みなさんは「テレクラ」をご存じだろうか? テレフォンクラブ、略して「テレクラ」である。ざっくり言えば、男女の出会いを仲介する “出会い系ショップ” で、今から20年ほど前は繁華街などを中心に多くのテレクラが存在した。

だがしかし、出会い系もインターネットが全盛期のこのご時世。「今でもテレクラってあるのかな?」と思い調べてみると……あった。わずかだが2017年も、新宿歌舞伎町にテレクラが存在した。というわけで今回は、約20年ぶりにテレクラを利用してみたのでご報告したい。

・テレクラとは

まずはテレクラのシステムを簡単に説明しよう。男性は電話付きの個室でひたすら待つ。ただただ待つ。電話が鳴ったら女性とお話しし、気が合えばデートの約束も取り付けられる……といった感じである。なお、今回利用したテレクラは1時間1900円であった。

さっそく受付で名前と年齢を39歳と記入し、料金を支払う。「力士は確実に通れないな」というくらい狭い通路沿いに、私(P.K.サンジュン)の個室は用意されていた。12号室、この12号室から果たして出会いは生まれるのだろうか?

さあ、漫画でも読みながら待つか……と思いきや、入室10秒後には初コール! スゴイなテレクラ!! 電話の相手は27歳女性で慣れた口調でこう切り出してきた。

「こんにちは~。27歳なんですけど大丈夫ですかぁ? いま近くにいるんでぇ、ワリキリでよければ会いたいんですけどぉ?」

ウッヒョーイ! 今まで遭遇したこと無かったけど、本当にワリキリってあるんですね!! これが大都会TOKYOの闇ですか! ……が、残念ながらワリキリのお相手が出来るほど私は裕福ではないし、勇気もない。というわけで、1件目の電話は丁重にお断りした。

さあ、マジで漫画でも読みながら待とう……と思いきや、早くも2本目のコールが鳴り響く! 入れ食いかよ!! ワクワクしつつ「もしもし~」と電話に出ると、なぜか相手は無言である……。年齢とお住まいを聞くと、彼女は手短にこう答えた。

「40代……(沈黙)……埼玉」

そのテンションはあまりにも低く、全くもって “出会いたいオーラ” が伝わって来ない。もしかしたら、埼玉1の恥ずかしがり屋さんなのかもしれないが、私に与えられた時間は残り50分ほど。こちらの女性も丁重にお断りし、電話を切った。

一服しつつ、待つこと5分ほど。3本目のコールが発生! そして私はこの後30分近くも話し続けることになる、サチコさん(仮)と出会ってしまったのだ。「恋がしたいですね」が口癖のサチコさんと繰り広げた “謎の30分トーク”次ページへGOだ!

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.