“白馬の王子様” や “スーパーマン”、“美しき王女様” などもいいけれど、“天使” も素敵。自分のところに現れてくれたらなあ、と夢見る人も多いはずだ。そして広い世の中には、幸運にも天使と巡り会えた人々が存在しているようだ。

この度も、ある村に “天使” が流れ着いたそうだ。もちろん、村民は大興奮! 丁重にもてなし、崇め奉っていたのだが……その正体が “空気人形” とか “空気嫁” と呼ばれるアレだったことが判明。世界的なニュースになってしまったのだとか。って、どんな話だよ!? 詳細をお伝えしたい。

・日食の3日後…… “天使” が降りてきた!

これは2016年3月12日、日食の3日後に起こった出来事だ。インドネシア・バンガイ諸島の小さな村で、漁師のパーディンさんが1体の美しい人形を発見した。

敬虔(けいけん)なイスラム教徒の多いインドネシアでは、日食は神聖なイベントだと考えられているそう。バーディンさんは、日食のすぐ後に流れ着いた人形 = 天使だと信じて、家に連れて帰ることにしたという。

・服を着せられた天使。村中も大興奮

彼の家族によって、キレイな洋服やヒジャブがあてがわれ、まるで人間の様にもてなされたこの人形。村中でも瞬く間に話題となり、人々は「天使が空から落ちてきた」、「天使の子供が流れ着いた」と大興奮だったという話だ。

・警察官が正体に気が付く

そして、この噂を聞きつけた地元警察官たちも、天使なら一度会っておかねばと人形の元を訪れた。しかし天使を見た彼らは、その正体に気が付いてしまった。…… “空気を入れるタイプの嫁” だったのだ。ああ、さぞかし人々は驚いたことだろう。

ネット上でも “天使” の写真は公開されている。服を着ていると “普通の人形” に見えなくもないが、服を脱いだ状態だと一目瞭然だ。小さな村だったから、誰も正体に気が付かなかったのかしら? ちなみに “さらなる混乱を避けるため” 、この人形は警察が引き取ったと報じられている。

参照元:RapplerMetro(英語)、Facebook
執筆:小千谷サチ

▼服を着ると随分とイメージが変わるものである