私(佐藤)のようなオッサンにとって、もっとも縁のない職種の人が「モデル」である。もし仮にモデルの人たちと一緒に写真を撮ったら、同じヒト科の生物とは思えないほど、違和感が漂ってしまう。そもそも東京モーターショーや東京オートサロンの取材で出会う以外に、彼女らと接する機会がない。

そんな私に奇跡的な案内が来た! それは……女性モデルの飲み会に入れてもらえるというのだッ!! 一生に一度、そんなチャンスはあるかないかだ。いくしかない! ということで、実際に足を運んでみたところ、自分でも理解不能な精神状態に陥ったのである。あれは天国だったのか?

きっかけは今年の東京オートサロン。私が訪ねたブースのひとつに、ファッション系ライフスタイルブランド『ARMY GIRL』があった。ここは、ポルシェ2台とモデル7人を用意して、他のブースを凌ぐ存在感を放っていた。

群がるカメラマンたちに割って入り、モデルの皆さんと写真を撮ったのはおそらく私だけだろう。後にスタッフの方に話を聞くと「ヤバいヤツが来た」と思われていたらしい……。実際にその写真を見ると……。


たしかにヤバそうなヤツだ。ヤバそうだけど、ヤバいヤツではないと、自己弁護しておこう……。


・まさかの案内

イベント終了から1カ月を経た後に、ARMY GIRLの星野仁史社長から連絡があった。「オートサロンの打ち上げをかねて女子会をやるので、佐藤さんも来ませんか?」と。


なんだって?

この佐藤に、「美人モデルが集まる女子会に来ませんか?」だと!?


行きましょう!

断る理由が見つからない!!


・7人の美女

ちなみに参加するメンバーは、7人の美人モデルの皆さん!

辻 絵里華(つじえりか)さん
神戸麻衣(ごうどまい)さん
太田麻美(おおたあさみ)さん
生田ちむ(いくたちむ)さん
柴咲マナ(しばさきまな)さん
小泉エレナ(こいずみえれな)さん
橘 香恋(たちばなかれん)さん

の7人。しかもただのモデルではない! 辻さんは、「Miss Grand Japan 2017」のグランプリに輝き、Miss grand internationalの日本代表! 神戸さんは、「Miss universe japan 2017」の静岡県代表で、「第25代 ミス富士山」である。他のメンバーもファッション分野やカーレースの分野で活躍しており、私のようなオッサンが普通に出会える人達ではない!

やっぱり断る理由が見当たらない!


・いざ、突撃!

という訳で開催日を指折り数えて待ちながら、当日を迎えることとなった。場所は六本木! しかも座敷の鉄板焼き屋! おお、なんか女子会っぽい場所だな~(女子会をよく知らないけど)。

時間通りに現場に到着! よ~し、乗り込むぞ~ッ!! 一応断っておくが、これは仕事だ。「女子会にオッサンが潜入してみた」っていう体裁で記事を書く立派なお仕事なのだ。誤解のないように……。よ~し! 突撃じゃ~いッ!!

という訳で入ってみると……。


モデルの皆さん「こんばんは~」

左を見ても……。

右を見ても……。

良い景色。一瞬立ちくらみがしたほどである。その軽いめまいのなかで、私は過去の自分の記憶がサーっと頭の中を流れた。あれ? これ走馬燈ってヤツ? 俺死ぬの?


・過去が走馬灯のように……

ちょっと神様に聞きたいんだけど、ここ天国ですか? 少なくとも、当サイトの仕事に携わって約10年。今までみた景色のなかで一番美しいかもしれないよ。ある時は誰もいない深夜の銀座の一角(ドコモ前)で、寒さに震えながら寝袋にくるまり、またある時は勝手に全面自分の顔のラッピングカーを作られ。「クズの極み」とか「吐き気がするほどキモいおっさん」とか、罵りの言葉を記事に綴られた日々……。

ああ、この仕事を通じて見てきた今までの景色はなんだったのか。この美しい景色の前で、私は過去を振り返り、それらがすべて今日の日のためにあったんだと、思わざるを得ないのである。不意に目頭が熱くなる。


・開始2秒で異変!?

さて、全員そろったところでかんぱーい! 今まで参加したなかで最上の飲み会が始まる。

ウェーイ! 今日は楽しむで~ッ!!


ところが!! 不慣れな環境に身を置くと、人間の身体はおかしなことになってしまうらしい。いつもは、小汚い事務所で、冴えないオッサンたちを相手に仕事をしているものだから、女性との接し方がよく分からなくなってしまったらしい。私の身体で何か異変が起きている!

「お疲れ様です」と言われただけなのに……。


佐藤「アバババッバッバアッバババッバッババッババッバババッババババ……」

やべえ! パソコンがフリーズしかかってる時みたいに、脳みその処理が追いついていない。言葉がうまくでないぞ! なぜだッ!?


その後も会話をしようにも、言葉が出てこない。あの~、あれ~、えーと……。

その後にいくぶん冷静さを取り戻したのだが、すでに彼女たちは仕事やプライベートの話で盛り上がっており、完全に入るタイミングを失った。それでも気遣ってくれて話かけてくれるのに、次の言葉が出ずに押し黙ってしまう……。


どうやら、私はここに参加するだけで目的を果たしてしまったようで、ここに来てナニをするのかを考えていなかった。その結果、頭が働かなくなってしまったらしい……。

あとは終わりまで、わかった顔をして「うんうん」と頷くのが精いっぱい。


まさか開始2秒でフリーズするとは思わなかった。こんな不甲斐ない私を、彼女たちは気遣ってたくさん話しかけてくれたのに、ポールダンスのことしかまともに話すことができなかった……。という訳で結論。何事も身の丈にあったことをすべきである。出しゃばるとロクなことがないみたいだ。おわり……。

取材協力:ARMY GIRL
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24 / ARMY GIRL, used with permission.