えっ、マジかっ!? あのとんかつの名店が北海道に進出していたとは!! その店の名は「とんかつ檍(あおき)」である。

名前を聞いてピンと来た方も多いだろう。そう、同店はとんかつ激戦区と言われる東京・蒲田エリアで連日行列ができる超人気店だ。ウマいとんかつに目が無い筆者はその味を確かめるべく、北海道にある「とんかつ檍 札幌店」へと足を運んだ。

・『ロースカツ定食 200g(税込1500円)』を注文

「とんかつ檍 札幌店」は、観光地の定番「狸小路商店街」の2丁目と3丁目間をやや南に進んだところにある。筆者が到着したのは平日ランチ終了間際の14時45分頃。昼には長蛇の列ができることで知られる同店だが、時間が時間だけにすぐ入店することができた。

シンプルでコンパクトな店内には、カウンター席が10席と4人がけのテーブル席が1つ設けられていた。席に着いてメニューをチェックすると、メインはとんかつの定食のみ。とんかつ以外の揚げ物のほか、カツ丼、カツカレーなども無かった(2019年6月3日時点)。

どれを注文しようか……最高級の『リブロースかつ定食 400g(税込3000円)』や『特ロースカツ定食 300g(税込2000円)』も気になるが、次の楽しみにとっておくことにして今回は『上ロースカツ定食 200g(税込1500円)』に決定。待つこと15分ほどで、白飯、豚汁、とんかつが到着した。

箸でひと切れ持ち上げると……キタコレ!

こんがりと均等に揚げられた衣の中には、極厚の美しい豚肉が見えた。その姿はとんかつというより、衣という名のドレスを纏(まと)ったステーキのようである。

さあ、お味はどうか、まずは何も付けずに食べてみると……うわっ!! サクッという心地良い食感と共に、柔らかな肉から肉汁が滲み出た。ジューシーだが、しつこさを感じさせない上質な肉汁である。次にソースをかけていただけば……

なんてこったい、ウマすぎる! ソースの甘みや酸味がとんかつの旨味をさらに増幅。こうなるともう白飯を運ぶ手が止まらないぞ。

・塩を付けて食べてみる

おっといけない。いったん箸をとめて、同店オススメの塩をつけて食べてみよう。全4種類の岩塩が用意されているが、その中でも1番人気は「ヒマラヤ岩塩ナマック」とのことだ。

説明書きによると、これはパキスタンの高度4000メートル付近にある高品質な天然岩石で、海洋汚染とは無縁な3億8000万年前の海水からできているらしい。なんだかスゴそうだ。

岩塩を断面にかけて味わえば……おぉっ!

硫黄のような香りがほのかに広がり、まろやかな塩分が肉汁をより豊かな味へと昇華させる。独特の風味だが確かにウマい、こんなに芳醇で味わい深い岩塩は初めてだ。

「とんかつ檍」はトンカツ好きなら一度は訪れるべき店といえる。北海道にお住いの方はもちろんだが、道外から観光で訪れた方も興味があればぜひ同店で極上のトンカツを味わってみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 とんかつ檍(あおき)札幌店
住所 北海道札幌市中央区南3条西2-7-1
時間 平日ランチ11:00~15:00 / 平日ディナー17:00~21:00
休日 日曜、月曜

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

▼豚汁も濃厚かつ優しい味わいで激ウマだったゾ!