今年も年に1度のぶ(2)たどん(10)──「豚丼の日(2月10日)」がやってきた。パっと見、単純な料理にも思える「豚丼」だが、肉の種類、タレの味、トッピングなどなど、随所に店のこだわりが表れる奥深い料理である。

中でも、北海道札幌市にある名店「ミルキーウェイ」は肉厚でプリプリの豚肉が絶品。1度食べたらファンになること間違いなしだ。それでは豚丼の日を記念して、同店の至高の一杯をご紹介しよう。

・8mm厚の豚バラ肉を使った豚丼がオススメ

「ミルキーウェイ」は札幌駅から車で15分、JR八軒駅から徒歩5分程度のところにある。店先に大きく「たかが豚丼されど豚丼」と書いてあるので、近くまで行けば速攻で見つけられるはずだ。

席に着いて店員さんにオススメを聞くと、8mm厚の豚バラ肉を使った豚丼「あつびー」とのこと。さっそく筆者は肉量200gの『あつびーBタイプ(税込980円)』をオーダーした。

テーブルに届いた豚丼を見ると……ウォォォオオオオオーーーーー! 肉厚な豚肉に程よく焼き色が付いていて超ウマそうだ!! ちなみにセットで味噌汁、漬物、温泉たまごも付いてきた。


・どこを取っても至高の味

肉をひとくち食べてみたら……これはマジでウマすぎる! 香ばしく焼かれたプリプリでジューシーな豚肉とタレの絶妙な味加減がたまらない。

また、崩した温泉卵に豚肉をつけていただくと……よしキタッ!! 味がマイルドになって、モチのロンでこれまたウマい。

そして、豚肉の脂とタレが絡んだご飯も最高! どこを取っても至高の味が堪能できたぞ。このウマさなら、肉量多め(280g)の『あつびーCタイプ(税込1280円)』でも良かった気がする。


・開業から約39年

同店のホームページによると、1980年3月に食事&喫茶の店として開業。当初から豚丼をメニューに取り入れ、試行錯誤しながら2005年より豚丼の専門店として営業を始めたとのことだ。

開業から約39年の歴史を誇る「ミルキーウェイ」は、豚丼好きなら1度は訪れるべき名店といえる。今回食べた8mm厚の豚バラ肉の他、4mm圧の豚肉や豚ロースを使った豚丼などもあるので、その日の気分に合わせて選んでみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ミルキーウェイ
住所 北海道札幌市西区八軒8条東1-1-19
時間 平日ランチ11:00~14:30 / 平日ディナー17:00~22:30 / 日祝ランチ12:00~14:30 / 日祝ディナー17:00~20:30
休日 不定休

参考リンク:ミルキーウェイ
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.