実際はそうでないのに、そう見えてしまうことがある。ダイソーで売っているクロックスみたいな250円サンダルを見て、私は「クロックスみたいだな」と思うよりも先に、なぜか「ナイキのエア ハラチみたいだな」と思ってしまったのであった。

決して幻覚剤をキメていたわけではない。250円サンダルにしかない「ストラップ」の角度&形状と、ソールの厚さが実にハラチっぽいのである。ということでNIKEの『AIR HUARACHE(エア ハラチ)』を、ダイソー商品だけで作ってみた!!

なぜここまで私がエア ハラチに執着するのかというと、人生初の「母に頼み込んで買ってもらった、ちょっと高価なシューズ」が、ほかでもないエア ハラチだったのである。あれは中1のころだった。空前のナイキ「エア」ブームが吹き荒れていた。

価格はたしか1万4000円だか1万6000円だか、そのくらいはしたと思う。渋谷のムラサキスポーツで購入し、それはもう宝物のシューズとなった。

しかし購入3日後の通学中にウンコを踏み、なぜか逆ギレしてそのまま帰宅。すぐに風呂場のシャワーで泣きながらウンコを落とし再び登校。3時限目の体育の授業から復活するも、クラスメイトの誰かが


なんかウンコくさくね?


と言い出し、ひそかに「やばい、落ちきっていなかったか……」と恐怖におののきながら、必死でグラウンドの砂ぼこりを、まだ湿り気のあるエア ハラチに付けてごまかした……のは、今となっては良い思い出だが、そんなことはどうでもいい。


ダイソー製エア ハラチに必要なのは、250円の「カジュアルサンダル」と、100円の「直角ショートソックス(靴下)」、あとはお好みで油性マジックがあればOKだ。なお、靴下は自分の足のサイズよりも大きめを買うのがポイントである。

作りかたも実に簡単。まずは靴下を履く。

サンダルの中にホットボンドを塗りたくり……

ヤケドに注意しながら、そのまま足をズボッ。


すぐに足を抜いて、しばらく放置したら……


エア ハラチ キターーーーッ!!

特に後方からの眺めは、まぎれもなくエア ハラチ!


このままでも十分にハラチ感は出ているが、さらにハラチっぽくするために、「ストラップ」や「ベース」と呼ばれる部分を黒く塗ったら……

完全にエア ハラチ!

なお、実際に履く時は裸足ではなく、実際のハラチと同じように、きちんと靴下を履いてから足を入れるようにしたい。そのための「少し大きめの直角ショートソックス」なのだ。それはさておき……

やっぱりハラチ!

すっごいハラチ!

横からもハラチ!

動いたらもう完全にハラチに見える!

キメキメのハラチ顔したら100%ハラチ!

しかし、やはり主役は後方からのビュー!

たった350円で、後ろ姿がエア ハラチ!!

──てな感じで、そこそこエア ハラチっぽい履物が完成したのであった。

なお、靴下on靴下という構造が足クサ的に心配という人もいるかもしれないが、臭くなったら洗えば良い。泣きながらシャワーで洗えばOKであろう。あの時ウンコを踏んでしまった本物のエア ハラチのように。

参考リンク:ナイキ「ハラチシューズ」
Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証