nikusoba

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。前回の『かめや』が神そば屋だったため、今回は少し毛色の違うそば屋に行ってみた。東京都千代田区小川町にある『河北や』だ。

なんとここは、“肉そば” を出すお店らしい。「いやいや、肉そばって普通のそば屋のメニューですやん」と思ったあなた。名前こそ同じでも、一味違うのだ。ここの肉そばは、鶏で出汁をとり、具にも鶏肉を使う山形県河北町の名物 “つったい(冷たい)肉そば” だ。

なるほど。そう聞いては、肉そばを頼まないわけにはいくまい。そう思って、メニューを見たその時! 私(中澤)の目に、“和牛すじカレー” の文字が飛び込んできた。

menu

・これ、絶対ウマいやつやん……

実はこの店、夜は山形料理を出す居酒屋として営業しており、メニューがかなり充実している。どれもめちゃくちゃウマそうだ。しかし、私はそばを食べに来たのだ。ここで、カレーを食べてレポートするわけにはいかない……。「カレー探究」という連載をされてる記者さんもいるし。

・ミニカレーと肉そばのセットをお願いします

肉そばにするか、それともカレーにするか。私の頭のなかを「肉そば」と「カレー」という言葉が秒速で駆け巡る。秒速で1億稼げれば、こんな小さなことで悩むこともないのだろうが……。葛藤(かっとう)の末、カレーも味わえて、肉そばも味わえるお得なセットを注文。実物もやっぱりめちゃくちゃウマそうだ。

set

・カレーめっちゃウマい

まずは、カレーを一口。牛すじを3時間煮込んだスープを使ったカレーとのこと。色を見ただけでウマさが伝わってくる。ミニカレーなのに、ゴロっとした牛肉も入っていて、本格的な味だ。いや、マジウマいな、これ。

carry3

・もちろん、そばもウマい

次に、そば。鶏のコクの出たスープ、具の厚めの鶏肉、そして、太めの山形の田舎そばがベストマッチ。いやはや、東京の立ちそば屋のバリエーションは侮れない。

nikusoba3

・たぶんメニュー全部ウマい

そばがウマいのはもちろん、料理のセンスが全般的に高いように感じた。メニュー写真からしてウマい! 食べなくても分かるくらいウマい! そう断言できる。食べたらきっとマジウマい! 毎日通っても飽きなさそうだ。

一点注意点を挙げると、卓上の香辛料に要注意だ。カレーの香辛料と七味唐辛子が似ているため、間違ってしまわないようによく見てから使おう! 私は間違ってしまったぞ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 河北や
住所 東京都千代田区神田錦町1-2 官報神田錦町ビル 1F
営業時間 月~金曜日10:30~23:00、土曜10:30~15:00
定休日 日曜・祝日・第2・第4土曜

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼鶏の旨みが出ていて美味! 単品で400円
nikusoba2

▼具の鶏肉も厚切り!
nikusoba4

▼カレーも本格的にウマい!
carry

▼夜は居酒屋もやっているうえ、一日二食通っても飽きない!
tenpo