chanponc1

野菜をたっぷり食べたい時に、足を運ぶファストフードといえば「サブウェイ」だろう。自分好みに具材をカスタマイズして、大口を開けてサンドイッチを頬張る。それも良い。だが、これからは私(佐藤)はちゃんぽんをオススメしたい。

というのも、ちゃんぽんと皿うどんでお馴染みのチェーン「リンガーハット」が、店舗限定でちゃんぽん・皿うどんをカスタマイズできるサービスを提供しているからだ。サブウェイでサンドイッチをアレンジするように、リンガーハットでちゃんぽんを自分流にアレンジ! そこで、二郎系ラーメンでお馴染みの「野菜マシマシ」をオーダーしてみた!!

chanponc2

・全国に4店舗のみ

ちゃんぽんを自分流にカスタマイズできるサービス「myちゃんぽん」(650円)は、全国でも限られたお店でしか実施していない。神奈川県横浜港南台店、長崎県長崎かじや町店、奈良県イトーヨーカドー奈良店、そして、東京都葛飾新宿店の4店舗だけである。

chanponc3

オーダーは、以下のスープ・麺・追加具材から1つずつを選ぶことになる。

myちゃんぽん
スープ:とんこつ、みそ、しお、しょうゆ、減塩とんこつ
:ちゃんぽんめん(1・1.5・2玉)、海藻めん(0.5玉)+ちゃんぽんめん(0.5玉)、国産さつまいも春雨めん
追加具材:もやし増量・おんど卵・肉みそ・バター・ピリカラ

my皿うどん
:鶏ガラ、減塩鶏ガラ
:バリバリめん(1・1.5玉)・太麺
追加具材:もやし増量・おんど卵・肉みそ・バター・ピリカラ

chanponc4

・さらに具材をチョイス

別料金でさらに具材を追加することも可能だ。追加可能な具材は全23種。ラインナップが豊富なので、アレンジの幅はかなり広い。たとえば、肉みそ・豚バラ・ホルモン・角煮を追加して肉々しいちゃんぽんにしてもいいだろうし、小エビ・殻付きあさり・ベビーホタテ・華いかを追加して、シーフードちゃんぽんにするという手もある。

chanponc5

私は、二郎系ラーメンでお馴染みの野菜マシマシを再現することにした。とんこつ・海藻めん+ちゃんぽんめん・肉みそで基本のちゃんぽんを作り、さらに角煮(450円)と野菜増量(150円) × 2 でオーダー。果たしてどんなちゃんぽんになるのだろうか!?

chanponc6

二郎の野菜マシマシというと、うず高く積まれたモヤシを想像してしまう。リンガーハットでも、あの盛りになるのか? 期待と不安の入り混じった気持ちで待っていると、私のちゃんぽんが完成したようだ!

chanponc7

chanponc8

・器がデカい

野菜はうず高く積まれていない。だがしかし、器がデカい! 通常のラーメン丼よりも一回りデカいじゃないか。まるで洗面器。軽く顔を突っ込むことができるサイズだぞ。器が広いから高さは出なかったものの、野菜の量は相当なものだ。

chanponc9

これはかなり野菜を摂取できるに違いないだろう。ほど良く煮込まれてクッタリしているものの、キャベツ・もやし・タマネギがしっかりと入っていることがわかる。この後、麺を探ってみたのだが、野菜の下敷きになって丼の下の方に追いやられてしまっていた。マシマシだから当然か。

chanponc10

・麺にたどり着かない……

出来たてなので、スープも麺も具材もアツアツ。最近寒い日が続いているので、それだけでぜい沢とさえ思える。

chanponc11

麺にたどり着くまで、野菜をひたすら食いまくる作業が続く。普段野菜の摂取量が少ないという人には、ぜひともオススメしたいカスタマイズだ。飽きるほど野菜が食えるぞ。

chanponc12

・ベストちゃんぽんを探せ!

ちなみに今回、野菜増量をダブルで注文したら、お店の人が一瞬戸惑っていた。したがって、あまり突飛な注文をする人はいないようである。どこまで自由なカスタマイズを許してくれるのかわからないのだが、とにかくいろいろ組み合わせを考えて、自分にとってのベストちゃんぽんを発見してくれ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 リンガーハット 葛飾新宿店
住所 東京都葛飾区新宿1-23-6
営業時間 11:00~24:00
定休日 なし

参考リンク:リンガーハット『myちゃんぽん』
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24