星の数ほど、とんこつラーメン店がひしめき合っている福岡県。全国的に有名なところといえば、一蘭や一風堂などがあるが、実を言うと地元民は超有名店に行かないこともしばしばだ。

理由は単純明快で、安くてウマいラーメンもあるからに他ならない。また、中心街ならまだしも、市街地に出たら車は必須。自然な流れで駐車場が広いところに入ってしまうものだからである。そして今回ご紹介する「博多ラーメンセンター 源龍」は、地元民が好きになりそうなお店だった。

・広い駐車場で車でも問題なし

昨年に新しくオープンした「博多ラーメンセンター 源龍」があるのは、福岡空港から少し離れた博多区立花寺(りゅうげじ)。国道3号線の大通り沿いで、ド派手な赤い看板がデデンッと目立つ。これなら、運転していても一発で分かることだろう。駐車場は、20〜30台止められそうなくらい広い。

んで注文は券売機で購入するスタイルなのだが、やたら唐揚げとごはんをプッシュしていたので、博多とんこつラーメンの唐揚げ・ごはんセット(880円)を頼んでみた。とんこつスープに合わせるタレは、塩・味噌・醤油の3種類ある中から塩をチョイス。ラーメンは一杯なら580円とリーズナブルだ。

・シンプルでウマい

席に通され、ワクワクしながら待っていたら、まずはラーメンからやってきた。辛子高菜やキムチといった惣菜が無料サービスなだけに、ラーメン自体はシンプルそのもの。ただ、その味はというと……!

これがなかなかいい感じで攻めてくる。こってりしすぎず、どちらかといえばアッサリ。麺は細めのストレートで、スープとの相性もいい。看板とは逆に派手さはないが、内側にギュッとウマさが凝縮されている印象だ。

なお、プッシュしていた唐揚げはジュワ&カリッとしていてボリューム満点。ごはんもラーメンとの相性が良く、ついついスープとがっついてしまうようなウマさだった。もしかしなくてもメタボまっしぐら……だが、それがいいというやつである。

・博多一幸舎のセカンドブランド

個人的には、唐揚げ・ごはんのセットではち切れそうなくらいお腹いっぱい。ガッツリ食べたい人はセットを頼むといいだろうが、そうでない人はラーメン一杯でも十分に満足できると思われる。

食べている最中、老若男女を問わずお客さんがドシドシ来ていたあたり、すでに地元民から好かれていることがうかがえた。ちなみに同店は、博多一幸舎のセカンドブランドとのこと。まぜそばも人気のようなので、チャレンジしてみるのもいいかもしれない。

・今回ご紹介した店の詳細データ

店名 博多ラーメンセンター 源龍
住所 福岡県福岡市博多区立花寺1−9−31
時間 11:00~22:00
定休日 不定休

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.