「モネ」にまつわる記事

【絶景】岐阜県関市の「モネの池」がマジ綺麗すぎ

岐阜県関市といえば、鎌倉時代から日本刀の鍛冶で有名だ。関鍛冶とも言われており、数々の名刀を生むと同時に、松尾芭蕉の弟子にして “風狂の俳人” または “俳諧の狂者” ともいわれた広瀬惟然(ひろせいねん)を生んだ地としても有名である。

そんな関市に、これまた有名な池がある。有名なのに、名前は無い。だが、その美しさから、皆からは「モネの池」と呼ばれているという。一体なぜ “モネ” なのか? 雪降る山道をローギアで走る道すがら、通りかかったので行ってみた。

続きを全部読む

【時を越えて】モネ名画『印象・日の出』 が何年何月何日何時何分の風景か解明されたと話題に / 分単位までかなり詳細な絞り込みに成功か

有名無名にかかわらず、素晴らしい芸術作品は後世の人々を魅了し続ける。そして中には、現代からでは真実を見通すこともかなわない深い謎を投げかけてくる作品もあるのだ。例えばそう、モナリザの正体など未だ分からぬまま。

しかし日進月歩で進化する技術によって、歴史に埋もれた謎が解明される機会も増えつつあるようだ。今回は、なんと印象派画家として有名なモネの代表作『印象・日の出』が、何年何月何日何時何分に描かれた風景なのか、140年もの時を越えて解き明かされたというのだ!

続きを全部読む