img_7409

年間6000本以上の記事を公開している、我々ロケットニュース24。中でもグルメ記事は人気のジャンルである。私(P.K.サンジュン)も常日頃から正確な情報をお届けしようと心がけているが、みなさんはこう思ったことはないだろうか? 「そもそもコイツらの味覚は信用できるのか?」と……。

確かに、情報を発信する側の味覚がおかしければ、ウマいもマズいもへったくれもない。そこで今回から始まる新企画が『グルメライター格付けチェック』である。記念すべき第1回は「レトルトカレー」でライターたちの味覚をチェックしてみたのでご覧いただきたい。

・648円と108円のカレー

ルールは簡単だ。2つのレトルトカレーを目隠しした状態で食し、どちらが高いかを当てるだけである。基準は「ウマい / マズイ」ではなく、あくまで「高い / 安い」とし、今回は価格差約6倍のレトルトカレーを準備した。いわば、某人気格付け番組と同じルールである。

img_7305

それはさておき、1つ目のレトルトカレーは、超高級フルーツ店・千疋屋総本店の「マンゴーカレー」で、1食あたり648円。パッケージには「トロピカルテイストいっぱいのフルーティカレー」と記載されているから、かなりセレブな味がするのだろう。もう一方は100円ローソンで購入した「特盛カレー」で、こちらは1食108円となっている。

img_7319

・意外と難しい

準備は格付けチェックに参加しないスタッフがしており、不正は絶対に出来ない。いざ挑戦してみると目隠しが障害となるのか、かなりの迷いが生じた。……が、味の違いは確かにある。そして導き出したライターたちの答えは以下の通りである。

・P.K.サンジュンのコメント

「千疋屋の方はとにかく口当たりがまろやか。そしてチャツネのようなフルーティーさがある。もう一つも普通にウマいが、高い味がしなかった」

img_7348

・中澤星児のコメント

「僕は安い方のカレーがすぐにわかりました。高い方のカレーだけを食べたらわからないかもですが、安い方のカレーとの違いは明白です」

img_7366

・佐藤英典のコメント

「全然違う。安い方はとにかく味が雑。雑だからグイグイ来る。もう一方はまろやか。本当に全然違う」

img_7374

この時点で自分が正解しているのかわかっていないが、全員が「絶対に合っている」と確信していた。審査員によると「私・中澤」と「佐藤」で答えが割れたという……マジか。本気でドキドキしながらいよいよ正解発表! 見事に千疋屋のカレーを当てたのは……

img_7388

kuhaku2

当てたのは……!

gurume

kuhaku2

当てたのはァァァァアアアアアアアアア!!!!!

kuhaku1

私と中澤! よっしゃぁぁぁぁっぁああああああ!! 想像以上に超うれP!!!! でしょ! やっぱり違うよ、全然違う!! 答えを知った後も佐藤は納得していなかったが、第1回『グルメライター格付けチェック』の結果、信用度は私と中澤が100%、佐藤が0%ということになった。

gurume2

・第2回も開催予定

ちなみに、GO羽鳥・和才雄一郎・りょうの3名も挑戦したところ、結果は……全員が不正解! ってマジか!! 大丈夫かロケットニュース24! というわけで、この企画は第2回も開催予定だ。舌に磨きをかけつつ、震えながら待つとしよう……。

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼正解発表の瞬間。

▼正解を知っても納得できない佐藤。
img_7397

▼第1回「グルメライター格付けチェック」の結果……
img_7409

▼1勝0敗・信頼度100%のP.K.サンジュン。
img_7348

▼1勝0敗・信頼度100%の中澤星児。
img_7366

▼0勝1敗・信頼度0%の佐藤英典。
img_7414

▼0勝1敗・信頼度0%のGO羽鳥。
img_7417

▼0勝1敗・信頼度0%の和才雄一郎。
img_7422

▼0勝1敗・信頼度0%のりょう。
img_7431

▼第2回は高級ジャムを予定しているぞ。

新企画「グルメライター格付けチェック」始まりました。第1回はレトルトカレー編です。

A photo posted by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on