食の宝庫として知られる北海道。海鮮丼やジンギスカンといった定番料理も良いが、食欲に自信のある方はお腹をすかせてデカ盛りグルメにチャレンジしてみるのも悪くない。

今回筆者が足を運んだのは、札幌市内にあるデカ盛りグルメの老舗『ジャンヌ』だ。テレビや雑誌など各メディアに取り上げられ、学生から社会人まで幅広い客層に支持されている同店。いったいどんな料理が出てくるのだろうか。

・営業は夜だけ

『ジャンヌ』は地下鉄の北24条駅から徒歩5分ほど、札幌駅からだと車で10分ほどのところにある。ログハウス風で鮮やかなオレンジ色の外装が目印だ。ちなみに営業時間は17:00~24:00で夜のみとなっている。

メニューを見ると「カレーライス」「定食」「丼もの・雑炊」に分かれていて最高でも税込680円となっていた(大盛りを除く)。店員さんに人気の品を聞いたところ1番出ているのは「カレーライス」で、その中でも『ジャンヌカレー』がオススメとのこと。

『激かつ』というカツ丼も有名らしいが、今回は店員さんオススメの『ジャンヌカレー』でごはん1050gの激盛(税込880円)と『アイスコーヒー』の激盛(食事とセットで税込300円)の2点を注文することにした。

その後、20分ほど経ったところでお待ちかねの『ジャンヌカレー』の激盛が席に到着。う、うぉっ、コレはデカい!!

さすがごはん1050gの激盛!!! 巨大な皿に盛られた大量のカレーライスの上には、ブロッコリー、チーズハンバーグ、チキン、から揚げ、揚げ餃子などが乗っている。しかも……


カレールーが別で出てきたではないか


これが880円ってマジかよ……。店に利益があるのか心配になってくるレベルである。それでは料理が揃ったところでいただきます!

まずカレーライスを味わってみると、濃厚なコクに加えてスパイスの風味がジワリと口に広がった。オーソドックスでありながらも味わい深いカレーである。


またハンバーグやチキンは柔らかくて……



から揚げや揚げ餃子も香ばしくてウマい。だがしかし!



なかなか無くならない……


結局その後、筆者の力及ばず同行者に助けてもらいながらカレーライスを完食。具が少し残ってしまったが、容器が無料でもらえるとのことだったのでお持ち帰りすることにした。


これでカレーライスが片付いたぞ。と思いきや……!



今度は丼に注がれたアイスコーヒーが登場!!


丼ってマジかよ、スゲェな……飲んでみると微糖だった。さすがデカ盛りグルメの老舗、食事もドリンクも「激盛り」にすると、とんでもない量が出てくることがわかった。

ちなみにこの『ジャンヌ』では、どうしてもひとりで食べきれない場合、同行者に手伝ってもらうのはOK。ただし必ず同行者も食事を1品は注文する決まりとなっている。また、残ってしまった時には持ち帰ってもらうようお願いしているとのことだ。

なお、各メニューのご飯の量は「普通盛」で200g、無料の「サービス盛」で350gへ増量可能となっている。次に訪れた際は「普通盛」か「サービス盛り」を頼んで料理をじっくり味わいたい。ふぅ、とにかくお腹いっぱい、ごちそうさまでした!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ジャンヌ
住所 北海道札幌市北区北21条西3-1-18
時間 17:00~24:00
休日 年中無休

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.