daehangno-neighborhood
息をのむような絶景や、目からウロコの異文化に触れられる海外旅行。もし、一生働かなくても余るくらいの大金が手に入ったら、世界一周の旅に出たいという人も多いのではないだろうか。

だが、わざわざ海を越えなくても、意外と身近に凄い場所はあるのかもしれない。今、海外観光客の間では、大阪市此花(このはな)区が激アツなのだという。……って、ファッ!? 此花区ってあの此花区?

・世界4位

この度、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」が発表したデータによると、2015年から2016年にかけて大阪市此花区への海外観光客が激増しており、その注目度は世界第4位であるらしい。

登録されている300万件の宿泊施設に滞在した1億4000万人以上のバックパッカーから抽出されたという「2017年注目の観光地ランキング」は以下の通りだ。
usera-neighborhood-by-david-ramos

・【2017年注目の観光地ランキング】

1. ニューオーリンズ、ミルバーグ(アメリカ ルイジアナ州) 宿泊客数:1500%増
2. クアラルンプール、カンポン・バル(マレーシア) 976%増
3. メルボルン、フィッツロイ(オーストラリア) 770%増
4. 大阪、此花区(日本) 609%増
5. マルセイユ、シュット・ラヴィ(フランス) 604%増
6. トロント、ロッククリフスマイス(カナダ) 497%増
7. マイアミ、ミッドタウン(アメリカ フロリダ州) 430%増
8. メキシコシティー、ナルバルテ(メキシコ) 264%増
9. シアトル、ウェストシアトル(アメリカ ワシントン州) 230%増
10. マドリード、ウセラ(スペイン) 228%増
11. バンコク、ディンデーン/フアイクワン(タイ) 218%増
12. シドニー、チッペンデール(オーストラリア) 204%増
13. ソウル、大学路(韓国) 203%増
14. ミネアポリス、リンデール(アメリカ ミネソタ州) 193%増
15. ダブリン、フェニックスパーク(アイルランド) 180%増
16. ブエノスアイレス、チャカリータ(アルゼンチン) 172%増
17. プラハ、ジシュコフ(チェコ共和国) 103%増

──此花区どうした!? 宿泊客数609%増加って、一体何が起こったんだ! 確かにUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)はあるが、なぜこのタイミングでこれほど増加したのか謎である。大阪出身の私(中澤)もビックリだ。

・世界の有名都市を抑える

個人的には、USJがあったところで、10位スペインのマドリードとか5位フランスのマルセイユの方が余裕で行きたい。だって学生時代に此花区の西九条のヤンキーに絡まれたことあるし。日本でも北海道とか東京とか長野とか、もっと良いスポットがある気がするが……。
zizkov-neighborhood

・人気の秘密

なお、ランクインした地域の共通点として「都会の便利さとリラックスしたムードが楽しめるのんびりした地域」「壮大な緑」「アクセス良好なローカル食を楽しめる」の3つがあるという。はたして、此花区は世界と戦えるレベルでこの3つが揃っている場所なのか。生まれも育ちも大阪の私には判断しかねるところだが、あなたはどう思うだろうか?

参照元:Airbnb
執筆:中澤星児

▼トロント、ロッククリフスマイス(カナダ)
rockcliffe-smythe-neighborhood-by-ashtonpal
▼マイアミ、ミッドタウン(アメリカ フロリダ州)
midtown-1
▼マルセイユ、シュット・ラヴィ(フランス)
chutes-lavie-neighborhood
▼全部、此花区に負けてる