「漫画」カテゴリーの記事

【心理戦】見逃すな、表情の変化! 緊張極まるカードゲーム! 四コマサボタージュR第172回「ジョーカー」

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 197話目「入社後ギャップ④」

続きを全部読む

【不正】禁忌を犯す愚か者! 少年に下されたちょっと嬉しい天罰! 四コマサボタージュR第171回「確実にBじゃなかった」

続きを全部読む

【注意喚起】100万冊限定の「シン・エヴァ入場特典」は今週中なら安全圏っぽい? ただし「◯◯を必ず持参すること」と「オタクの情熱」をナメたらアカン

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が公開されて今日でちょうど100日目。6月12日から新たに入場者特典として「公式謹製36P冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』」が配布され始め、2度目の鑑賞を予定している人も多いだろう。

ただしこの冊子は “先着100万冊限定” であることが発表されており、現在都心の映画館では連日満席が続出している。興行通信社によると配布が開始された土日2日間(12・13日)の観客動員数は約17万人。1日あたり約8万5000人ということになる。

ってことは、平日は多少動員が減るだろうから、あと2週間くらいは大丈夫ってこと?

……とか思ってる人、あまりオタクをナメてると大変なことになるかもしれない。

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 196話目「入社後ギャップ③」

続きを全部読む

【先回り】スタンバイOK! 常に準備が良い彼女! 四コマサボタージュR第170回「先手を打つ彼女」

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 195話目「入社後ギャップ②」

続きを全部読む

『キングダム展』に行ってきた →「絶対に行くべき人」と「特にオススメしない人」の違いについて

日本全国4000万人のキングダムファンのみなさま、大変長らくお待たせしました。2021年6月12日から7月25日まで、東京は上野の森美術館にて『キングダム展』が開催されております。当然みなさん、足をお運びになりますよね?

自称「キングダムを愛し、キングダムに愛された男」こと私、P.K.サンジュンは『キングダム展』の3日目に、上野の森美術館に足を運んで参りました。ここで結論を申し上げてしまうと、私のような “ゴリゴリのキングダムファン” には素晴らしいイベントです。ただ、ただ、ただし……。

続きを全部読む

【ライフハック】情報のミスリーディング! IT社会の落とし穴! 四コマサボタージュR第169回「ネットの知識」

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 194話目「入社後ギャップ①」

続きを全部読む

【間接表現】父から母へ、母から子へ! 激情の伝達ゲーム! 四コマサボタージュR第168回「お父さん発お母さん経由」

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 193話目「推しと仕事⑦」

続きを全部読む

【粗相】眉をひそめるレベルの過ち! 情けなさの極地に達した人のとる行動! 四コマサボタージュR第167回「おねしょ」

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 192話目「推しと仕事⑥」

続きを全部読む

【カミナリ親父】ザッツイリュージョン! とんでもないイタズラをしかける少年に怒り心頭! 四コマサボタージュR第166回「落書き」

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 191話目「推しと仕事⑤」

続きを全部読む

【増員】よろしくな! 新たなるメンバー加入! 四コマサボタージュR第165回「新しいお友だち」

続きを全部読む

【4コマ】魔王軍はホワイト企業 190話目「推しと仕事④」

続きを全部読む

【カオス】バキ外伝『烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ』が1ページ目から衝撃の連続 / 中国武術スゲェェェエエエ!

現代が舞台の格闘技マンガである『刃牙(バキ)』シリーズ。その中でも人気キャラだった中国武術の使い手・烈海王が死亡してはや数年、いまだに烈ロスに陥っているのは私(中澤)だけではないはずだ。

圧倒的に真顔な烈海王の雄姿はもう見られないのか? と、思いきや、コンビニの店頭に烈海王スピンオフコミックが並んでいた。その名も『烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ』。異世界転生しちゃってるゥゥゥウウウ

続きを全部読む

【ヤバすぎ】漫画『ベルセルク』を心から愛している男が “超有名キャラ” に変身した結果 → 蝕(しょく)が起きかけた

日本漫画界を代表するダーク・ファンタジー超大作『ベルセルク』。その圧倒的かつ壮大な世界観を前に、我々読者はただ茫然と立ち尽くすしかない。特に「蝕(しょく)」と呼ばれる作中屈指の有名シーンに初めて触れた時は、絶望感あふれる描写の数々に震えあがったものだ。

そんなベルセルクに魅せられた、一人の男がいる。当編集部の佐藤英典である。佐藤は同作と25年以上を共に過ごした筋金入りのベルセルクファン。だからなのか分からないが……結論から言いますと佐藤さん、このあと「蝕」を起こしかけます。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 263