murata11

今や世界に知られる日本のポップカルチャーを代表する言葉といえば「kawaii(かわいい)」である。ヒトでもモノでも、日本には “かわいい” が溢れているのだ!

そんな中、またまた思わず「かわいい~♪」と叫んじゃうようなチアリーダーたちが登場した。チアリーダーといってもヒトではなくて……な、なんとロボットなのであるッ!!! 村田製作所が制作した最新ロボット『村田製作所チアリーディング部』なのであるッ!!!

このロボットたちのパフォーマンスを収めた動画が公開されているのだが、まじで「かわいい~♪」と叫んでしまった。ゆらり、ゆらりと倒れそうで倒れない、チームワーク抜群のゆる~い動きに、癒されつつも元気をもらえること必至だ。

・なんで村田製作所がロボットを作るのか?

これまで、ムラタセイサク君、ムラタセイコちゃんというロボットを開発してきた村田製作所。その進化版として作られたのが、ロボット10台で集団行動をする『村田製作所チアリーディング部』なのである。

だけどそもそも、なんで村田製作所がロボット作ってんの!? どうも、“ついつい” いろんなものを作っちゃうらしく、自由でチャレンジ精神旺盛な会社のようだ。本業である電子部品をマジメに作るのはもちろんだが、事業化を検討していないロボットの開発にも全力投球なのだ!

・めちゃかわロボットを“ついつい” 作っちゃいました

最新ロボット『村田製作所チアリーディング部』も、“ついつい” 夢中になって作っちゃったもよう。同社のスローガンである “Innovator in Electronics(イノベーター イン エレクトロニクス)” にもある「イノベーター」を応援しようというコンセプトのようだ。

・『村田製作所チアリーディング部』がめちゃかわいい~♪

『村田製作所チアリーディング部』は、2輪車に乗っているセイサク君、1輪車に乗っているセイコちゃんの進化版。と、いうことで0輪、つまり玉乗りロボットなのである。

「倒立制御」、「超音波位置計測」、「群制御」の3つの高度な技術が使われていて、一糸乱れぬフォーメーションで動いてる! ボールに乗った状態で36cmという小柄なチアリーダーたち、ほんまにめちゃめちゃかわいい!

・動画制作にも全力投球しちゃった村田製作所

すでに公開されている、『村田製作所チアリーディング部』のパフォーマンスを収めた動画。同社の社員の中でも知る人ぞ知る電波暗室で撮影され、電波をシャットアウトした部屋で2日間に渡り行われたそうだ。当日になってプログラムを書き換えるなどのハプニングもあったといい、村田製作所は動画制作にも “ついつい” 全力投球してしまったみたいだ。

・かわいいパフォーマンス動画は必見!

こちらのパフォーマンス動画、ホントにかわいいのだ。つぶらな瞳のチアリーダーたちが、やくしまるえつこさんが歌うテーマソングにのせて、倒れそうで倒れない、ぶつかりそうでぶつからない、チームワーク抜群のパフォーマンスを披露している。

並列になったり、円陣を組んだり、ハートを作ったり……な、なんてかわいいんだ(驚愕)。動画の後半部分では、手に持ったポンポンがイルミネーションみたいに輝いて、さらにかわいさがアップするぞ! かわいくて、癒されて、元気をもらえるから、ぜひ視聴してくれよな!

参照元:村田製作所

提供:村田製作所

▼『村田製作所チアリーディング部』のパフォーマンス開始!

murata1

▼やくしまるえつこさんのテーマソングにのせて移動中!

murata2

▼並列に並んだり……

murata3

▼円陣を組んだりだってできちゃうのだ!

murata4

▼イルミネーションみたいに輝くポンポンもかわいい~♪

murata5

▼見よ、この素晴らしいチームワーク!

murata6
murata7
murata8
murata9

▼倒れそうで倒れないところに注目だ!

murata10

▼村田製作所の小島さん(左)と吉川さん(右)。ロボットは2代目ムラタセイサク君(左)、村田製作所チアリーディング部(中央)、ムラタセイコちゃん(右)

murata11