「漫画」カテゴリーの記事

【炎上】映画『がっこうぐらし!』がサイト開設と同時に批判殺到している理由

コミック累計200万部突破でアニメも話題になった『がっこうぐらし!』。以前の記事で、本作が実写映画化されることをお伝えした。原作ファンも多いだけに、その時点ですでに多かったのが実写化への不安の声。

2018年9月20日、映画『がっこうぐらし!』のサイトが公開されると、そんな声は阿鼻叫喚に変わった。キャストもまだ発表されていない段階でファンたちが愕然とした理由とは? ネタバレあり。

続きを全部読む

【バレた】『ヘタリア』のシー君、「シーランド公国」に捕捉されてしまう / ネットの声「クソワロタ」「泣いた」

突然だが、あなたは世界最小の国家・シーランド公国をご存じだろうか。イギリスの沖合いに浮かぶ放棄された海上要塞を領土と主張する人口4人の自称「国家」である。

私(中澤)がこの自称「国家」を知ったのは、国家擬人化アニメ『ヘタリア』に登場するシー君からだ。アニメでは、パタパタ可愛いイジられキャラとして活躍しているシー君。どうやら、そんなシー君の存在がシーランド公国にバレてしまったようだ

続きを全部読む

【神対応】YouTuberデビューしたキティさん、ディスコメへの “コメント返し” に称賛の嵐「アイドルの鑑」「一気に好感度上がった」

日本が誇る人気キャラクター・ハローキティ。世界的な人気者であるキティさんは意外と何でもやることで有名だ。そんな彼女が、先日ついにYouTuberデビューしたことは以前の記事でお伝えした通り。

だが、ネガティブなコメントが吹き荒れることもあるYouTube界。はたして、そんな荒波をキティさんは無事渡っていけるのか……? と、思いきや、その渡りっぷりがあまりにも見事で称賛の嵐が吹き荒れている

続きを全部読む

ライトノベルの表紙は性差別? ネットで議論が過熱「子供の眼前に公然と並べる抑圧はほとんど暴力」

アニメ化されることも多いライトノベル。ところで、ラノベってどんな小説のことを言うのか。その定義はぼんやりしているが、中学生時代ラノベ創成期ドンピシャだった私(中澤)が思うに、中高生など若者向けの小説というのが一番しっくり来る。

マンガみたいなキャラ立ちの登場人物たちが会話中心にストーリーを進めるイメージだ。だが、現在はこの中に「イラストがエロい」というのも含まれているような気がする。そんなラノベの表紙は性差別? ネットで議論が過熱しているのでお伝えしたい。

続きを全部読む

『銀魂』の最終回を読んで感じたこと「銀魂はどこまでいっても銀魂だった…」

『週刊少年ジャンプ』で14年にわたり連載してきた『銀魂』が、2018年9月15日発売の同誌で最終回を迎えた。幾度となく “終わる終わる詐欺” で読者を喜ばせてきた銀魂も、今度こそ……。

寂しさもあるが、何よりここまで連載を続けてくれてお疲れさまでしたという気持ちでいっぱいだ。これまで毎週『銀魂』を読み続けてきた記者が、最終回を読んで感じたことをお伝えしたい。

続きを全部読む

【マジかよ】ジャンププラスが「CAMP FIRE」で画太郎先生の “ババア” の等身大フィギュアを作ろうとしてるぞ~!

クラウドファンディングによって、資金を調達して新しいサービスや製品を世に送り出す企業や個人が増えている。単純にお金を集めるためだけでなく、PRの一環でこれらのサービスを利用する会社も少なくないようだ。そんななか、集英社の「ジャンププラス」が驚きのプロジェクトを『CAMP FIRE』で行っている。

それはなんと! 漫☆画太郎先生の作品でお馴染みの “ババア” を等身大フィギュアにしようというものだ! マジかよ、アレが等身大ッ!? 目標金額の250万円を早々と達成し、現在300パーセント超の840万円を達成することに成功している!! あのババアが巨大なフィギュアになるぞ~ッ! プロジェクトの説明を見ると、次のようにある。

続きを全部読む

【衝撃】日本を代表するミュージシャン布袋寅泰さん、「北斗の拳」35周年を記念してトンでもないバンドを結成してしまう!

現在に至るまで、格闘漫画の代表作として幅広い層に支持され続けている『北斗の拳』。1983年の連載開始から今年で35周年。その第1歩、連載が週刊少年ジャンプで始まった9月13日は、「北斗の拳の日」に認定されたのだとか。

その記念に、日本を代表するギタリストでミュージシャンの布袋寅泰さんが、トンでもないバンドを結成していたことが明らかになった! ギターボーカルはもちろん布袋さんなのだが、ベーシストとドラマーがスゴイ。公開されたMVを見てみると……実にシュールだ……。

続きを全部読む

『深夜アニメに苦情を言う親』への意見がBPOに寄せられ「ド正論すぎる」と話題に! ネットの声「そりゃそうだ」「その通りだわ」

きわどい表現もたまに登場する深夜アニメ。BPO(放送倫理・番組向上機構)では、毎月視聴者から寄せられた意見が紹介されているが、深夜アニメについて苦言を呈する内容が少なくない

その意見で毎回よく入っているのが「子供が見たらどうするのか」ということだが、そんな深夜アニメへの苦情に対する意見が「ド正論すぎる」と話題になっている。

続きを全部読む

【コラム】改めて『ドラゴンボール』第1話を見るとブルマがクズすぎてビビる / 悟空に躊躇なく発砲、崖の上で失禁など

『ドラゴンボール』を超える作品は今後出てこないかもしれない。大冒険にライバルとのバトル、真似したくなる必殺技の数々など、本作には少年の胸をトキめかせる夢が詰まっている。何度ブルマにロマンティックをもらったことか。

……と、思い出の中では、初期のヒロインだった気がするブルマ。だが、36歳になって改めて『ドラゴンボール』第1話を見たところ、そんなブルマはクズすぎた

続きを全部読む

【混乱】『スレイヤーズ』18年ぶりの本編続編16巻発売にネット混乱「えっ嘘」「今年西暦何年でしたっけ」

突然だけど、今って西暦何年だっけ? あ、2018年だよね、やっぱそうだよね! ゴメン、ちょっとよくわかんなくなっちゃって。私(中澤)は今果てしなく混乱している。なぜなら『スレイヤーズ』の本編続編16巻の発売が発表されたからだ

90年代に一斉を風靡したライトノベル『スレイヤーズ』。ラノベからアニメ化メディアミックスの成功例を作った金字塔的作品である。本編ラストの15巻が発売されて18年。まさか、新刊が出るなんて……!

続きを全部読む

【マジかよ】「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」の森田まさのり先生、なぜかM-1グランプリに出場してしまう → しかも初戦を突破!

「ドラゴンボール」や「スラムダンク」など、伝説級の作品が多く連載されていた90年代の少年ジャンプ。その中でも当時の少年たちから絶大な支持を集めていたのが、不良漫画の金字塔「ろくでなしBLUES」である。

「ろくでなしBLUES」を手掛けた森田まさのり先生は「ROOKIES」でも知られる超大物漫画家であるが、なぜか漫才師の頂点を決める “M-1グランプリ” に出場しているという。しかも先日行われた初戦を突破したというからダブルで驚きだ。

続きを全部読む

【必見】Amazonプライムで見られるアニメ「ちびまる子ちゃん」の “神回” はコレだ!『金魚すくいに情熱を』

先日、53歳という若さで亡くなった漫画家のさくらももこさん。きっと多くのファンが悲しみに暮れたことだろう。しかし、いつまでも泣いているわけにはいかない。今こそ先生の作品で思いっきり笑って、悲しみを吹き飛ばしてやろうじゃないか。

というわけで、今回は Amazonプライムで見ることができるアニメ「ちびまる子ちゃん」の中から、とびっきりの神回をご紹介するぞ! 特に初期は神回だらけの同作だが、個人的にもっとも笑ったのが『金魚すくいに情熱を』という回である。これは本当にヤバイ。

続きを全部読む

仕事を選ばないキティさん、まさかのYouTuberデビュー「結構エゴサとかする」→ ネットの声「言っていること結構リアルで闇」「面白い」

日本が誇る人気キャラクター・ハローキティ。世界的な人気者であるにもかかわらず、ふんどしになったりヌードになったり「意外と何でもやる」ことでも有名だ。そんなキティさんが、なんとYouTuberデビューしたためお伝えしたい。マジで仕事選ばねェェェエエエ!

続きを全部読む

さくらももこ作『コジコジ』の哲学的な発言に一瞬で心を奪われてしまった

さくらももこさんが乳がんのために亡くなってしまったという突然すぎる訃報に、戸惑いと深い悲しみを抱いた人は少なくないはずだ。筆者もその一人で、2018年8月27日の夜にはちびまる子ちゃんのOP曲でもあった『ゆめいっぱい』を聞きながら御冥福をお祈りした。

さくらももこ先生はその生涯で数々の名作を生みだしたが、その中の1つに『コジコジ』という作品がある。この作品自体をご存知の方は多いと思うが、実は公式チャンネルがYouTubeに開設されているのだ。

続きを全部読む

さくらももこ先生追悼『ワンピース』尾田栄一郎先生のイラストにネット民号泣「泣ける」「ルフィが肉あげてる…」

2018年8月27日、マンガ家さくらももこ先生が死去していたことが発表された。あまりに突然すぎる訃報にネット上では追悼の声が続いている。みんな『ちびまる子ちゃん』を見て育った。

そんな中、『ワンピース』の尾田栄一郎先生が追悼イラストを公開。号泣する人が相ついでいるためお伝えしたい。

続きを全部読む

【訃報】さくらももこさんへの追悼メッセージまとめ / 各界から悲しみの声が続々

乳がんのため、53歳の若さで亡くなった漫画家のさくらももこさん。国民的人気アニメ『ちびまる子ちゃん』を始め数々の人気作品を手掛けてきた大物漫画家の早すぎる死に、各界からは追悼の声が続々と挙がっている。

続きを全部読む

【話題】一気読みする人続出! Web配信マンガ『王様ランキング』が面白い!! 純粋な興奮と感動に満ちた作品

2018年8月23日、「次にくる漫画大賞2018」が発表された。これは情報誌「ダ・ヴィンチ」とWeb漫画サービス「ニコニコ漫画」が2014年に創設したもので、コミックス部門とWebマンガ部門が設けられている。

今年、その大賞にノミネートされた作品のひとつ『王様ランキング』が、ネット上で話題だ。大賞こそ逃したものの、漫画配信サイトでの評価が非常に高く、読者の支持も熱い。これはまさに次に来る作品なのでは!?

続きを全部読む

24時間テレビ中にもかかわらずトレンド無双したアニメ映画『聲の形』の再放送キタァァァアアア! 見逃した人は9月2日を震えて待て!!

先日、放送されたチャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』。批判もあったが、ポケットビスケッツの復活やマンガ家・石ノ森章太郎のドラマなどは話題となった。そんな中、24時間テレビ関連ワードを抑えてトレンドにランクインしたのがNHKで放送されていたアニメ映画『聲の形』

聴覚障害を持つ少女・西宮硝子と健常者・石田将也の2人を中心に描かれた物語に感動を投稿する人が続出したのである。そのトレンドを見て、「見逃したぁ!」と思った人に朗報だ。2018年9月2日に『聲の形』が再放送されるぞ~!

続きを全部読む

【マジかよ】来週「少年ジャンプ」を買うとマックのハンバーガーが無料でもらえるらしいぞ! 野郎ども宴だァァァァアアア!!

何歳になっても休み明けの月曜日は苦手だ。日曜の『サザエさん』あたりから本当に憂鬱だ。それでも何とかやってこられたのは、「少年ジャンプ」があったからと言っても過言ではない。そう、月曜はジャンプの発売日なのである!

ちょうど本日8月27日は「週刊少年ジャンプ」39号の発売日だったわけだが、それと同時にハンパない企画が発表されたぞ。なんと来週発売の「ジャンプ40号」を買うと、マックのハンバーガーが無料になるというのだ! なにィィィィイイイ!? 一体どういうことだってばよ。

続きを全部読む

【マジかよ】週刊少年サンデーの発行部数が30万部に回復! ジャンプ・マガジンが下がり続ける中、サンデーに何が起こっているのか? 事情通に聞いてみた

日本において3大マンガ週刊誌と言われているのが「ジャンプ」「マガジン」「サンデー」である。私(中澤)が子供の頃、同級生はこの3つのマンガ雑誌のどれかを必ず読んでいた。

しかし、近年、この3誌の発行部数は減少し続けている。2018年8月27日、一般社団法人日本雑誌協会「JMPA」が2018年4月から6月の雑誌印刷部数を公開した。ジャンプもダウン、マガジンもダウン……やっぱり全誌下がっているのか。と思いきや、サンデーが! サンデーがァァァアアア!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 170