10

徐々に寒くなるこの時期、温かい家の中でコタツに入りながらも、「外で暮らすネコってどうしてるのかな?」なんて疑問が頭をかすめたことはないだろうか? 

外に暮らすネコたちは、建物の隙間や段ボールの中などで雨風をしのいだりすることが多いのだが、中には車の中で暖を取ることもあるのだとか。しかし、これがとっても危険で、大惨事に発展することもあるのだ! 今回は、そんな危険からネコを助ける方法をお知らせしたい。

・ネコが温かいエンジンルームに入ってしまう

エンジンを切った後の温かい車。秋や冬になると、そこで暖をとろうとするネコが、車の下からエンジンルームに入り込んでしまうことが増えるという。そんな状況で車が動き始めたらどうなるだろうか? パニックになったネコがエンジンベルトに巻き込まれてしまい、大惨事になってしまうこともあるのだ……。

・「車の中は危険ですよ」とサインを送ってあげよう

ネコがこのような事故に巻き込まないためには、車のボンネットを開けて、直接確認することが一番なのだとか。しかし、周囲の目が気になるという人のために、動物保護団体 Clover は『コンコン・キャンペーン』を提唱している。

これはボンネットを “コンコン” っとたたくことで、車の中のネコに「これから車が動きますよ。逃げて下さい!」とのサインを送るというものだ。この方法は、2013年にJAFからも「近所にネコが多かったら乗る前にボンネットをパンパンしましょう!!」とツイートされている。

・ノックした後の “パニック音” を聞き逃すな!

さて車体をたたいた後は、必ず耳を澄ませてみてほしい。中にネコがいた場合、驚いて音を立てるからである。もしも車体から何か音が聞こえたら、ボンネットを開けて様子を探ってみよう。

また、確実にネコに気が付いてもらいたいのなら、“バンバン” と大きめの音を立てた方がよいのではないか、との指摘も寄せられている。その他にも、クラクションを鳴らしたり、車体を揺らす、大きな声を出すなどの方法を取ってもいいようだ。

・人間だって嫌な気分になる

ネットの声を見てみると、エンジンに巻き込まれたネコを見た、知り合いが体験したという人も結構にいるように見受けられた。その多くが「ヒドイありさまだった」「ニオイが取れなくて車を買い替えた」など、ネコと人間の両方にとって、想像を絶する不幸な結末になってしまったようである……。

これから秋も深まりもっと寒くなっていくので、温かいエンジンに引き寄せられるネコも増えてくることだろう。面倒くさくても、ネコと人間の両方のために走行前はボンネットを開けたり、バンバンとノックして確認をしてほしい。

参照元: Facebook
執筆:小千谷サチ

▼“コンコン” すると、ネコがさらに車の奥に入ってしまって危険との意見も。やはりボンネットを開けるのが一番のようだ。