donpati

何かとスーパーサイズなアメリカ。ちょっとやそっとのデカさでアメリカ人は動じないだろうが、どう考えてもビックリする爆盛り食堂が、京急空港線「大鳥居駅」に存在する。その名も『どん八食堂』だ。

からあげ、とんかつを主戦力としたメニュー全てに爆盛りサイズが用意されているこの食堂。中でも、No.1がかつカレーの爆盛り『ダブルかつカレー(1000円)』である。お盆サイズの大皿に「これでもか」と盛られたとんかつとカレーライスの山は、まるでパーティーの大皿料理。アメリカ人も小皿に取り分けるレベルだ

・そば食いに来たんだけど

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」……になるはずだったこの記事。だが、そこにあるはずだった『そばどん八』は『どん八食堂』に変わっていた。これも何かの運命。せっかくなので食べることにした。

メニューを見ると、からあげ9個の「得増からあげ定食(800円)」やとんかつにからあげが5個つく「ミックス定食(850円)」など、完全に腹ペコさんいらっしゃいな布陣。そんな中でも、異彩を放ちまくっていたのが前述の『ダブルかつカレー』だ。

donpati2

・爆盛りカレーいっきまーす

『ダブルかつカレー』は、2段になったとんかつが食欲をそそる。一番特大サイズのようだが、メニューのモデルのサイズ感を見る限り、なんかいけそうな気がする。ちょうど、そばも食べられなかったことだし、いっちょやってみっか。というわけで、店内で食券を購入。待っていると……キタキタ来ましたよ!

donpati4

席からカウンターに置かれたカレーを見た時は、まだ余裕があった私(中澤)。だが、近づけば近づくほど、余裕は焦りに変わっていく。あれ……ちょっとデカくね? っていうか、普通に皿がお盆と同じサイズじゃね? デッカーーーーーーーー! 遠近法で今まで気づかなかったァァァアアア

donpati6

・思ったよりデカかった

両手でお盆を持つとズッシリ来る。油断したら落としそうだ。慎重に机まで運んで、噛みしめるように改めて思った。「ああ、デカいな」と。スプーンなどと一緒に目の前にあると比率がおかしいことがよくわかる。食べてみたところ……

donpati7

とんかつは、サクサクの衣に豚のウマみが封じ込められており、カレーはトロトロの家カレー。カウンターにソースやマヨネーズなどの調味料があるため味を変えることも可能だ。庶民的な味ではあるが普通にウマい。いつもより量が食べられそうな気がする。

donpati9

とんかつ2枚はおそらく大丈夫だろう。問題は3人前あるというライスである。どれくらいの量を1人前と考えているかだ。見た目では余裕で2合くらいありそうだが、とんかつやサラダで見た目が水増しされてそう見えてるだけかも。1合半くらいならいけるはずだ。そう考えているうちに、半分食べ終わった。これ、いけんじゃね

・なんかいけそうな気がする

お腹もまだ限界というほどではない。やはり、とんかつとカレーがウマいことが嬉しい。もし、マズかったらこんなに食べられなかったはず。とんかつも平らげ、残りはご飯4分の1ほど。いけるいける

donpati8

無理でした。急激に来た満腹感にペースが落ちたが最後、マジで食べられない。食べようとしてすくったご飯がスプーンから転げ落ちて、口に到達しない。しばらく休憩をはさみつつ食べ進めたが、お茶碗一杯分くらいがどうしても食べられなかった。

donpati10

・ウマい爆盛り

だが、逆に言えば、ここまで食べ進められたのは味のおかげと言えるだろう。ひょんなことから出会った爆盛りカレーだが、家庭的な味は折り紙つき。「ウマい爆盛り」を食べたい人はぜひ行ってみてくれ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 どん八食堂
住所 東京都大田区東糀谷3−7−11
営業時間 10:00~22:00
定休日 無休

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼その他のメニュー
donpati12
donpati13
▼料理モデル
donpati11
▼本物
donpati6