マミヤ狂四郎 (Kyoshiro Mamiya)

漫画家

1979年生まれ、東京出身の漫画家。イラストレーター、コラムニストとしての顔も持つ。連載多数、著書も多数。代表作は『電NOWジャーニー』、『アジア裏世界遺産 とんでもスポットと人を巡る28の旅 (幻冬舎文庫)』など。ロケットニュース24でのイラスト作品はこちらを参照。別名、GO羽鳥

「マミヤ狂四郎」担当の記事

【まんが】もらって困るものをプレゼントされちゃったの巻

突然のプレゼントは嬉しいものだ。だが、突然もらったら困ってしまうプレゼントも、世の中には多数ある。たとえば生き物。たとえば法に触れるモノ。そしてたとえば……空気を入れて膨らますタイプの、等身大の女性の形をした人形……などだ。

そんなものいらない。余計なお世話だ。だが、もらったからには感謝して、とりあえず箱から開けてみよう。きっと楽しいことになるはずだ。そう、今回ご紹介するマンガのように!

続きを全部読む

【まんが】盗まれたバイクが出てきたけど無残な姿になっていた! の巻

バイク乗りにとって、愛車であるバイクは相棒である。自分の体の一部である。そして恋人でもあり、愛人でもある。あまりにも愛車とのシンクロ率が高くなると、自然と「おっ、今日は調子がいいな!」「OK!」と会話できるようになる。(断言)

そんな心と心が通じあっている相棒が、突然いなくなったら……。そんな悲劇を生み出すのが憎き「バイク泥棒」だ。一体どんな心理で盗むのか。盗んでどこに持っていくのか。その答えは、今回ご紹介する「盗まれたバイクが出てきたけど無残な姿になっていた!」的なマンガに描いてある!

続きを全部読む

【まんが】バイクが盗まれた! の巻

悲しきかな、チャリンコやバイクはよく盗まれる。自分の家の駐車場に置かないで、路上駐車してたりしたら、いつかはきっと盗まれる。しっかりとカギをかけておいてもムダである。だが、せめてU字ロックはしておきたい。しかし、たとえU字ロックをしていても、盗まれるときは盗まれる。この世に悪がいる限り……。

ということで今回ご紹介したいのは、ずばり「バイクが盗まれた!」という体験マンガである。バイク乗りの人ならば、絶対に読んでおいて損はないはずだ。

続きを全部読む

【まんが】ゲーセンの筐体を買ってみたの巻

ゲームが好きで好きでしょうがなくて、ゲームをするためにゲーセン(ゲームセンター)に通いまくっていた根っからのゲーマーならば、おそらく誰もがこう思ったに違いない。「ゲーセンのゲームを家で遊びたい」と。

ゲーセンのゲームが家庭用ゲーム機に完全移植されることも珍しくはない。ネット時代の今ならば、ゲーセンのゲームをパソコンで遊ぶことは技術的には可能である。でも……違う違う、そうじゃない。今回ご紹介するマンガのように、「ゲーセンそのまんま」を家でプレイしたいのだ!

続きを全部読む

【まんが】香港で逆ナンされてルンルン気分で翌日デートに向かったら見事に騙されて人間不信になった巻

海外旅行に行った時、おそらく女性ならば、よく現地の男性に声をかけられるだろう。すなわちナンパ。異国の地での、異国の異性からのナンパである! 一方、男性には、めったにナンパの声はかからない。だがしかし、だがしかーしっ!!

もしも男性が海外旅行で「逆ナン」されてしまったら、間違いなく舞い上がる。なんという奇跡! まさに天にも昇る気持ちである。ところがどっこい、うまい話には裏がある。今回ご紹介するマンガを読めば、きっと海外の逆ナンが信用できなくなるはずだ。

続きを全部読む

【まんが】パソコンには感情があって追い込まれると自殺するという話

クルマやバイク、パソコンに電化製品……と、いわゆる「マシン」と呼ばれるモノには、実は「心」が宿っている。断言してもいいが、感情があるのだ。「なぜここで調子が悪くなるのか!」や「なぜいきなりゴキゲンになっているのだ……?」など、マシンの感情に人間が振り回されることもよくある話だ。

まるで人間のような感情を持つマシンたち。悲しきことに、人間のように自殺することもあるらしい。どんな時に自殺するのか。その答えは、今回ご紹介するマンガを読めば理解できることだろう。

続きを全部読む

【まんが】秋葉原で中国人から違法コピーCDを買ったら粗悪品だったのでクレームをつけに行ってみた

かつて秋葉原にウジャウジャといた「違法コピー中国人」。彼らはチラシを配っており、そこには違法コピーのソフトを山ほど収録した CD や DVD のリストが書いてある。もちろん売るのも買うのも違法行為なので、相手にするのはご法度だ。

ちなみに、彼らは「もし不良品だったら交換にも応じますよ」なんてことも言っていた。違法販売なのに、無駄にサポートはしっかりしているじゃねえか……と感心したりもするが、実際に交換しに行ったらどうなるのか? その答えは、今回ご紹介するマンガを読めばイッパツだ!!

続きを全部読む

【まんが】秋葉原で声をかけてくる怪しい中国人から違法コピーDVDを買うと大変なことになる

音楽でも映画でも、そしてパソコンソフトでもゲームでも、違法コピーは絶対にダメだ。当然ながら犯罪行為である。売ったら逮捕。買うのも罪だ。よくコピー販売で逮捕されている人のニュースを見るだろう。ああなるんだ。絶対にやめておこう。

だがしかし……かつて東京・秋葉原には、違法コピーを路上で販売している中国人がワンサカいた。最近は減っていると思うのだが、10年ほど前はウジャウジャいた。いわば「コピー全盛期」だ。そんな無法な彼らから、実際にコピーソフトを買ったらどうなるのか? その答えは、今回ご紹介するマンガを見ればよく分かる。

続きを全部読む

【まんが】カンボジアのプノンペンで Wi-Fi の野良電波を調べてたら予想外のヤバイ場所に行き着いた

海外旅行に行く時に、気になるのがその国のネット事情だ。速さはどうか。Wi-Fi は飛んでいるのか? 有料なのか無料なのか。パソコンを使って仕事をしている人ならば、特に気になるところだろう。

今でこそ、どこの国でも Wi-Fi環境は常識だ。発展途上のアジアの国でも、Wi-Fi なんて当たり前。だが、今から約10年前のカンボジアでは、Wi-Fi の電波は激レアだった。どんな状況だったのかは、今回ご紹介するマンガを見ればよく分かる。

続きを全部読む

【まんが】知られざる目の錯覚 / 人の目ってのは案外いい加減なんだよって話

人間の目と脳は、案外いい加減なものである。たとえば……「こんちには みさなん おんげき ですか?」を目にしたとき、「こんにちは皆さん、お元気ですか?」と読めたのではないだろうか? だが、よーく見なおして欲しい。実はメチャクチャな文章だ。

実はそうじゃないのに「そう見えてしまう」現象のことを、目の錯覚という。ふだん意識することはないが、実は私たちの身の回りは「目の錯覚」だらけなのだ。そう、今回ご紹介するマンガのように。

続きを全部読む

【まんが】iPhoneとかパソコン周辺機器の「コネクタ」は種類が多すぎてワケが分からないよって話

iPhone4 や 4s から、「5」のシリーズに乗り換えようとしている人は要注意。充電などに用いるコネクタの形状が違うからだ。そんなことは常識であるが、この世の中には様々なコネクタが存在し、いつも我々を惑わせる。コネクタの種類が「ありすぎる」のだ。

コネクタについての認識が甘いと、きっと痛い目にあう。大変な遠回りをすることもある。まるで意味のない買い物になることだってある。はたして、どんなことが起きるのか? その答えは、今回ご紹介するマンガを見ればよく分かるぞ。

続きを全部読む

【まんが】海外旅行先での「コンセント変換アダプタ」の重要性がよく分かる話

百貨店などのトラベル用品コーナーや、空港内にある旅行グッズ屋さんに、かなりの確率で置かれているのが「コンセント変換アダプタ」だ。日本から持ってきた電化製品のコンセントの先を、海外のコンセント穴に変換するというシロモノである。

あれって必要なんだろうか? 買った方がいいのかな? 活躍するの? そんな悩みを持っている人は、今回ご紹介するマンガを見て買うか買わぬか判断してほしい。

続きを全部読む

【まんが】中国少林寺が日本の忍者に敗北! 知られざる道場破り伝説『忍者悲壮伝』

今から約6年前の2007年……中国の伝統武術「少林寺」が激震したニュースがあった。なんと、少林寺が日本の忍者に敗北したという衝撃的な一報である。日時や時刻、場所まで具体的に書かれており、ウソとは思えないリアリティに満ちあふれていた。

はたして、決闘の現場はどのような状況だったのか。その答えは、今回ご紹介するマンガを見れば容易にイメージできることだろう。

続きを全部読む

【まんが】本も雑誌もマンガも音楽も写真も映像も全部データ化しとけ! ScanSnap最高ーッって話

本や雑誌が捨てられない! てゆーか捨てない! 捨ててたまるか! なぜならあとで見返すかもしれないから! ……そんな人は多いだろう。だが、冷静に考えてみて欲しい。買えば買うほど増えていくのだぞ? いつしか家は本だらけになっちまうぞーッ!!

ということで今回ご紹介したいのが、本も雑誌もマンガも音楽も、写真も映像も全部データ化しとけ! 四の五の言わずにデータ化! ごちゃごちゃ言わんとデータ化!! 連続読み取り可能スキャナ「ScanSnap」最高ーッ!! という趣旨のデータ化推進マンガである。

続きを全部読む

【まんが】日本一まずいラーメン屋『彦龍』のオヤジに人生相談してみた

かつて日本には、自他ともに認める「日本一まずいラーメン屋」があった。その名も『彦龍』。伝説的ともいえる味の悪さは、あのビートたけしに「キムチをドブ川に入れたような味」と言わしめたほどである。だが、お店は惜しくも2010年の1月いっぱいで閉店した。

そんな彦龍の店主「原憲彦さん」に、ガチで人生相談させたらどうなるのか。一体何をアドバイスしてくれるのか。その答えは、今回掲載するマンガを読めば一目瞭然だ!!

続きを全部読む

【まんが】電子機器の端子に塗るだけでいろんな効果がある導通改質剤「ナノカーボン」とは何ぞや?

なんだかよくわからないが、電子機器というものは、よく調子が悪くなる。たとえばUSB機器。たとえばデジカメで使うメモリーカード。接触不良なのか相性なのか、よく原因はわからないが不安定な動作になることがある。故障か? と思ったりもする。

そんな時に頼りになるのが「導通改質剤」なるシロモノで、有名なのが『ナノカーボン』という商品だ。はたしてどんな商品なのか? その答えは、今回ご紹介するマンガを見ればよく分かる。

続きを全部読む

【まんが】ヤフオク出品時の質問欄に届く謎の英語メッセージに対応したらこうなる / これが国際的詐欺「ナイジェリアの手紙」の実態だ!!

日本最大のネットオークションサイト『ヤフオク!』にデジカメやパソコンなど、わりと高価な電化製品を出品したとき、よく質問欄に届くのが「謎の英語メッセージ」だ。ほとんどの人が無視していることだと思う。なにせ英語。さらに怪しいからだ。

だが、もしもそのメッセージに対応したらどうなるのかご存知だろうか? その答えは、今回ご紹介するマンガを見ればよく分かる。国際的詐欺「ナイジェリアの手紙」のことを知っている人も必読だ!!

続きを全部読む

【まんが】電波時計のスゴさが一発で分かる話

ふだん何気なく使っている日用品や電化製品も、冷静に仕組みや状況を考えてみると「スゲーッ!」となることが多い。たとえばテレビ。たとえば携帯電話。たとえば電子レンジに、たとえば……と、身の回りはスゴいことだらけ。もっとみんな感動したほうがいい。

ということで今回ご紹介したいのは、電波の力で時刻をピタッと合わせてしまう「電波時計」のスゴさが一発で分かるマンガである。

続きを全部読む

【まんが】絵がヘタな人は「堂々とトレースしろ」って話

漫画の世界では、よく「絵柄をパクった」的な問題が生じることがある。雑誌の写真や、他人の漫画に描かれていた人のポーズや背景の構図を、そのままトレース(書き写し)したのではないか? という疑惑である。

トレース疑惑から休載してしまった連載漫画や、裁判になったケースも過去には実際にあった。だが……そんなに重罪なのであろうか? トレースの何がいけないのか。その答えは、今回ご紹介するマンガに描いてある!

続きを全部読む

【まんが】学生必見! 算数・数学の「平均」問題がよく分かる話

この世の中は「平均」であふれている。英語で言うならアベレージ。様々な数値の間(あいだ)を計算したら、だいたいこのくらいになりますよ、というのが平均値。野球の「打率」も平均値。ヒットをよく打つ打者は「アベレージヒッター」という。

そんな「平均」について、近ごろの大学生の4人に1人は理解をしていない……との新聞報道が過去にあった。一体なぜ理解できないのか。どうすれば理解できるようになるのか。その答えは、今回ご紹介するマンガに描いてある!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9