standingsteak

モーレツにステーキが食べたい。ジュウジュウの焼きたてステーキが食べたい。イイ店で、ウマい肉が食べたい──けれど、金がない! そんな時に是非とも試してほしいのが、今回紹介する究極至高の台所めしスタイル「一人立ちステーキ」である。

実はこの「一人立ちステーキ」は、数カ月前に紹介した「たちしゃぶ」の派生版なのだが、ハッキリ言って “たちしゃぶを超えた” といっても過言ではない。価格面でも、味の面でも後始末の面でも……すべてにおいて たちしゃぶ を超えてしまったのだ!

・安い肉で全然OK

用意するのは肉とニンニクのみ。野菜が欲しければ、30円くらいの「もやし」なんて最適だろう。青味が欲しければ、冷凍の「いんげん」なんて加えてみるのも良いかもしれない。で、重要なのが “肉” であるが、スーパーで売っている安物でも大丈夫。niku

なぜ安物でもOKなのかというと、ずばり “事前にサイコロ状(サイコロステーキ)にしておくから” である。食べた時に「安い肉だなァ」と感じる脂身やスジは、食べやすい大きさに切ると同時に排除しておく。この下ごしらえにより、安い肉でも “美味しく食べられる部分” のみを食すことになる=安さを感じさせない=激ウマなのだ。Screenshots  2015-08-16 23.39.53_500px

・一人立ちステーキの楽しみ方

単に切って、台所のフライパンで焼いて、そのまま焼きたての肉を食べるだけなのだが、一応念のため、レシピも書いておく。

その01:ステーキ肉を、食べやすい一口サイズの大きさに切る。この時に、脂身やスジをカット。軽く塩コショウもしておくと、なおよし。niku2

その02:ニンニクをスライス。お好みで野菜も用意。また、ステーキソースや、「うまい塩」や、わさび醤油など、好みのタレも用意しておく。shiotoka

その03:カットした「いらない脂身」をジュウジュウ焼いて油を出す。この油で肉を焼くのだ。よって、サラダ油なども不要。abura

その04:油が出てきたら、スライスニンニクや、肉を適当に入れて、自分の好みの焼き加減でジュウジュウ焼いて……焼きたてアツアツをハホハホ食べる!hahohaho

──以上である。この「自分好みの焼き加減になった瞬間」に、「アツアツをハホハホ食べる」ことができるのは、“目の前でステーキを自ら焼く” こと以外にありえない。しかしながら、鉄板を用意するのもメンドクサイ。ゆえに、台所でフライパンなのだ!yakitate

・守備の面でも完璧

また、この「立ちステーキ」は、洗い物が少ないというウレシイ面もある。フライパンと箸、あとは茶碗にタレの小皿、そして野菜を載せていた皿……くらいなもので、すぐそこにシンクがあるので、後片付けもマッハで終わる。これも台所メシの良い点だ。atokataduke

ちなみに、私(筆者)が今回用意した肉は、スーパーで買った「アメリカ産牛肉 肩ロースステーキ用」の内容量176g、価格は276円……のところを207円という “お値下げ品” だが、それでも十分に美味かった。もやしを買っても250円でお釣りが来る。

そう、安い肉でも、愛情込めて丁寧に焼けば、国産牛に負けないくらいにウマいのだ。究極至高の台所めしスタイル「一人立ちステーキ」、ぜひとも試していただきたい。

Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

▼アツアツ焼きたて!
yakitate2
▼うまい塩をつけて食べるもよし!
umaishio
▼ニンニクのせてワサビ醤油でキーンッと食べるもよし!
wasabi
▼好みの焼き加減になった瞬間にパクリだ!
konominoyakikagen
▼冷凍のインゲンは用意しておくと便利だぞ
reitouingen
▼フライパンの上の肉とのタイマン勝負だ
hitorimeshi
▼楽しみ方の動画も作ったぞ

▼作り始めから片付けまで動画を撮影したのに「うまい」しか発言してなかった

「うまい」#キッチンはとり

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on

記事用。「うまい」しか発言してなかった。 #キッチンはとり

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on