2017年4月7日から約2カ月半に渡り、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて注目の『マーベル展』が開催される。マーベルとはもちろん、スパイダーマンやX-MEN、アイアンマンなどの世界的人気コミックを有する出版社「マーベル・コミック」のことだ。

日本初公開となる貴重な資料や衣裳、小道具など約200 点が展示されるということだが、その内容はどんなものなのだろうか? そして1800円の入場料に見合う価値はあるのだろうか? 開催前日に行われたプレイベントに参加してきたので、今回は見どころと合わせてご紹介したい。

・1800円の価値はあるのか?

4月7日から6月25日までの80日間 実施されるマーベル展。冒頭でもお伝えした通り、イベントが行われるのは「六本木ヒルズ森タワー52階東京シティビュー」で、入場券は一般の当日券が1800円となっている(前売り券は1500円)。

マーベルファンにとってはたまらないイベントだが、1800円とはなかなか強気な価格設定といえるだろう。なにせ1800円あれば、映画館で映画鑑賞できるのだ。果たして1800円分の価値はあるのか? 以下で率直な感想をお伝えしたい。

・エントランスでビッグなお出迎え

入場してまずお出迎えしてくれるのは、エントランスに設置された全長5メートルの巨大アイアンマンである。その迫力は圧巻の一言で、バシバシ撮影したくなること間違いなし! 一気にテンションが上がるハズだ。

エントランスを抜けると、会場は順番に「ヒストリー」「ヒーロー」「シネマティックユニバース」「アート」「カルチャー」の全5ブロックに分かれている。各ブロックには衣装など大型展示物と原画などの小型展示物、さらにはキャラクター解説用のパネルが設置されていた。



・隅々までパネルを読むかどうか

おそらく、多くの人が大型展示物に目を奪われると思うが、注目して欲しいのは「キャラクター解説用のパネル」だ。実に多くのスーパーヒーローが丁寧に解説されており、1つ1つのパネルを読み込んでいくと、これまで知らなかった情報を多く得られることだろう。

ズバリ、1800円の元が取れるかどうかは、パネルをじっくり読むかどうかがポイントだ。衣装や大型模型も貴重ではあるが、1分も眺めていれば十分だ。その点、解説内容を理解するためにはある程度の時間がかかるから、イベントを堪能しつつ「もう1歩踏み込んだマーベルの世界」を知るには打ってつけである。

結論を申し上げよう。ある程度の時間をかけ、隅々まで展示物を見学するならば1800円の価値は余裕である。むしろ安いくらいだ。だだし、衣装や大型模型だけしか見ない場合、意外と早く見学が終わってしまい「物足りない」「1800円は高い」と感じる人もいるに違いない。


・会場限定Tシャツがカッコいい

なお、個人的には会場でしか購入できない限定グッズがズラリと並ぶ、オフィシャルショップがオススメだ。特にTシャツはカッコいいデザインが揃っているから、出かけた人はぜひ足を運んで欲しい。

また期間中は会場に入らなくても、六本木ヒルズの敷地内に多くのマーベル展示物が設置されているので、そちらも併せてチェックしてみよう。『マーベル展』は6月25日まで開催だ。

・今回ご紹介したイベントの詳細データ

イベント マーベル展
住所 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階 東京シティビュー
開催期間 2017年4月7日~6月25日
営業時間 10:00~22:00(最終入場21:30)

参考リンク:マーベル展
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24 (C)2017 MARVEL

▼エントランスの巨大アイアンマン。デカすぎてテンションが上がる。

▼購入した会場限定Tシャツ。カッコいいでしょ?

▼会場に入らなくても、六本木ヒルズの敷地内にはマーベルの展示物が多く設置されているぞ。

▼訪れる際は、ぜひじっくり見学して欲しい。なお、コンビニなどで購入できる前売り券が絶対にお得だぞ!