ウィ〜ンと自動扉が開いた瞬間に「おぉぉぉぉ〜!!」っと声が出た。そして同時に安心した。なぜなら、私はそのトイレ『プライム トイレッツ(PRIME TOILETTES)』を利用するために100円を払っていたから。

「お金払っているのに、汚ないトレイだったらどうしよう」という不安は、自動扉のウィ〜ンと同時に消え去ったと言っていい。それくらい清潔だった。少なくとも、 “一般的な駅のトイレ” とは全く違ったぞ。

「そんなこと言っても、有料だからある程度清潔なのは当たり前でしょう?」という意見、当然あるかと思う。『プライム トイレッツ』が100円に見合うかどうかは人によって分かれるだろうし、中には「無料のトイレで十分」という人だっているはずだ

しかしながら、実際に『プライム トイレッツ』で “大” の方をした私の感想を言わせてもらうなら「こういうトイレを日本にもっと増やして欲しい〜」である。

理由はもちろん、「無料トイレとは比較にならないほど清潔」という点が大きいのだが、ウォシュレットの存在も忘れてはならない。ほかにも……

男性用トイレにも「オムツ交換台」がある点はポイントが高い。私自身には子供がいないから、オムツ交換台を使うことは今のところ無いのだが、こういうところに気遣いを感じるではないか。

・池袋で偶然発見

ちなみに、私は『プライム トイレッツ』を池袋で偶然見つけた。「Echika(エチカ)池袋」の中で、副都心線・池袋駅の改札口を出て右側に行くとあったぞ。JR池袋駅から進むなら、成城石井のもうちょい奥って感じだ。

あと念のために言っておくと、利用時間は7:30〜23:30までで、先述の通り利用料金は100円。支払いは100円硬貨でもPASMOでもSuicaでもOKだ。お金さえ払えば、自動扉がウィ〜ン → 「おぉぉぉぉ〜〜!!」となる……はず。

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「最高のお手洗いを求めて

▼『プライム トイレッツ』の外観。「TOILETTES」などの文字がなければ、ホテルに見えなくもない。お金を払って入ってみると……

▼目に飛び込んできた光景

▼。一般的な駅のトイレとは全然違う清潔さ。大の方はもちろんウォシュレットつきだ

▼小の方。“大” をする前に慌てて撮ったら……写真ブレてましたm(_ _)m

▼洗面台も清潔

▼パネルを見たら個室が使用中かどうかが分かる。これも便利! ちなみに、池袋の『プライム トイレッツ』は数年前からあったらしい