IMG_0061

飛ぶ鳥を落とす勢いで人気爆走中のアニメ『ラブライブ!』は、2013年にテレビ放送されると、瞬く間に若者を中心にその地位を確立した。あまりに人気なため、内容は知らなくてもその名前を聞いたことがある人は多いに違いない。

9人の女子高生で構成されるスクールアイドルグループが、全国大会優勝を目指して頑張る物語である同アニメだが、ファンをひきつけてやまない魅力は一体どこにあるのだろうか。強烈なファンの男性・楠木さん(仮名)に聞いてみたところ、興味深い答えが返ってきたのでお伝えしたい。

【熱烈なファンが語るラブライブ!の魅力】

lovelive

魅力その1:キャラクターがかわいい

「なんといっても表情が豊かなところがいいですね。喜怒哀楽がしっかり表現されているし、PVやイラストごとに髪型や衣装も作り込まれている。キャラクターごとにイメージカラーがあるのも二重丸です。みんなそれぞれ好きなので、誰か1人とかは選べません」

魅力その2:キャラクターの性格がいい

「かわいいことに加え、人数が9人もいるのにそれぞれが個性的なところもいいですね。それにもかかわらず一致団結する姿は、グループ活動の理想。そこも魅力のひとつでしょう。性格もみんなそれぞれ好きなので、誰か1人とかは選べません」

魅力その3:アニメのストーリーがいい

「わりとシンプルなストーリーですけど、非常にテンポがいいのが『ラブライブ!』。女子高生とアイドル活動に友情・努力・勝利を加えた異色の組み合わせは他になく、考えた人は天才でしょう。あとみんなそれぞれ好きなので、誰か1人とかは選べません」

魅力その4:曲がいい

「これは感想そのままですよ。一度聴いてみれば、すぐにわかるでしょう。通勤中に聴くと、1日頑張ろうっていう気になります。ちなみに私は今日もそうでした。9人で歌う曲からソロ、ユニットごとのものまであるのもいいですね」

魅力その5:声優がかわいい上にプロフェッショナル

「キャラクターの声で歌える声優さんを尊敬します。声優が歌っているのではなく、キャラクターが歌っているように感じるのは、本当にスゴい。イメージを崩さない仕事というか、やっぱプロですわ。また全員がかわいく、私は徳井青空(そら)さん、南條愛乃(なんじょう よしの)さん、内田彩さん推しです」

魅力その6:PVがいい

「PVのカメラワークもいいですね。迫力のある映像を見ていると、思わず二次元の世界に飛び込みたい気持ちになってしまいます。個人的には『もぎゅっと “love” で接近中!』が好きです」

魅力その7:スクールアイドルフェスティバル(スマホアプリ)がおもしろい

「リズムゲームということで単純ですけど、いい曲揃いの『ラブライブ!』の曲でゲームできるのが『スクフェス』です。ゲームによっては曲を買わないとプレイできないものもありますが、スクフェスには曲自体の課金制度はありません。ゲームオリジナルのイラストが、凄まじくかわいいのもいいですね」

魅力その8:グッズが豊富

「コンビニとのコラボも多く、グッズが豊富なのも魅力のひとつです。身近なところにあるのは、ファンにとって嬉しい限りですよ。私も買ってしまうんです。この前の神田祭でも、ついついコラボジュースを買ってしまいました。かわいいからね」

loveoive2

魅力その9:女の子にも人気で話のネタになる

「そのままです。街中でもスクフェスやっている女の子を結構見かけますしね。知り合いにも『ラブライブ!』を好きな子がいて、共通の話題で話が盛り上がりますよ」

以上、9人メンバーにちなんで9個の魅力を厳選して教えてくれた。キャラクターがかわいいことに加え、ストーリーの充実、いたるところに魅力が散りばめられた作品だということが伝わってきた。

制作、声優を含め、『ラブライブ!』に携わる人がプロフェッショナルであり、それが作品の魅力にも繋がっている印象だ。また、スマホアプリや各方面でのコラボグッズといい、時の流れに沿ったものが、今の若者たちを虜(とりこ)にしているのだろう。

年齢差が開けば開くほど会話は噛み合わなくなるが、共通の話題があればその距離はグッと縮まるもの。アニメがコミュニケーションツールとして欠かせなくなる時代は、すでにやってきているのかもしれない。

執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼9人の女子高生で構成されるスクールアイドルグループが全国大会優勝を目指して頑張る物語だ
lovelive
▼各方面でコラボしている『ラブライブ!』
IMG_0060
lovelive1
▼スマホアプリ『スクフェス』

▼こちらは楠木さんオススメPVの『もぎゅっと “love” で接近中!』