みなさんは2015年に勃発した「ドレスの色論争」を覚えているだろうか? 見る人によって「青と黒」「白と金」に分かれる、あのドレスだ。今再び、ある物の色の見え方を巡って対立が起こっている。

それはバッグ。あるバッグの色が、「青」か「白」かで人々の意見が真っ二つに分かれているというのである! あなたはどっち派かな?

・『ケイト・スペード』のバッグの色は何色?

2016年10月5日、テイラー・コルソさんが「新しくバッグを買ったの」とツイートしたことでこの対立は始まった。

彼女は、日本でも人気の『ケイト・スペード』のハンドバッグの写真をツイートしたのだが、それを見た多くの人は「彼女が購入したのは白いバッグ」だと思ったもよう。しかしコルソさんは、「青いバッグだよ」と全く違った主張を行ったのである!

・公式情報は “ミスティック・ブルー”

彼女に賛同して「青だ」とツイートする人もいるが、「白だ」と感じる人もとても多い。なかには中立的立場をとった「限りなく白に近いブルーかな」や「カメラの色設定を調整する必要があるのでは?」との意見が聞かれるものの、ほとんどが「白派」か「青派」だ。

『ケイト・スペード』のサイトでは、バッグは “ミスティック・ブルー” だと表記されているが、それでも「白派」の人々は納得しきれていないご様子。うーん……あなたは何色に見えるだろう?

・コルソさん「バッグの色なんかで対立するのはヤメて!」

予想を超える量の反応を受け、また「話題になりたくて写真をでっち上げたのでは」などと非難する人が出てきたりと、この対立にウンザリしつつあるコルソさん。そこで彼女は、バッグで集まった注目を、より有効に活用することを思いついた。

「ねえ、バッグの色なんかで対立するのはヤメて、もっと有意義なことに目を向けて!」と、自身も参加する “小児糖尿病の治療研究費を募るプロジェクト” への寄付を呼びかけているのだった。

参照元:MirrorCNET(英語)、Twitter @whyofcorso@enews
執筆:小千谷サチ

▼あなたは何色に見えるかな?

▼「バッグの色なんかで対立するのはヤメて、もっと有意義なことに目を向けて!」とコルソさん

▼『ケイト・スペード』の公式 Twitter も反応!