1

南米のチリ・アンデス山中。標高約5000メートルのこの高原は、1年を通して晴天が多く、天体観測にはうってつけだ。そんな地で “宇宙の謎を探るために” 空の向こうを見つめ続けているのがアルマ望遠鏡である。

そしてこの度、アルマ望遠鏡が素晴らしい映像の撮影に成功した。それは、真っ赤に燃える、「アインシュタイン・リング」! そしてその正体は、117億光年彼方の銀河!! その上、映画『ロード・オブ・ザ・リング』で空の上からニラんでくる “サウロンの炎の目” を彷彿とさせる姿……となんだか、めっぽう豪華なものが写し出されたようだぞ!

・117億光年彼方の銀河 SDP.81

2014年10月に撮影された、117億光年の距離に位置する銀河 SDP.81。そんなに遠くにあるのだから、 SDP.81 と私たちの天の川銀河との間には、他の銀河も存在する。そして、その銀河の巨大な重力によって SDP.81 から来る光がゆがめられるのだ。

このように「重力レンズ効果現象」によって、光がゆがめられ、円弧状に引き伸ばされてできた輪は、「アインシュタイン・リング」と呼ばれている。理由は、アインシュタインが相対性理論の中で予言していたからだ。

・ココまでキレイな円はとても珍しい

さて真っ暗な写真の真ん中に、ぽっかりと真っ赤に燃える輪っかが浮かんでいる。そうか、これがアインシュタインの……と見入ってしまうが、実はこれほど完璧な「アインシュタイン・リング」が捉えられるのは珍しいことで、人間の視力の2600倍相当のアルマ望遠鏡の解像度と感度があって初めて可能になったという。

ということで、国立天文台チリ観測所の伊王野大介准教授も、以下の様に驚きを語っている。

「この画像を初めて見た時は、たいへんおどろきました。アインシュタインリングの細部をここまではっきりと示している前例はありません。この画像から、手前の銀河の質量分布の詳細が分かるとともに、初期宇宙における星形成と分子ガスの関係を探ることができます。銀河の誕生という大きな謎の解明に向けて、また一歩前進すると期待されます」

・若かりし頃の宇宙の光を目にしている?

また気になるのが、117億光年という、想像を絶するほど壮大な数字。現在、この宇宙は138億年前に誕生したと考えられているのだが……はっ! 「138億 ー 117億 = 21億」ということで、まだ宇宙が “たった21億才” だったときの銀河の姿を、私たちは見ているのだ! もう、一体なんなんだ。壮大すぎるぜ!

そして最後に、この「アインシュタイン・リング」を見ていて、何かを思い出さないだろうか? そう、映画『ロード・オブ・ザ・リング』で尖塔の上で燃えさかっていた “サウロンの目” である! ネット上でも「俺たちの頭上にサウロンが!」なんてコメントが見受けられるくらい、その姿に心を掴まれる人が多かったようだ。

参照元:Space.comMail Online(英語)アルマ望遠鏡 国立天文台[1][2]
執筆:小千谷サチ
画像Credit: ALMA(ESO/NAOJ/NRAO)

▼映画『ロード・オブ・ザ・リング』を思い浮かべる人も多いだろう
1

▼どのようにして重力が光を歪ませるか、よく分かる動画

▼これが映画『ロード・オブ・ザ・リング』のサウロンの目だ!