IMG_1496

朝ごはんって大事。食べた方がいいとか食べなくてもいいとか色んな説があるけれど、そんなことはどうでもいい。朝から美味しいもの食べるとテンション上がるやん! それだけで朝食って意味があると思うのだ。さて、今回は朝からワンコイン(500円)で京都の野菜を食べられるお店を紹介したい。

お店の名前は “都野菜 賀茂” 。なんでも、採れたて野菜を食べられるだけでなく食べ放題なのだとか!! 京都の野菜はブランド化していて高いイメージがあるが、これは安い。安いどころかお得過ぎると言ってもいいくらいだ。しかも野菜だから、とってもヘルシー。さっそく紹介していきたい。

・数十種類の都野菜が食べ放題

同店では朝昼晩と、数十種類の “都野菜(みやこやさい)” を使った料理を提供している。はて、都野菜とは何だろう。京野菜とは違うのだろうか。なんでも京野菜と呼ばれる指定品種にとらわれず、京都の農家が育てた有機無農薬または減農薬野菜を都野菜と呼ぶのだそうだ。

使われている野菜は、その日に採れたフレッシュなものばかり。朝から太陽の恵みをたっぷり受けた野菜を摂取できるなんて、なんて健康的! そう思うのは記者だけではないらしい。オープンと同時に店に到着したにもかかわらず、すでに長蛇の列ができていたぞ! 

DSC02216

・イチオシは “畑バー”

店内の券売機で500円の朝食チケットを購入し、いざバイキングへ!! ズラリと並ぶ、青々しい野菜が目にも嬉しい。 “九条ねぎたっぷりの卵焼き” などの創作料理もモチロン美味しいが、記者のオススメは野菜そのものの味を楽しめる “畑バー” だ。

このコーナーでは調理済みの野菜は一切なし。採れたて野菜を切ったものが置いてあるだけだ。だがしかし、これが美味しい! 野菜って、こんなに旨味が詰まっているんだと感心させられるぞ。特に驚いたのは万願寺唐辛子。生で食べるという発想がこれまで記者になかっただけに、ウマさも100倍だ! 

DSC02223

「野菜を食べなきゃ」ではなく、「野菜を食べたい」と思わせてくれる “都野菜 賀茂” は全部で3店舗。気になる人は行ってみてはいかがだろう。ちなみに野菜の収穫量をはるかに上回る人気ゆえに、朝食は数量限定。「どうしても都野菜が食べたいんだ!」と言う人は朝、早めに行くかランチかディナーを利用してみる手もアリだ。

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 都野菜 賀茂 四条烏丸本店
住所 京都府京都市下京区東洞院通綾小路下る扇酒屋町276
時間 モーニング 07:00〜10:00(L/O09:30)
定休日 年末年始

参考リンク:都野菜 賀茂
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼生で食べても美味しい万願寺唐辛子

DSC02224

IMG_1498

▼寝起きの体にじんわり染みるものばかりだ

DSC02222

DSC02225

▼納豆に入っているネギもサッパリとしていて美味しい

IMG_1499

▼自家製の野菜ミックスドレッシングもクセになるうまさ

DSC02226

▼朝食500円だよ! 

DSC02234

DSC02219