「漫画」カテゴリーの記事

環境問題も世界情勢も深刻ですが「ミスター味っ子」と「将太の寿司」が11月30日まで無料で読めます

もしかしたら平和な世界なんて訪れないのかもしれない──。我々人間でせいでゆっくりと、だが確実に破壊されていく地球。もはや温暖化を止める術はないに等しく「異常気象」という危機的な言葉にも多くの人間は鈍感だ。

世界情勢に目を向ければ、絶えず紛争を繰り返す地域や国があることは紛れもない事実であり、そこには宗教や貧困などの問題が、複雑に、そして根深く絡み合っている。だがしかし、これだけは言わせてもらいたい。2018年11月30日まで「ミスター味っ子」と「将太の寿司」が無料で読める、と……!

続きを全部読む

【マジかよ】愛知県警がオリジナルアニメ『幼なじみ』を公開! 全国初の試みの真意とは……担当者に聞いてみた!!

ここ最近、アニメ推しの愛知県。県知事が『ソード・アート・オンライン』のキリトになったり、全国の知事の中でもかなりキャラが濃い

そんな愛知県がまたやった! 愛知県警がオリジナルアニメを公開したのである。全国の警察で初となる試みの真意とは……?

続きを全部読む

【漫画】「カウンセラーをしていた母の教え」が予想の斜め上を行く展開すぎて話題

子供にとって親の存在は偉大だ。それなりの年齢になるまで子供は親に頼らざるを得ず、親の言うことは絶対である。ましてや親が「心理カウンセラー」だったりしたら、それだけで子供は「100%信じられる存在」だと思うハズだ。だがしかし……。

実際に心理カウンセラーの母を持つ人に言わせると「たまにおかしい教え」もあるらしい。これからご覧いただく漫画「母の教え」の展開を、きっとあなたは予想できないだろう。

続きを全部読む

まるで実写版「トムとジェリー」 ネコがネズミを襲った次の瞬間…立場が逆転してアニメのような展開に!

ネコのトムとネズミのジェリーが追いかけっこを繰り広げるコメディアニメ『トムとジェリー』。ネコの方が大きくて力は強いはずなのに、いつも小さなネズミのジェリーに裏をかかれてしまうハチャメチャなストーリーが見どころだ。

しかし、それはアニメの中だけの話……と思いきや、現実の世界でも同じようなことが起こっていた。動画「Cat sees rat…」に登場するネコとネズミの追いかけっこが、まるで実写版『トムとジェリー』ともいえる、まさかの展開をみせるのだ。

続きを全部読む

【勝ったな】池袋にオープンする「エヴァンゲリオン酒場」の価格設定が良心的すぎる件

前からずーーーっと思ってたんだけど、よくある人気作品のコラボカフェって、メニューがバカみたいに高いよな。ただのソフトドリンクが600円って舐めてんのかコラ!

その点、2018年11月16日から東京・池袋に期間限定オープンする「エヴァンゲリオン酒場」はすげえよ。だってアルコール1杯390円だもん。チェーンの居酒屋かよ。

続きを全部読む

子供に悪影響? 絵本の “萌え絵” 論争に出版社が回答「『萌え絵を描いてください』とお願いしたものではなく……」

近年ネットやメディアで取り沙汰されている絵本の萌え絵化。アニメのような絵柄の絵本が本屋に並ぶことについて、「子供に悪影響」「児童書にふさわしくない」といった声もあがっている。

そんな絵本萌え絵論争に、アニメ風の『にんぎょひめ』などを出版している河出書房新社が回答しているためご紹介したい。「『萌え絵を描いてください』とお願いしたものではなく……」

続きを全部読む

なぜ中国人キャラは「~アル」と話すのか? 日本語史の教授に聞いてみたマンガが話題 → ルーツは幕末にあった!

名作マンガには魅力的なキャラがつきものだ。最近で言うと、『名探偵コナン』の安室透など、時にはキャラ人気がマンガの人気を支えることだってある。その個性とオリジナリティーを指して「キャラが立っている」と言うが、猛烈なキャラ立ちで昔からマンガによく登場するのが中国人キャラ

『らんま1/2』のシャンプーや『銀魂』の神楽など人気キャラは枚挙に暇がない。そんなキャラ立ちの一端を担っているのが「~アル」という語尾。でも、実際中国人で「~アル」って話す人に会ったことがないんだけど、この語尾はどこから生まれたの? 日本語史の教授に聞いてみたマンガが話題になっている。

続きを全部読む

原作ファンブチギレ炎上の実写映画『がっこうぐらし!』、予告編が公開され火に油かと思いきや「思ってたよりいい」の声

良くも悪くも話題を集めるアニメやマンガの実写化作品。様々なデフォルメがされた2次元の世界観を実写で完全に再現するのは難しいため、話題作ほど原作ファンからディスの声が吹き荒れる。中でも、ここ最近で一番炎上した実写化と言えば『がっこうぐらし!』だろう

場面写真が公開された際にはネット上が阿鼻叫喚となった本実写映画。この度、ついに予告編動画が公開された。これは火に油か? と思いきや、「思ったよりいい」という声もあがっている。

続きを全部読む

【なぜ?】『コミケ有料化』にネット民から「称賛の声」があがる理由

世界最大の同人誌即売会コミックマーケット。アニメ・マンガ・ゲームなどの2次元を愛する者にとって、冬と夏にあるコミケは風物詩的存在だ。

そんなコミケが、事実上有料化されるというニュースが話題となっている。今まで入場料が無料だったコミケ。不満が噴出するかと思いきや、ネット上では称賛の声が続出している。一体なぜ

続きを全部読む

キティちゃんと出会って4秒でモンゴル相撲してみた

世界のアイドル・キティちゃん! もふもふの真っ白な毛とリボンがチャームポイントのキティ・ホワイトは、ロンドン生まれの女の子。天真爛漫にみんなを笑顔にする姿はまさに正統派アイドルだ。

そんなキティちゃんがロケットニュース24編集部に遊びに来るという! え、本当に!? あのキティちゃんが!? そこで、出会って4秒でモンゴル相撲してみたぞ!!

続きを全部読む

【BPO回答】「青少年に悪影響を与える」深夜アニメ『ゴブリンスレイヤー』に寄せられた視聴者意見に対する青少年委員会の見解がこちらです

今期放送中のアニメ『ゴブリンスレイヤー』。本作は、その名の通り、ファンタジーによく登場する魔物ゴブリンを狩るゴブリンスレイヤーが主人公の話だ。雑魚として登場することの多いゴブリンだが、ダークファンタジーである本作ではかなりエグい描写も

そんな本作については、BPOにも「青少年に悪影響を与える」という意見が寄せられている模様。HPで公開された「第207回青少年委員会の議事録」では上記のような視聴者の意見が散見されるが、青少年委員会からの回答はこちらです

続きを全部読む

【必見】『進撃の巨人』作者が19歳の時に描いた読み切り版が無料公開される / 才能を見抜いたマガジン編集部スゲーーーッ!

「別冊少年マガジン」で連載中の漫画『進撃の巨人』。人類と巨人との戦いを描いたダークファンタジーで、アニメはもちろん、ハリウッド映画化まで決定しているメガヒット作だ。

その『進撃の巨人』のプロトタイプとも言える読み切り版が、漫画投稿サイト「マガジンデビュー」にて無料公開されている。作者である諫山創先生が19歳の時に描いたもので、ファンならずとも必見の内容になっているぞ!

続きを全部読む

【動画あり】劇場版『サイコパス』の予告映像が解禁!『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』3部作で2019年1月25日より公開!!

近未来の犯罪を描いたアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』。人間の心理状態から「犯罪係数」を数値化される社会の中で、警察の在り方を描いた内容は大きな話題となった。

そんな本作の劇場版3部作の予告映像が解禁されているためご紹介したい。狡噛(こうがみ)さんキター

続きを全部読む

【まんがの日】「現在連載中かつ単行本が5巻以内」のおすすめ漫画6選! 追いつくなら今しかない!!

本日11月3日は「まんがの日」だそうだ。日本漫画家協会と出版社5社が2002年に制定したもので、同時に手塚治虫先生の誕生日でもあるという。ああ、そりゃ「まんがの日」だわ。

そこで今回は、大の漫画好きである私(あひるねこ)が自信を持っておすすめする漫画を6作品ご紹介しようと思う! といっても数が多すぎるため、少し条件を絞ってみるぞ。テーマは「現在連載中かつ、単行本が5巻以内の漫画」だ!! これなら未読の人も手に取りやすいのではないか。それではいってみよう!

続きを全部読む

【衝撃】誰も知らない『紅の豚』の秘密「ポルコは人間に戻ったのか?」プロレスマニアが語る「豚になった理由」がヤバイ

「飛ばねぇ豚は……」と言えば、日本人のうち1億人くらいは「ただの豚だ」と答えると思う。それほどに印象的な名言で知られる映画『紅の豚』が、2018年11月2日金曜ロードショーに登場する。

飛行艇乗りの生きざまを描く本作は、ジブリアニメの中でもグッと大人な作品。語るのは野暮といった雰囲気のキャラたちのやり取りがビターだ。ただ、あまりにみんなが大人すぎて、私(中澤)にはどうしても気になってしまうことがある。野暮だけど言わせてもらおう。結局、ポルコって人間に戻ったの

続きを全部読む

【悲報】ケンタッキーの新CM、ヴァイスシュヴァルツすぎて何の宣伝か分からない / ネットの声「なんのCMか全くわからんかった」「マジでどうした」

ハロウィンも終わり次はクリスマス! そして、クリスマスと言えばケンタッキーフライドチキンだが、2018年10月31日に公開されたケンタッキーのCMが人々に混乱を与えている

響くイケボ。「王の帰還」「灼熱の業火から蘇りし不死鳥」「刻の試練」「闇の王からの祝福」……って、これ何のCMだよ!!

続きを全部読む

『進撃の巨人』ハリウッド実写化決定! 諫山創先生「今考えられる最高の人選」と大歓喜!!

私(佐藤)の記憶に色濃く残っている漫画実写化作品がある。それは、実写版「進撃の巨人」だ。前編後編ともに映画館で見た。あの映画を忘れることができない。なぜなら、歴史に残るレベルのヤベエ作品だったからだ。原作を知る身としては、「どうしてこうなったーッ!」と叫ばずにはいられない内容で、あまりの衝撃で記憶から拭い去ることができないのである

それがもしかしたら、払拭される可能性が出てきた。なんと、進撃の巨人がハリウッド実写化することが発表されたぞ~! やったー! 記憶の上書きじゃーーーいッ!!

続きを全部読む

【漫画】「警察官をクビになった話」の衝撃度がヤバい / 警察学校の実態、暴力、トラウマ、そして立ち直るまで

あなたは仕事をクビになったことがあるだろうか? なったことがある人、まだなったことがない人、これから先なるかもしれない人……と様々だと思うが、1つだけ言えることは「クビになった人は少なからず心に傷を負う」ということだ。

今回ご紹介するのは、いまインターネット上でメチャメチャ話題になっている漫画『警察官をクビになった話』である。なぜ彼は警察官をクビになってしまったのか? そこに至った壮絶すぎる経緯とは? 詳細は以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【衝撃】「名探偵コナン」の安室透さんが運転する車に乗せてもらったらほぼ地震だった / 4D版『ゼロの執行人』感想

全国8億5000万人の安室透ファンのみなさん、もうご覧になっただろうか。意味不明なレベルのヒットを記録した映画『名探偵コナン ゼロの執行人』の4D版が、期間限定で絶賛上映中である。4D版というのはつまり、映像に合わせてシートが動きまくるということだ。

以前の記事で私(あひるねこ)は、安室さんの車の助手席に「ちょっと乗ってみたい」と軽い気持ちで書いたことがある。ということは、むむっ? この4D版を利用すれば……安室さんのRX-7に実際に乗れてしまうではないか! こうしちゃいられねぇ……映画館へ急ぐぞ風見!!

続きを全部読む

【衝撃】誰も知らない『もののけ姫』の秘密 / プロレスマニアに聞いた「シシ神様の正体」がヤバイ

生きろ、そなたは美しい。はあ……アシタカさんマジイケメン。そんなイケメンが本日2018年10月26日、地上波に登場する。そう、金曜ロードショーで『もののけ姫』が放送されるのだ。

名作と名高い本作だが、私(中澤)にはどうしても気になることがある。それは「シシ神様って結局何なの?」ということ。そこで、プロレスマニアに聞いてみたところ衝撃の事実が判明した

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 171