前々から羨ましいと思っていた。もうブームは遠い昔に去った感もあるが、子供たちが履いていた『ヒーリーズ』のことだ。かかとにローラーが内蔵されているシューズのことで、器用に「スーーーッ」と滑っていた。大人の私はそれを見て、いつも、


楽しそう!!!!!!


と恨めしく思っていたのである。「だったら大人用のヒーリーズを買えば良いじゃん」という意見もあるとは思うが、そこまでではないのだ。買うほどではない。ちょっとヒーリーズしたいだけ。ということで、それっぽいものを作ってみたぞ٩( ‘ω’ )و

まず用意したのは、ダイソーで売っている100円の『ミニトローリー』なる商品。家具などの移動に使うもので、台車の上の黒い部分がグルグルと360度回転する。こいつを重い家具の下に4つ設置すれば自由自在に移動できるゼ〜的な商品だ。

続いてはクロックスみたいなサンダルを用意。100円の商品でも良かったが、あえて今回は奮発しての250円! ポイントは、かかと部分のバンドである。ヒーリーズを作るのだから、たしかな「ホールド感」が欲しかった。揃えるべき材料は以上だ。

あとやるべきことは、サンダルのかかと部分に『ミニトローリー』をホットボンドで接着する。滑り中に外れたら危険なので、しっかりと接着した。絶対にボンドをセコってはいけない。軽く4〜5本は使う勢いで、ガッチリと接着した。


そして作業開始から約10分後……



ついに「ダイソー製ヒーリーズ」が完成した!!


ちょっと自分でもビックリなのだが……


想像してたよりカッコイイ……!!


なんという近未来デザイン……

なんならナイキの「ハラチ」かってくらいだ。

すべり具合も実に良好

そして後日、いよいよ実践してみた。

こんな自作アイテムを使ってコケて大怪我をしたら誰も同情してくれなさそうなので、膝当てはもちろん、肘当て、掌当てに、ヘルメットも完全装備。

そして会社の廊下で……GO!!

ガッ、ゴッ。

ズズッ。

ズガガッ。

……と、距離で言えば5センチくらい、「スーーー」どころか「ズッ」くらいしか進まなかったが、ネバーギブアップ精神で練習に練習を重ねた結果……


スー

スー

スー

10センチくらい! もしかしたら20センチ!? でも滑ってる感覚はあった! たとえ10センチくらいでも、ヒーリーズ気分を10センチぶんは味わえた……気がする。

やってよかった。あきらめなくてよかった。今回の体験を経て、もうヒーリーズへの憧れは卒業できた。次はフロント部分にも『ミニトローリー』をくっつけて、ローラースケート気分を味わってみたい。なにごとも挑戦。人生はチャレンジだ ٩( ‘ω’ )و

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

▼次はローラースケートにしてみよう