今から約1カ月前、私(あひるねこ)のInstagram(インスタグラム)のアカウントが突如として凍結された。原因は不明である。解除してもらうためいろいろ動いた結果、よく分からないけど何とかなった、というところまでは前回の記事でお伝えしたが……。

実はあの話には続きがあるのだ。もしかしたら何かの参考になるかもしれないため、続報という形で詳細を記しておくことにしたい。「へぇ、そんなこともあるんだな」くらいの気持ちで読んでいただければ幸いだ。

・前回までのあらすじ

本題に入る前に、インスタを凍結されてから問題が解決するまでの流れを簡単に振り返っておこう。


「本人確認を完了し、アカウントへのアクセスを再開してください」と表示される。

続いて「電話番号に送信された6桁のコードを入力してください」と表示されるも、スマホにコードが届かない。

「バックアップコード」も分からないので、表示されたリンク先から「サポートリクエスト」を送信。

すぐにフェイスブックのサポートからメールが届いたはいいが、まさかの全文英語。

「記載されたコードを紙に手書きし、それを持っている自分の写真を添付して返信しろ」と指示される。

アメリカの犯罪者みたいになる。


しかし、そこから一切返信来ず。

ダメ元で最初から試してみたところ、今度は6桁のコードが届いた。

凍結解除へ。

・結果オーライ

以上が、前回の記事でお伝えした大まかな内容だ。なぜこうなったのかは私にもサッパリ分からない。アメリカの犯罪者みたいになった意味は果たしてあったのだろうか……? すべては闇の中である。ちなみにアカウントが復活したのは、凍結された翌日の4月19日だった。

それ以降は特に何も起きなかったため、私もすっかりこの話を忘れていたのだが……ある日、フェイスブックから1通のメールが届いていることに気付く。件名はなし。少し長くなるが、本文は以下の通りだ。


「Facebookコミュニティオペレーションでございます。

こんにちは

Instagramへのお問い合わせありがとうございます。アカウントへのアクセス再開には、追加情報が必要となります。このメッセージへの返信にて以下の情報をお知らせください。

1.最終アクセス日や、どのような状況でアカウントにアクセスできなくなったかなど、お困りの問題についての簡単な説明

2.アカウントに登録したメールアドレスや携帯電話番号

3.アカウントの登録に使用したデバイス(iPhone、Android、iPad、コンピューターなど)。コンピューターまたはタブレットでアカウントを作成した場合は、登録に使用したオペレーティングシステムもお知らせください(Windows、MacOS、Linuxなど)。

上記の必要情報をメールでお送りいただくまで、サポートはいたしかねます。ログインのヒントを確認するには、ヘルプセンターをご覧ください。

二段階認証を完了してアカウントにログインするためのバックアップコードを使用することもできます。

よろしくお願いいたします。
Instagramチーム」


このメールを見た時の最初の感想は、「ああ、そんなこともあったな」だった。そういえばインスタ凍結されたっけな~。あれ面倒だったな~。もはや遠い過去のようである。だってこのメール、届いたのは……


5月13日だぞ?

・遅すぎて泣いた

インスタを凍結され、サポートリクエストを送信したのが4月18日。ヘルプセンターから返信が来たのが5月13日。そう、なんと約4週間後である。4週間て……ジャンプ4冊出てるやん。そんなに空いたらもうストーリー分かんねぇよ!

もちろんすでに解決済みのため、このメールが来たからといって特に何もする必要はないのだが、もしもまだ凍結中だった場合、ここからさらに返信をして……と、作業が継続することになるのだ。考えただけで恐ろしい。

・謎

というか……だったら私に届いた、あの全文英語のメールは何だったんだ? 画像を添付して返信しろと言うので、アメリカの犯罪者みたいな写真を送付するも、現時点でまだ何も連絡はない。

俺どんだけ拘留されてんだよ、という感じだが、この様子だと来週あたり返信が来たりして……。

実は前回の記事を書いてからというもの、私のインスタやTwitterには、同様のトラブルに遭った人たちからの質問DMが届きまくっている。せっかくの機会なので再び断っておくと、私にもよく分からんのだ。なぜ私は凍結を解除できたのだろうか?

ハッキリ答えられるのは、サポートリクエストを送信してから返事が来るまでに約4週間かかったという事実だけである。まるで手紙でやり取りをしているかの如き遅さ。これぞ神対応ならぬ、紙対応というヤツなのかもしれない。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.
ScreenShot:Instagram、Google