RINKAN1

イケメン兄弟が一大脱獄計画を繰り広げ、米国政府を相手に立ち向かっていく大ヒットアクションドラマ『プリズン・ブレイク』。2016年に9話構成のミニシリーズが放送されることが決定し、オリジナルキャストのカムバックが続々決まっていることもあり、出演俳優が今どうしているのか ‟その後” を追っている。

そして、今回は遅ればせながら、兄リンカーン・バロウズを演じたドミニク・パーセルに注目してみることにした。どうやら彼は、かなり年下の美人女優とイイ感じらしいぞ!

・『プリズン・ブレイク』でのドミニクの役柄は!?

リンカーンは米副大統領暗殺の濡れ衣を着せられ、死刑宣告を受けて投獄されてしまうという、薄幸な星の元に生まれた男だ。頭脳明晰で、建築家として成功している弟マイケルとは対照的に、その日暮らしをしているゴロツキのリンカーンだが、二人は忠誠心とも呼べる兄弟愛で結ばれている。

劇中では、天才的な頭脳を駆使して脱獄計画を企てる ‟ブレイン” 的存在のマイケルを支え、いざとなったら相手をブチのめし、体を張った役割はリンカーンの担当だ。そんな二人は、凸凹ながらも最高のコンビと言えるだろう。

・17歳年下の美人女優とラブラブ交際中!!

そして、現在46歳のドミニクは、なんと、17歳も年下の美人女優アナリン・マコードと交際中なのである! アナリンは、『ビバリーヒルズ青春白書』のリメイク版『新ビバリーヒルズ青春白書』に出演して、大ブレイクした超セクシー女優だ。

2014年に、二人は3年間交際した後に一度破局しているが、2016年1月に復縁して再びラブラブモード全開のようである。リンカーン役も同じく、ドミニクは無口で硬派な役を演じることが多いだけに、キャピキャピと若さハジけるアナリンが恋人とは、ちょっと意外な感じがしてしまう。

・ヒュー・ジャックマンと同級生だった!

若い恋人もいて、俳優としてのキャリアも順調なドミニクの生い立ちだが、イギリスで生まれた彼は幼少時に豪シドニーへ移住。成人してから演劇学校へ通い始め、同級生には、あの『X-MEN』シリーズのウルヴァリン役で知られる大スター、ヒュー・ジャックマンがいて、一緒に演技を勉強していたのである。

本国のテレビドラマを中心に出演していたドミニクだが、オーストラリアで撮影されたハリウッド映画『M:I-2』で役を得たことをきっかけに、ハリウッドの事務所にスカウトされてアメリカへ移住。それ以来、映画やドラマシリーズで活躍する売れっ子俳優となったのだ。

ドミニクは、『プリズン・ブレイク』でマイケル役を演じるウェントワース・ミラーと、DCコミックスをドラマ化した『レジェンド・オブ・トゥモロー』でも共演中だ。

ドミニクは炎を操るヒート・ウェーブ、ウェントワースは氷を扱うキャプテン・コールドを演じ、再び ‟氷と炎” という対照的な役でコンビを組んでいる。それだけに、筆者はドミニクとウェントワースを見ると、なんだか本物の兄弟のように思えてしまうことがあるのだ。

参照元:IMDbE!Online(英語)
執筆:Nekolas
イラスト:マミヤ狂四郎
こちらもどうぞ→海外ドラマファン必見!「あの人は今」シリーズ

▼『プリズン・ブレイク』シーズン1の予告編はこちら

▼17歳年下の美人女優とラブラブのドミニク

▼ぬりえもあるぞ!
RINKAN2