「尻に何かが突き刺さる事故」にまつわる記事

【謎】男性が腹痛で病院! CTを撮ったら腸にウナギがいた / 医師「肛門から入り、腸に達したもの」→ 男はウナギ侵入の理由について沈黙を守る

わからない。わからない。なぜ、こうも人類はウナギに固執するのか。なぜこうもウナギが好きなのか。愛しているのか。他の魚ではダメなのか。

先日、男性が腹痛に耐えかね、病院にかつぎこまれたそうだ。そして下半身のCTを撮ったところ……ウナギがクッキリと写っていた。そう。尻の中にウナギがいたのだ。

続きを全部読む

【謎】真夜中の病院に “尻の奥に直径7cmのコップが刺さった男” が現れる →「なぜ尻に?」医師の問いに黙秘を貫く

なぜなのか。なぜ人は無謀とも言える冒険をしてしまうのか。「命を守り、つなぐ」という生物としての基本にあえてそむく行為、そこに生産性はないだろう。しかし大きな悦びがある。それこそが人間と他の動物との大きな違いなのかもしれない。

ときに、尻の奥に直径7cmのコップが刺さった男性が発見された。

続きを全部読む

【閲覧注意】ブラジル人男性が肛門にウナギのような魚を刺した状態で搬送される / 手術のようすがカオスすぎる件

先日、とある病院でウナギのようににゅるにゅるした太長い魚と、男性をめぐる珍妙な事件が起きていたそうだ。

「ウナギのようににゅるにゅるした太長い魚」に「男性」、そして「病院」とくれば起こる事案はただひとつ。病院に肛門に太長い魚が刺さった状態で男性が搬送されてきたというのである。

続きを全部読む

【悲劇】59歳男性が「ヒマだった」という理由で尻に針金をつっこむ → 腸内でひっかかる → とれなくなる大ピンチに!

人間というのは、なぜ、こうも愚かな生き物なのだろうか。考えなしに、軽い気持ちでやったことがときにとんでもない結果を招いてしまうことがある。

手持ち無沙汰だった男性(59)が、ヒマでやることがなかったため、なんとなく針金を肛門に入れたという。それだけならよかった。だがその針金は腸内でひかかってとれなくなり、なんとお腹開いての大手術を受けることになってしまったのだ。

続きを全部読む