先日、「ハイキングのまち」として知られる埼玉県越生町(おごせまち)をドライブしていると……県道沿いにいきなり怪しいテーマパークが現れた。いや、正しくはテーマパークではなく、昭和の雰囲気が漂うデパートの屋上遊園地のようなエリアに行き着いてしまった。

敷地内にいたのはサンタクロース、バズ・ライトイヤー、鉄人28号、スパイダーマンなどなど……なんというかとても不気味である。もしかして地元では有名な場所なのだろうか。見学者はいないようだが、気になって仕方ないので車をとめてチラッとのぞいてみることにした。

・怖ぇぇ

ナビによると、この場所は「旧 越生酒造」とのこと。なんでも『来陽』という日本酒を醸造していた酒蔵の跡地だという。よく見ると、たしかに敷地内に建てられたタワーの中央部に「来陽 越生酒造」と書かれた看板が設置されている。しかしなぜ……


マジンガーZと二宮金次郎に挟まれているのだろうか。


ちなみに看板裏側には……


マリンちゃん(海物語)とキン肉マンが立っていた。


町役場に尋ねたところ、この場所は所有者が趣味で懐かしいキャラクターや看板等を展示しているそうだ。「詳しくは分かりません」とのことだが地元では有名らしく……同じ方が町内の他の場所にも似たような空間をつくっているという。もう1カ所あんのかよ。

敷地はかなり広大。誰もいないので勝手に奥に入るのは気が引ける……というか怖すぎて入れないので、チラッと見学できる範囲で歩いていく。目立っていたキャラクターは……


南の国のサンタクロース。


昭和の遊園地で活躍した動物の乗り物は「バッテリーカー」や「サファリペット」と呼ぶらしい。ちびっ子たちが乗り回していた懐かしい電動カーだ。動く気配はなし。


ピーターラビットのようなウサギは凍てつくほど冷たい表情をしていた。感情を失っているようだ。近づかないほうが賢明だろう


壁一面に、昭和の雰囲気漂うホーロー看板(おもに屋外に設置する金属製の看板)。


そして煙突をよじ登る謎の人影の正体は……



…………


スパイダーマン……なのだろうか。


直感的にこれ以上進んだら戻れない気がしたので引き返すことにした。なんだか見てはいけないものまで見てしまったような気がする。

──というわけで、趣味で作られたあまりにも大規模な珍スポットに圧倒されてしまった。ハイキングのまち・越生町に訪れる機会があれば、ついでにチラッとのぞいてみてはいかがだろうか。B級感はハンパではない。好きな人は好きだろう、こういう場所。


・今回ご紹介したスポットの詳細データ

名称 旧 越生酒造
住所 埼玉県入間郡越生町越生851

執筆:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.