「小林さんちのメイドラゴン」にまつわる記事

アニメを見ない練馬区民に『小林さんちのメイドラゴンS』の4話を見せたら男泣き → その理由が予想外だった

アニメにも色々あって、ただ単にクオリティーが高ければ良いというわけでもない。私(中澤)は、クオリティーがガチな上に内容もシリアスで隙がないと疲れてしまったりする時がある。働いていると、ほど良く抜けてないと辛いこともあるのだ。

その点で言うと、『小林さんちのメイドラゴン』のバランス感覚は完璧だ。何も考えずに片手間で見れるし、ふとした瞬間に考えさせられる。働く大人にちょうど良いアニメだと思うため、隣の席のYoshioに見せてみた。

続きを全部読む

難民化待ったなし! 2017年冬の「日常系アニメ」ベスト3 / 名作揃いすぎて春以降どうやって生きていこうか悩むレベル

アニメとは残酷なものだ。いくら夢中になろうとも、終わりは必ずやってくる。短ければ1クール(3カ月)、長ければ2クール(6カ月)。名作であればあるほどに、終わった時の心にぽっかり穴が空いた気分はいかんともしがたいものがある。

特に、キャラの日常を描いた「日常系」と呼ばれるアニメは、文字通り視聴者の日常の一部と化すため、終わった時の虚脱感は半端じゃない。明日から何を支えに生きていったらいいんだ……そう思ってしまうのもザラ。そんな状態を指して「難民」と言う。本記事では、2017年冬アニメの中で難民発生が確実視されるアニメ3選をご紹介しよう。

続きを全部読む