yamutya
あまりに見事な噛ませ犬っぷりで逆に大人気なヤムチャさん。登場作品がバトルマンガの金字塔『ドラゴンボール』だけに、そのやられっぷりも派手で「今後ヤムチャを超える噛ませキャラは出てこないだろう」と言われているとかいないとか。

もし自分がヤムチャさんに生まれ変わってしまったとしたら……そんな「ifストーリー」が楽しめるマンガ『転生したらヤムチャだった件』がネットで話題だ。次々と降りかかる文字通り「絶対絶命」の闘いに主人公は一体どう立ち向かうのか? これ普通に面白いな。

・公式の二次創作

2016年12月2日から「少年ジャンプ+」で無料で公開されたこのマンガ。描いているのは、『ドラゴンボール』『勇者ヨシヒコ』『ワンパンマン』等の同人活動で知られるドラゴン画廊・リー先生である。ストーリーは以下のような感じだ。

・ストーリー

主人公は、平凡な『ドラゴンボール』好きの男子学生。ある日、その学生が女性のパンティを見ようとして、階段を転げ落ちたところから物語は始まる。見知らぬ世界で目を覚ました彼。鏡を見ると、なんとヤムチャになっていた。絶対絶命の状況が次々と降りかかることを誰よりも知っている彼が選んだ道とは……?

・自分がヤムチャになったら

前述した通り、噛ませ犬として誰よりも有名なヤムチャ。しかも、栽培マンに自爆されたり、人造人間に体を貫かれたり、ヤムチャのやられ方はとにかく痛そう

私(中澤)だったら悟空たちに任せて逃げるところだが、回復したらバトルにちゃんと参戦するヤムチャは本当に偉い。この二次創作を読んで、そんなことを考えさせられた。なお、作品に対するネットの声は以下の通り。

・ネットの声

「続き早く読みたい」
「ひょっとしたらヨシヒコとヤムチャの漫画描いたあの方?」
「後編楽しみだ。少なくともラディッツよりは強くなってる」
「面白い(笑)」
「個人的にははしょった部分もきちんと読んでみたい」
「こんなの笑うから」
「公認の二次創作すばらしい」
「タイトルがズルいけどちゃんとおもしろかった」
「普通に面白いし続き楽しみ」

──タイトルのインパクトに負けないくらい面白い内容との声が多かった。実際、「一般人がヤムチャになった場合に考えそうなこと」などがリアルに描かれており、私も惹き込まれてしまったぞ。

なお、12月12日現在、1話30ページのみが公開されている。ちょうど第一関門の栽培マン戦までが描かれているので、気になる人は「少年ジャンプ+」のHPでチェックしてみてくれ。

参照元:少年ジャンプ+、Twitter @shonenjump_plus
執筆:中澤星児

▼これからの展開が気になる