マジかよ! おれたちの最強天丼チェーン「てんや」が、なんと とんかつ専門店を出してしまったというじゃないか!! 同じ揚げ物とはいえ、そんな簡単に出しちゃっていいのかよ! 心配だよ!!

本日2018年12月19日、東京・浅草にオープンした「とんかつおりべ」。こちらは「てんや」を展開するテン コーポレーションの新業態店舗なのだ。気になって気になって夜も眠れなくなるという夢を見た私(あひるねこ)は、さっそくオープン初日に浅草へと駆けつけた!

・浅草に誕生

浅草といえば、以前お伝えした完全キャッシュレスの「てんや」も記憶に新しいが、やはり外国人観光客を視野に入れての出店なのだろうか? 浅草駅から雷門通りを歩いていくと、まだオープン間もないのにすでに人が並んでいる。

・カードも使える

しばし待ち入店。最初に券売機で食券を買うシステムのようだ。クレジットカードが使えるのは地味に珍しいかも。メニューは『ロースかつ定食120g(780円)』『ヒレかつ定食60g×2枚(1080円)』『大ロースかつ定食180g(950円)』の3種類のみ。あと生ビール(540円)。専門店っぽくていい。

・ロースかつを食べる

せっかくなので『大ロースかつ定食』を注文した。むむ、ご飯大盛り無料だと? 最高に分かってんじゃん。当然大盛りに決まってんじゃん。そして10分ほど待った後、愛しの愛しのロースかつちゃんが到着~。


ていうかデカッ!

なんちゅうボリューム。さすが大ロースだ。「はじめにフランスロレーヌ産の岩塩で、続いてソースをかけてお召し上がりください」と意識の高いことが書いてあるので従ってみるとしよう。塩をぱらりとかけーの、サクリと一口。

うお! めっちゃウマい!! この衣の感じ。薄すぎず厚すぎず。わざとらしいサクサク感はなく、それでいてしっかりと香ばしい。これは、かなり本格的なとんかつではないか? チェーン店っぽさがあまりない気がする。

・デカくてウマい

ソースで食べてもやはりウマい。断面からも分かるように、肉が衣に負けないくらいデカイのがいいね。ロースかつは麦うらら三元豚を使用しているとのことだが、柔らかく脂の甘みを感じるぞ。

キャベツも付け合わせ的な量ではなく、しっかりどっさり盛られている。もう少し細く千切りにしてくれるとより嬉しいが、個人的には十分満足だった。とんかつ定食において、キャベツは第2の主役なのだ。

・普通に安い

このボリュームと味なら、780円(大ロースは950円)という値段設定はかなり良心的だと思われる。ちなみに「かつや」のロースかつ定食は税込745円だ。これは……「かつや」もけっこう焦るんじゃないか?

・「かつや」にライバル登場か?

「てんや」のとんかつ専門店「とんかつおりべ」。実際に行ってみると、思った以上にガチなクオリティーで驚いたぞ。今のところ店舗は浅草店だけだが、今後も出店が増えるようなら「かつや」の強力なライバルになるはずだ。要注目である。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 とんかつおりべ 浅草店
住所 東京都台東区浅草1-9-1 国立ビル
時間 11:00~23:00

参考リンク:とんかつおりべ
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼大ロースかつ定食180g(950円)

▼デカイ

▼ご飯は大盛り無料

▼思った以上にガチだった

▼同じく浅草にある完全キャッシュレスの「てんや」の記事はこちら