復活する度に話題となるマンガ『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』。2017年6月26日発売の週刊少年ジャンプ30号で連載再開したこのマンガが、再び深い眠りについたのは9月4日発売の40号だ。まあ、ここまでは規定路線。だがその時、今までになかった事件が発生した。

なんと巻末コメントで、作者の冨樫義博先生が「年内にもう1回復活します」と復活を示唆したのである。マジかよ! 震えて待ーつ!!

……とは言ったものの、気づけばもう11月。2017年もあと1カ月ちょっとである。本当に『ハンターハンター』は今年中に復活するのか。不安になったため集英社に問い合わせてみた。

・根強い人気

載っていることが奇跡なほどに、長期休載を繰り返すこのマンガ。それでも話題になるのは、なんだかんだで圧倒的に面白いから。連載が再開すると、ネットでも「やっぱり面白い」という声があふれる。冨樫先生には、ぜひとも『ハンターハンター』の物語を描き切って欲しいものだ。

・ファン心理として信じたい言葉

もはや、いつまでも待つ所存ではあるのだが、休載時に富樫先生が復活に言及したのは初めてのこと。ファン心理としては、復活を示唆してくれたのは嬉しい。なお、40号に掲載された冨樫先生の巻末コメントは以下の通り。

「日清食品様に復活賞として、どん兵衛いただいたので年内にもう1回復活します」

──冨樫先生をやる気にさせるどん兵衛効果やべえ! しかし、最近では1度休載に入ると1年くらいは戻ってこない冨樫先生。本当に今年中の復活は可能なのか? もう11月半ばも過ぎたんだけど……。そこで、集英社に問い合わせてみたところ以下の回答が得られた。

・集英社の回答

「現状では何も決まっておらず、お伝えできることも何もございません」

──マジかよ! 現状では何も決まっていないとのことだった。ちなみに、6月26日の復活については、5月31日に特設サイトが公開されていた。あのコメントは冨樫先生の休載ギャグだったのか? それとも、ウルトラCはあるのか? 期待して待ちたい。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼前回の復活では1カ月前に告知されたが……はたして