『プリズン・ブレイク』ファンに、涙もののニュースが飛び込んできた! 本作で兄弟を演じたマイケル役のウェントワース・ミラーとリンカーン役のドミニク・パーセルが、話題のアメコミ・ヒーロードラマ『The Flash』で、ロバートと共に出演することが決定したのだ! しかも3人揃って悪役を演じるというからたまらない!!

ロバートは、正確な時間を刻みながら完全犯罪を遂行する “クロックキング” という役で、ウェントワースは冷凍銃を武器とするキャプテン・コールド、ドミニクはヒートウェイブという放火魔を演じる予定だ。

・私生活では子煩悩なパパ

俳優としては、すっかり悪役が板についてしまったロバートだが、私生活では子煩悩なパパとして知られている。『プリズン・ブレイク』撮影中は、子供のために毎晩イラストを描いてファックスで送っていたそうで、役柄とのギャップが微笑ましいエピソードである。

遅咲き俳優だけに、ハリウッドで成功するまでの苦労は並々ならぬものがあっただろう。それだけに、謙虚に仕事に取り組む姿勢も評価されているのではないだろうか。これからも、ロバートの怪演ぶりに注目していきたいと思う。

参照元:IMDbThe Hollywood ReportermyFanbase(英語)
執筆:Nekolas
イラスト: マミヤ狂四郎

こちらもどうぞ→海外ドラマファン必見!「あの人は今」シリーズ

▼『プリズン・ブレイク』シーズン1予告編

▼ティーバッグのクレイジーぶりが分かる総集編動画はこちら

▼3人が悪役で出演する『The Flash』の予告編

▼『The Flash』で、ロバートが演じるクロックキングのアートワークだ!

▼ウェントワースが、『The Flash』で演じるキャプテン・コールドのアートワークはこちら

▼ドミニクが演じるヒートウェイブのアートワーク
https://twitter.com/SuperheroReport/status/507237950560546816

▼ロバートが出演した大ヒットドラマ『HEROES/ヒーローズ』シーズン4の予告編

▼大ヒット映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの最新作にも出演するぞ!

▼ぬりえもあるぜぇぇ
Tbag2