早いもので、もう3月が終わり4月になろうとしている。新年度の始まりだ。それに伴い、新生活がスタートする人も多いのではないか。今回は、そんな人たちにどうしても知っておいてもらいたいことがあり、こうして記事を書いている。

日本一の繁華街、新宿。新年度になり、初めてこの地に足を踏み入れる人もいるはず。さて、ここからが本題だ。もし新宿で、それも深夜に、飲もうということになったとしても、決してそこらのチェーン居酒屋には行ってはいけない。なぜか? 知りたければ続きを呼んでくれい。

・新宿でやりがちな失敗

新宿は眠らない街だ。その明かりは何時になっても消えることはない。なので、深夜に飲もうと思っても、歌舞伎町あたりだと余裕で店に入れてしまう。まだ土地勘もないし、チェーン店で妥協するかって? 悪手っ……! ダメなのだ、それでは……!! いいか、今から私(あひるねこ)が言うことをよく聞け。

・花園神社を目指せ

まずギラギラした歌舞伎町を離れよう。新宿3丁目、花園神社方面を目指すんだ。すると、神社のすぐ近くに「飲食笑商何屋ねこ膳」という小さなお店がある。24時間営業している定食屋だ。ここに入れば、もうあなたの勝利は確定したようなものである。

・サービス料なし

席に着き、さあ何を飲む? そう、「ねこ膳」は定食屋であると同時に酒場でもあるのだ。嬉しいことに、席代だのお通しだのサービス料は一切ない。メニューに書いてある通り、酒飲みの極楽浄土なのだよ。至る所に描かれたネコのイラストにも癒される。新宿の喧騒を忘れさせてくれるようではないか。

・ホッピーから伝わる良店感

でも、肝心のコスパはどうなんだ? それではここで『ホッピー焼酎セット(税込400円)』をご覧いただこう。ジョッキの7~8分目近くまで注がれた “なか” の量を見よ。くぅ~、「ねこ膳」、完全にわかっている店である。多すぎてホッピーが全然入らないぞ。もはやただの焼酎やないか!

・絶対これは頼みたい

定食以外のメニューも豊富である。しかも、簡単なつまみなら300円以内で大体のものが揃ってしまうのだ。ポテサラとか100円だからね。コンビニかよ。しかし、私がオススメしたいのは480円の『ねこ膳グラタン』だ。

他が安すぎて若干高く感じてしまうが、これがスゴイのよ。熱々のグラタンにスプーンを入れると、なんと中にはカレーが入っているのだ。カレーの下にはマカロニがいて、さらにその下には……まさかのコロッケ! 何だこれは、総力戦か!! 元々は裏メニューだったというこちらのグラタン。マストでしかない。

・新宿にはもったいない

深夜の新宿でチェーン店の冷凍ものなんて食べていると、なんか虚しくなるやん? こういう手作り感ある料理って、素敵やん? 実際、店内の雰囲気も和やかで居心地が良い。もうさ、新宿なんてやめて、オレんとこ(最寄り駅)に来ないか? と氣志團みたいなことを口走ってしまいそうになるのだ。

・新年度用知識

はっきり言おう、深夜にチェーン店に行くなら、「ねこ膳」に行った方が賢い。私ならそうする。少なくとも、有力な候補として覚えておいて損はないだろう。新年度になり、新宿に来る機会が増える諸君も、これだけ覚えておけば全てうまくいく……はずである。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 飲食笑商何屋ねこ膳
住所 東京都新宿区新宿5-17-1
時間 24時間営業
休日 年中無休

参考リンク:飲食笑商何屋ねこ膳
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼簡単なつまみなら300円以内で大体のものが揃ってしまうのだ

▼ポテトサラダ(100円)

▼若鶏のカラアゲ(430円)

▼ナスのしょうが炒め(250円)

▼ハンバーグ(350円)

▼手作り感ある料理って、素敵やん?