IMG_3195

恋……ではなく「濃い」は正義である。生乳をたっぷり使用した濃厚なソフトクリームも正義なら、カカオの比率が異常に高いチョコレートも、大人の味として人気を博す正義といえる。そして今回ご紹介するのは、「世界一濃いぃぃい抹茶のジェラート」だ。

世界一濃い抹茶のジェラートだと……? そんなに自信満々なら千利休レベルに抹茶好きな筆者が確かめてやろうじゃないか! というわけで、東京は浅草の「壽々喜園浅草本店」まで足を運んだのでご報告したい。

・オープン初日から行列

2016年1月4日……つまり本日から、浅草の「壽々喜園(すずきえん)浅草本店」と静岡の抹茶スイーツ店「ななや」のコラボショップで食べることが出来るプレミアムスイーツ、それが世界一濃い抹茶のジェラートだ。

筆者は開店直後に店に到着したものの、すでに30人ほどの行列が出来ていた。正月の朝から並んででも食べたい抹茶のジェラートの正体とは、いったいどんなものなのだろうか?

IMG_3168

・色はビリジアン手前

こちらのお店では、抹茶の濃さをNo.1からNo.7の7段階で選べるようになっている。つまり、世界一濃いぃぃい抹茶のジェラートはNo.7である。筆者は食べ比べのため、No.1とNo.4、そしてNo.7を注文した。

IMG_3181

やってきた抹茶のジェラートは、中ボスのNo.4でも十分に色鮮やか! てか超グリーン!! しかしNo.7はさらに濃い緑……なんならビリジアン手前の濃さである。

IMG_3205

・世界一濃いぃぃい抹茶ジェラートのお味は……

さっそくNo.1から食べてみると、No.1でも十分に抹茶味は楽しめた。うむ、いつもの抹茶味だ。そしてNo.4でもビンビンと抹茶味が濃いぃぃぃいい! 後味にほのかな甘さも感じられ、これぞ大人のスイーツといったところだろう。ちょ、ちょっと……これ以上濃厚ってどうなっちゃうんでしょーか!! 若干ビビりながらNo.7を口に運ぶと……!

IMG_3221

に……にがっ! 農林水産大臣賞を3年連続受賞の静岡県産抹茶を使用したというだけあって、上質な抹茶であることはわかる。だが、これはやりすぎでしょー!! 甘さは皆無に等しく、なんなら茶葉をダイレクトに食べているのと同じレベルであるッ!!

決してまずいわけではないがスイーツとして楽しむ場合、個人的にはNo.4あたりをオススメしたい。価格はシングルでNo.1からNo.6までが340円、No.7のみ440円となっているぞ。とにかく世界一濃厚であることは間違いなさそうだから、気になる人はぜひチェックしてみよう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 抹茶ジェラートショップ壽々喜園×ななやコラボショップ
住所 東京都台東区浅草3-4-3壽々喜園浅草本店内
時間 09:30~17:30
休日 不定休

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼こちらが1月4日にオープンしたコラボショップだ。
IMG_3171

▼値段はNo.7のみ高くなっている。
IMG_3174

▼ケース。抹茶以外のフレーバーもあるよ。
IMG_3181

▼だがお目当ては、世界一濃い抹茶のジェラートだ!
IMG_3184

▼キターーーーー!
IMG_3205

▼No.1は普通の抹茶アイス。ウマい。
IMG_3188

▼No.4でも十分に抹茶は濃い。甘さもかなり控えめ。
IMG_3191

▼No.7は、もはや甘さが無いに等しい! てか苦い!!
IMG_3195

▼スイーツとして楽しみたいならNo.4あたりがオススメだ。
IMG_3221

▼おまけ。ほうじ茶アイスなんかもあったヨ。
IMG_3211

▼浅草の新名所になる予感! 気になる人はぜひチェックしてみよう!!

マジか。新年早々、初詣以外で行列か……!

A photo posted by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on