img1487259298325

納豆を食べられない人ってもったいないなーと思う。値段も安く健康的。それに、どんな形で食べても大体おいしいのだ。キムチを入れてもパスタと和えてもウマい。ほら、欠点が見当たらないよな。え? なになに? プリンと混ぜる……? いや、いかんでしょ。

なんと、納豆とプリンを混ぜるとウマいとネットで話題になっているのだ。おい、冗談にしては笑えないぞ。納豆とプリンて。気は確かか? そんな悪魔の所業、私(あひるねこ)は断じて認めることは出来ない! よって、実際に試してみることにした。これがちょっと予想と違う結果になったのである。

・正直混ぜたくはない

用意するのはもちろん納豆とプリン。それ以外には特にいらない。だが現物を前にして、おそらく100人中100人がこう思うだろう。別々に食いてぇ……。特にプリン、余計なことをせずそのまま食いてぇぇぇええ! お母さん、僕はこれからこの納豆とプリンを混ぜます。

img_5082

・①納豆を出す

作り方は非常に簡単だ。まず皿に納豆を出す。この時注意したいのは、いつものクセでタレと辛子を入れないこと。忘れるな、このあとプリンを入れるんだぞ。よっぽどのドMでない限りは、大人しく抜いておけ。退くのも勇気だ。

img_5086

・②プリンを入れる

ここからが本番である。その納豆の上に、誠に不本意ではあるが、プリンをプッチンするのだ。大丈夫、あなたは間違っていない。とてもイケナイことをしている気になるはずだが、何も考えず一気に行け! そぉーれ、プッチーーーンッ!!

img1487259298325

・罪と悲しみ

それは異様な光景だった。納豆とプリンでさえも、何が起きたのかを理解していないようである。タレにしてはやけに重いな……とでも言いたげな表情を浮かべる納豆。そして、笑っていた。プリンが笑っていた。私が犯した罪を何も知らず、プリンは無邪気な顔でただ笑っていたのだ。

img_5096

・③よく混ぜる

胸が締め付けられる思いだったが、許せ、こっちも仕事なんでね。無情にもスプーンはプリンの柔らかい体を貫く。そうだ、感情は捨てろ。スプーンの切っ先はそのまま納豆にまで到達し、すべてを蹂躙(じゅうりん)していったのだ……。要は、深く考えずよくかき混ぜてくれ。

img_5102

・④出来上がり

で完成したのが、この謎の物体である。一見、生卵を何個も入れた納豆のようで、朝の食卓に並んでいてもギリでおかしくは……いやおかしいか。そもそもこれおいしいの? 味の予想がつかないし不安も尽きないが、さっそく食べてみる。

img_5119

・気になるお味

ネバネバでトロトロの液状プリンと納豆を口に入れると、ほぉぉぉ。え? うーん。ああぁ~。という感じになった。納豆の臭みはない。思ったよりも全然食べられる。というか、意外とウマい。そう、何とも形容しがたい和風スイーツに仕上がっていたのである。まあ甘納豆とかあるし、不自然じゃないわな。

img_5123

・醤油もアリ

ただ個人的には、あまりにも先進的というか何というか……。人類には早すぎたのではないか、という摩訶不思議なスイーツだ。ちなみに、醤油を入れるとウマいという情報もある。まだイクのかよ! ってな感じだが、たしかにみたらし風の味になったので、試す価値はありだろう。

img_5128

・食の求道者へ

いやはやこの2017年において、まだこんな未知のスイーツに出会えるとは。私はウマいと思ったが、これを納豆嫌いな人が食べるとどう思うのか、気になるところではある。食の探求に貪欲な方は、ぜひチャレンジしていただきたい。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼タレにしてはやけに重いな……とでも言いたげだ
img_5095

▼プリンは、無邪気な顔でただ笑っていた
img_5096

▼無情にもスプーンはプリンの柔らかい体を貫く
img_5098

▼そしてすべてを蹂躙(じゅうりん)していったのだ
img_5104