現在の深田恭子さんはスゴイ。2016年7月21日に発売した『週刊ヤングジャンプ』のグラビアでの水着姿を見て、私(中澤)は息をのんだ。今年で34歳になる彼女だが、ふわふわした雰囲気と甘いルックスは劣化するどころかさらに進化しており、そこにセクシーさがプラスされている。今のフカキョン天使すぎィィィイイイ!

そんな彼女が、この度インスタグラムのアカウントを開設したぞ。個人の SNS を持っておらず、今まで謎に包まれていたフカキョンの私生活。さながら日本に残った唯一の聖域(サンクチュアリ)を見られる日がついにやってきたのだ!!

・フカキョンとともに成長してきた

実は彼女と同学年の私。デビュー作であり、当時新進気鋭の女優が集まったドラマ『FIVE』も見ていたし、エイズを題材にしたドラマ『神様、もう少しだけ』には衝撃を受けた。音楽バラエティーの『堂本兄弟』でピアノを弾く姿は、お嬢様っぽくて良い感じだった。フカキョンと一緒に、私も成長してきたと言っても過言ではない。

デビュー当時は、その砂糖菓子のように甘いルックスから、どちらかと言えばアイドルっぽかった彼女。正直に言うと、当時もっと可愛いと思っていたアイドルはいた気がする。

・“今” 日本で一番カワいいフカキョン

しかし、20年という時の流れとともに兵(つわもの)どもは夢の跡。フカキョンだけが残った。そして前述の通り、フカキョンは33歳になった今も輝き続けている。断言しよう! 日本で一番カワいいのは深田恭子だと。

もしホリプロスカウトキャラバンの審査員が、13歳のフカキョンを見てここまで成長することを見抜いていたとしたら……スゴイを通り越して変態すぎる

View this post on Instagram

#サーフィンで痣だらけ #AKUA #ThisisMe #kyokofukada

A post shared by 深田恭子 (@kyokofukada_official) on

前置きが長くなってしまったが、そんな彼女のインスタを覗いてみると……いずれもキラキラ輝く海とビキニショットがまぶしすぎるぜ! その爽やかさは20歳と言われても信じてしまうレベルだが、そこはかとなく漂う色気に大人を感じる。マジ最強だなヲイ。なお、ネットの声は以下の通り。

・ネットの声

「て、天使や」
「綺麗すぎます!! 憧れです!!!」
「美しすぎます」
「かわいい!」
「別の生き物だね」
女から見ても憧れる
「女だけど18年ファン!! 大好き」
相変わらず男心をくすぐる眼差しですね
「おかげでインスタ入れました 」
「いつまでも若いなぁ」
「素敵な大人な女性って感じがヒシヒシと」
「この身体最高」

View this post on Instagram

GO!! #AKUA #ThisisMe #kyokofukada

A post shared by 深田恭子 (@kyokofukada_official) on

カワイイという声から綺麗という声まで、男から女までメロメロのフカキョン無双状態だった。さすがである。なお、本日26日、午前9時頃の最新の投稿もまばゆいくらいにキラキラ輝く水着姿なので、ぜひその目で確認してみてくれ!

参照元:Instagram @kyokofukada_official
執筆:中澤星児

▼完全に天使だ

View this post on Instagram

私の海の師匠 #kyokofukada

A post shared by 深田恭子 (@kyokofukada_official) on

▼まぶしすぎる