ひとくちにダイソーといっても、大きく分けて3種類のダイソーがある。標準店、小型店、そして大型店の3種類だ。自分の行きつけのダイソーがどのタイプに分類されているのかは、公式サイトからチェック可能だ。それはさておき………

今回紹介するダイソーは、いちおう「大型店」とカテゴライズされているが、そんじょそこらの大型店ではない。メガサイズ……ではなくギガサイズ!! 日本一の売り場面積を有すると言われている、千葉県のザ・ダイソーギガ船橋店に行ってみたぞ〜!

京成船橋駅のすぐそばに、ギガ船橋店はそびえ立っている。想像していたよりも古めかしいビルなのだが、このビル全体がダイソーと言われたら、いやが上にも期待は膨らむ。ちなみに駐車場は無いので、電車で行くのが無難だろう。


中に入ると……


出ました、写真OK!


さらに……



地上6階地下1階!!!!


これは本当に初体験。これまでにも「○階建てのダイソー」には何店か行ったことあるけども、地上6階地下1階なんて規模は人生初だ。ちなみに売り場面積は約2000坪あるらしく、ダントツで日本一デカいダイソーであるらしい。

いつぞやか行った “国内最大級のダイソー” とも言われる売場面積1000坪の「ザ・ダイソーアルカキット錦糸町店」もハンパなかったが、その2倍の売り場面積とは……。隅々まで見たら日が暮れるぞォ〜。

で、どんな感じだったのかというと……


もう、なんだ……



贅沢すぎる陳列からなる……



圧倒的な在庫量!!



たとえば6Fの「造花コーナー」なんて……


小型店がまるまる1つ入ってしまうくらいのスペースに、所狭しと造花が陳列されている。


釣り具のコーナーも……

釣具屋さんかよ!」って在庫量だし……


思わず「ホームセンターかよ!」と叫びたくなるようなDIYグッズの数々……。

塗料だけでも……

ハンパない!


園芸グッズだけでも……


専門店レベル!


そんなこんなで……


靴下屋さんかよ!


食器屋さんかよ!


ドリル屋さんかよ!


つっぱり棒屋さんかよ!


ファイル屋さんかよ!

……と、いちいちツッコまざるを得ないくらいの圧倒的な在庫量。これはスゴイ。本当にスゴイ。「ギガ」の称号はダテじゃない。ある意味、聖地。100均好きなら一生に一度は巡礼してみると良いだろう。ただし、全フロアをくまなく回ると、本当にヘトヘトになるので要注意。いや〜、疲れた!!

参考リンク:ザ・ダイソーギガ船橋店
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

▼コスメコーナーも広い!


▼こんな珍しいカゴまで……

▼あれ、これ、ベトナムで見たやつでは……?

▼おもちゃの品揃えは正直イマイチだった。

アジアのプラ椅子、キターッ!

炊飯マグもここで買った

▼バケツ屋さんかよ!

▼ザル屋さんかよ!

▼タッパー屋さんかよ!

▼杖屋さんかよ!

アルティメットコンテナ屋さんかよ!

▼カー用品屋さんかよ!

▼美濃焼屋さんかよ!

▼ポーズが昭和かよ!