沖縄のソウルドリンクと言えば、何を思い浮かべるだろうか。おそらく多くの人が泡盛やオリオンビールを連想すると思う。ソウルフードだったらタコライスやソーキそばなど有名なものがたくさんあるが、飲み物は食べ物ほどパッと思い浮かばない。

そんな中、沖縄の公式アンテナショップである「わしたショップ」にて気になる缶ジュースを見つけた。その名も『ミキ』だ! お笑いコンビのミキでなければ、ミキティでもない飲み物のミキ。果たしてそのお味は!?

・起源はあの映画にも登場したお酒

実をいうと、ミキは沖縄で古くから親しまれているソウルドリンクだ。なんでも起源は、少女が口の中で米を噛んで発酵させるという「口噛み酒」らしい。

口噛み酒は、2016年に大ヒットした映画『君の名は。』に登場したので覚えている人も多いのではないだろうか。ヒロインの宮水三葉と妹の四葉が儀式で作ったシーンはもちろん、物語の山場にも出てくるので印象に残っているはずだ。

・想像できなくて混乱

そういえばネット民が姉妹の口噛み酒に歓喜していたな……ということはおいといて、そろそろ本題に入りたいと思う。まずパッケージなのだが、独特な外観に一目で魅せられてしまった。よくよく見てみると「飲む極上ライス」の文字。米を飲む? 一体なんなんだ、この飲み物は。

原材料の欄には確かにうるち米、もち米と記載されている。他にも大麦や乳酸も含まれているようだが、全然味の想像がつかないな。最初から良く分からなかったけど、なおさら分からなくなってしまった。大混乱だ。

考えていても分からないので、とにかく飲んでみることにしよう! よーく振って、コップに注ぐと……



予想以上にトッロトロ!!!!


小さな黒い粒は大麦だろうか。色は真っ白ではなく、少し茶色がかっているな。気になるお味は……

・例えるのが難しい味

正直に言うが「美味い!」という感じではない。のどごしが良いわけではないので、決してゴクゴクと飲もうとは思わない。しかしながら、不味くもない。全くもって不思議な味だ。ほんのりとした甘みの中に米の香りを感じられ、さらにその奥に大麦の存在を確認できる。そして後味はさっぱりとしている。

味を例えるのが非常に難しいのだが、強いて言うなら葛餅(くずもち)に似ている気がするような……。とりあえず確実に言えることは「冷やしてから飲んだ方がいい」ということ。

飲んだ瞬間に「めっちゃ美味い!」という感じではないが、どこか癖になってしまいそうな味だ。食後のデザート代わりにも良いかもしれない。他にも黒糖玄米やウコン入りのものもあるようだ。

なお、ミキにアルコールは含まれていないので、未成年やお酒が苦手な人でも安心して飲んでほしい。値段は税込140円。アンテナショップで見かけたら、筆者はまた買ってしまうかもしれない。

参考元:わしたショップ
Report:石井陽太
Photo:RocketNews24.