つい先日も山芳製菓が「冷やして食べるポテトチップス」を発表し話題になったが、どうやら最近は妙な食べ方をするポテチがトレンドのようだ。というのも、あのカルビーが意味不明なポテチを発売しようとしているのである。なんとそれは、納豆をかけて食べるポテチなんだとか。は?

来たる2018年6月25日、ローソンにて数量限定で発売される新商品『ポテトチップス 納豆好きのための納豆味』。「納豆味」だけならまだしも、納豆特有のネバネバ食感が味わえるというのだから狂っていらっしゃる。もはや何でもありかよ!

・納豆をかけるだと?

そもそも、ポテチってのはそのまま食べるお菓子ではなかったのか? いつからこんな事になっちまったんだ? 思い出すのは約2年前。かつおぶしをかけて食べる『お好み焼き味』なる商品がカルビーから発売されている。ただまあ、お好み焼きならまだええやん?

それが今回は、あの納豆である。繰り返すようだが「納豆味」ならまだいいんだよ。『うまい棒』にもあるしな。しかし、「納豆をかけて食べるポテチ」ってのはマジで解せない。納豆にはポテチじゃなくて白米だろうが! 海原雄山が聞いたらブチ切れっぞ!!

・予想と違った

さて、この『納豆好きのための納豆味』。カルビーによるオススメの食べ方は以下の通り。

1. 袋を開けてチップスをそのまま一口味わう
2. 別添の納豆フレークをふりかける
3. 納豆フレークがチップス全体にいきわたるようにフリフリ~♪
4. ①のチップスとの食感と 味の変化を楽しむ

へ~、なるほどね。ん? いやちょっと待て! 別添の納豆フレークをふりかけるだと……? いや、本物の納豆をぶっかけるわけじゃないんかい! なんか思ってたのと違うじゃねーかコラ!! それはちょっと……ウマそうじゃねーかコラ。

・普通に食べたい

そう、実はこれ意外とウマそうなのだ。からし醤油味をイメージした醤油味のポテチに、納豆フレークをかけて食べる。パリパリのチップスとネバネバの納豆が組み合わさり、噛めば噛むほど納豆の味わいが感じられるそうだぞ。あれ、普通に食べたくなってきた。

パリパリとネバネバ。たしかにこの二つの要素は、相性がいいような気がしないでもない。海原雄山も「中川! 二度とこんな物を私の食卓に出すなッ!!」とか言いながら、自分の指をなめそうな気がしないでもない。いずれにせよ、納豆好きは一度試してみる価値があるだろう。発売を待て。

参照元:カルビー
執筆:あひるねこ