1

先日、「117億年彼方に輝く『ロード・オブ・ザ・リング』の悪役」をご紹介したように、“宇宙関連の年齢” を見ていくと気が遠くなる。太陽47億才、地球45億才、天の川銀河が136億才……。

そして今回 NASA が発表したのが「100億年前の天の川系銀河」のイメージ。私たちの太陽が生まれるずっと前の大変美しい風景なのだが、これ“お星様のベビーブーム” の姿なのである!

・100億年前の銀河のイメージ

ということで NASA によって作成された、今から100億年前の “若き” 天の川タイプ銀河に浮かぶ惑星から見上げた夜空。当時の天の川銀河の写真がなかったため、天文学者たちは広大な宇宙の “天の川” と似たタイプの銀河の調査を行い、2000枚以上の画像を参考にしたのだとか。

・とっても華やかな「星のベビーブーム」

画像を見てみると……ほおおお~。濃紺な夜空が赤、ピンク、紫、白、水色など華やかな色で彩られているじゃないか! なんでもこれ、銀河の中で起こった「星のベビーブーム」の姿が描かれたもの。

ピンク色のガスは誕生したばかりの新しい星、そして白っぽい青は若い星の集まりだという。新しい星が誕生するスピードは、なんと現在の30倍の速さ。まさに “ベビーブーム” である!

・太陽はベビーブームに重ならなかった?

そして私たちの太陽はこのブームのはずれで誕生したのだが、ベビーブーム後期の銀河では、惑星や地球上の生命体を構成する要素が豊富になっていたことから、太陽系の惑星にとっては良い結果となったようだ。

とてもキレイなイメージにウットリしてしまうが、海外サイト io9 では “スペース・ポルノ” の名の下にこの画像を紹介されているのだった。そう、これは宇宙のポルノ! さあ華やかな100億年前の星空に見惚れようではないか!!

参照元:NASAio9ask a scientistHorizon(英語)
執筆:小千谷サチ
Image : NASA/ESA/Z. Levay (STScI)

▼星の赤ちゃんがいっぱい!
1