kimi1

夏が終わって随分涼しくなった。とはいえ、まだまだ暑い日が続いている。暑さに打ち勝つにはやっぱりスタミナだろ! ということで久々にパワー飯を紹介したいと思う。

今回紹介するお店は、いわゆる二郎系のラーメン店、『肉汁らーめん公(きみ)』だ。ここのらーめん中豚1本(1300円)のボリュームがスゴイ! カットしたチャーシューが1本ドドンッと乗っているのである。これ食えば、ぶり返す暑さにも対抗できるだろ!

・どこかで聞いた言葉

お店は京急新馬場駅から、徒歩約5分のところにある。聖蹟公園の交差点の一角にあり、店の看板にはこんな一文が記されている。「大? 小? にんにく入れますか?」、どこかで聞いたことあるような言葉だな、まあいいか……。

kimi2

私(佐藤)が訪ねたのはちょうどお昼。どうやら満席だったようだが、タイミングよく4~5人のグループが出て行き、カウンターに座ることができた。注文するのは、もちろん豚1本だ。しかし店前の写真には「売切れ御免」と書いてある。どうか残っていてくれ!

kimi3

・全部普通で

注文は券売機で。お金を入れると、幸い「らーめん中豚1本」のランプがついた。売り切れてはいなかった! 豚1本の食券を購入してカウンターへ。するとスタッフが無料トッピングを尋ねてくる。野菜・ニンニク・あぶらは無料で追加可能だ。今回はチャーシューに集中したかったので、全部普通でオーダーしておいた。そして待つことしばし……。

kimi4

・フチをなぞるようなチャーシュー

分厚いチャーシューが丼のフチをなぞるように並べられている。厚さ推定1センチ、分厚い肉塊が10枚も行儀よく並んでいるじゃないか。

kimi5

美しく色づいたチャーシューたちよ。私はこんな肉布団があったら、挟まれて眠りたい……。

kimi6

・チャーシューだけでお腹いっぱい

一切れ食べてみると、ホロリと溶けるような食感。それでいてしっかりとした食べ応えがある。これは、チャーシューだけでお腹が満たされる勢い。もしかしたら、チャーシューの重量は300~400グラムくらいあるのではないだろうか。

kimi7

麺は太麺。もやしと共にワシワシと食らうタイプ。これは普通盛りのラーメンでも相当なボリューム。マシマシで食うのはかなりの猛者ではないだろうか。四十路を超えた私には、どう考えても完食は難しいと思われる……。

ちなみにスープはあっさりとしたしょう油ベース。思っていた以上にあっさりとしていたので、少々物足りなかった。ニンニクを増すか、味を濃いめで注文してちょうど良いかもしれない。

とにかく、季節の変化でちょっと元気ないなあ、という人にオススメ。コレを食ってスタミナを補給してくれ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 肉汁らーめん公
住所 東京都品川区北品川2-25-10
営業時間 11:00~23:00 / 日祝11:00~22:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24