WBC(ワールドベースボールクラシック)に日本中が沸いた。日本は王者奪還はならなかったが、それでも決勝ラウンド進出まで6戦無敗。特にオランダ戦・キューバ戦は、日本の球史に残る名勝負だったといっても過言ではないだろう。

そんなWBCを想起させるお店が、東京・新宿御苑前に存在した! その名も「WMC」、ワールドミートボールクラシックである! 名前を聞いただけで、あの予選ラウンドの感動が蘇るッ!!

お店の店前に掲げられたのぼりを見ると……。World Baseball Classic!

じゃなかった。World Meatball Classicだった……。WBCの開催期間中に、このお店でミートボールを食べながら日本の応援したかった。とにかくここは、ミートボール専門店なのである。ミートボールを前面に打ち出したお店って、ありそうでなかった。

・ハンバーグに負けていない!

考えてみたら、ハンバーグの専門店は多いのに、なぜミートボール専門店はあまりないのだろう。ここは、ランチ(1000円)で美味しいミートボール料理を食べることができる。しかも、いろいろな国のミートボールをお店流にアレンジしているのだ。たとえば、ランチのミートボールとボロネーゼのペンネ。

ランチは日替わりなのだが、サルシッチャは人気で、日によっては売り切れている場合があるそうだ。この日はボロネーゼ以外は売り切れで、看板メニューの「WMC」を食べることにした。

ターメリックライスと、アツアツの鉄板に乗ったミートボールが2個。普段は料理の脇役になりがちなミートボールを、こうしてメインにしているお店はなかなか無いのではないだろうか。よく考えると、ミートボールでも主役は務まるのだ。

ミートボールは、ハンバーグにだって負けてない! 実際に食べてみて、改めて思った。

・旨味が閉じ込められている

半割にすると、中には肉の旨味がギュッと詰まっており、立ち上る湯気まで美味しそう~。これにミートソースやハーブのソースをつけて食べると絶品。

肉汁がジワリとあふれる様子は、ミートボールの醍醐味である。次回のWBCまで、ここWMCで舌つづみを打とう! 味はマジでホームラン級だ!

・今回紹介した店舗の情報

店名 World Meatball Classic
住所 東京都新宿区新宿1-15-4
営業時間 11:30〜14:00 / 18:00〜23:00
定休日 日曜日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

昨日食べたミートボール専門店のミートボールが、とても美味しかった #meatballs

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on