DSC_0560

衣料品から家庭用品、食品や文具など、日常生活全般にわたってセンスある商品を生み出している “無印良品” 。その無印良品が福袋を出すというのだから、これは何が何でも入手せねばなるまい。2016年始まって以来の、最大にして最強のミッションだ。

無印の福袋には衣類やコスメなど様ざまなジャンルがあり、どれも大人気が「最も入手困難」との呼び声が高いのが “ステーショナリー” だ。税込1000円の商品なのだが、冗談抜きに中身は約1万円分の価値があったぞ。詳細は以下の通りだ!

・とにかく大人気 数時間前から待つ事必須

無印良品の福袋は先に書いた通り、とにかく大人気! 瞬殺で売り切れるケースも少なくないのだとか。安全に配慮してだろう、店頭で整理券を配る場合が多い。必ず手に入れたい場合は、オープンの数時間前から並ぶくらいの覚悟でなければゲットできないだろう。

記者は店舗が入っている複合施設が開門すると同時にスタンバイをし、3時間ほどから並んでいた。それくらいやっても激しい争奪戦に巻き込まれてしまったので、地域にもよるるが、ある程度の気構えは必要だ。余談だが、記者は気合を入れ過ぎて “列の先頭に陣取っている人” として地元メディアの取材を受けたぞ。

・9644円分詰まった福袋は誰がどうみても超お得! 

1000円と、かなりお手頃価格な “無印良品 ステーショナリー福袋” 。だが驚くにはまだ早い……なんと福袋の中には、9824円分の商品が詰まっているのである。約10倍もの価値がある福袋なのだ。しかも福袋にありがちな売れ残りを詰めました感はなく、今すぐ使える便利なものばかりだ。

【無印良品 ステーショナリー2016 の中身】

増やせるフリー台紙アルバム(2100円)
丸留め付き封筒(472円)
曜日で分けるペーパーホルダー(180円)
高透明クリアホルダー(480円)
ロールペンケース(800円)
ノート5冊組 6mm横罫(200円) 2セット
ノート7mm横罫(79円)
シャープ&ボールペン(263円) 2本
中性ゲルインキ六角ボールペン(210円) 3本
さらさら描けるボールペン(105円) 2本
アルミ自動的に芯が出るシャープペン(500円)
CD DVDホルダー(378円)
付箋紙(250円) 2セット
フレーム(368円)
カードケース(500円)
バッグインバッグ(1800円)
PETライン付箋紙(180円)

DSC_0562

以上、約20種類もの文房具が入っていた。この福袋を一袋買うだけで今年1年文房具に困ることは、ほぼないだろう。仕事や勉強の効率アップも間違いなしだ! それほどに充実感のある、お得な内容だった。「こりゃいいぞ」と思ったアナタ。何度も言うように、無印良品の福袋は大人気なので早急にアタックすることをオススメするぞ!!

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → 「2016福袋特集」

▼9824円分入って、たったの1000円!

DSC_0561

▼今すぐ使えるものばかり

DSC_0566

DSC_0568

DSC_0573

DSC_0574

DSC_0576

DSC_0578

DSC_0579

DSC_0581

DSC_0582

DSC_0583

DSC_0559

DSC_0562

DSC_0585

DSC_0587

▼争奪戦に向けて、やる気満々で最前列でスタンバイしていたら取材を受けたぞ!

気合入れすぎて、逆に取材されたわ。

A photo posted by Kinoshita_Masami (@masami_1010) on