その独特なワードセンスから「言葉の魔術師」の異名を持つモデルでタレントの滝沢カレンさん。先日、発売された料理本も “カレンワールド全開” と話題になっている。

そんなカレンさんが、自身のインスタグラムに映画批評(レビュー)を載せていることをご存じだろうか? これがもう、ものすごく面白い。しかも読むと、その映画が猛烈に見たくなる不思議な魔力を秘めているのだ。いくつか、一部抜粋してご紹介しよう。

『フォレスト・ガンプ / 一期一会』

View this post on Instagram

みなさん、こんばんは😉 居間の方々が教えたくれたものなので また名作と人が言う作品を観ました😌 その名も「フォレスト・ガンプ」です。 あまりに現実した溢れた目の前の景色からは一変、人間の計り知れない能力をまたかまたかと成功しかけると、アメリカを行ったり来たりする人間をわたしは目撃した時間だった、、、。(時代は戻る) 舞台はアメリカンサイズのベンチです。 最初は人を選ばず誰かし構わず隣に座る人とお話をする愉快なバスに乗らない男の話かと思いきや、、、 その楽しげな話し方からは想像もできないのですが、ありがたい字幕のおかげで、壮絶で切なくも男らしく感動的な話が私を包みました。つまりこの男ガンプさんは、ただの話好きではなく、話上手だったのです!!! 吸い込まれる私たちの身になりながら物語は始まります... 吸い込まれたらもう抜け出せなくなるシステムで人の人生を見やすく見させていただきました。 真っ直ぐで途切れないガンプさんの頑なな情熱、自分より人への優しさが止まらない涙が出るほどの強気な思いやり... やるなら壁がきたってやめない行くとこ知らずの頑張り屋さん。。 ガンプさんがとてもかっこよくて、ただでさえトムハンクスさんがこんな大作を乗り越えての映画「ターミナル」だったと思うと余計に私は胸が熱くなり、最後は「ターミナル」のハンクスさんを思い出すばかりの演技力でした。 何かひとつでもやりこなす最後の精神力を学びました。 6つも5つも完璧になるのは難しそうです。 ですが、ひとつでも壁を着実にタッチをできたとき、次の先の壁がまた見えて来るガンプさん。一気に6個を始めるわけじゃなくて、そのひとつを大切にするガンプさんがそこにはいました。 6個中の1つ、ではなく、ひとつが6個集まっただけの趣味をこの方は思う存分突き当たるとこまで突き当たり、5作くらいのさまざまな映画がギュッと集まりひとつの対作品が生まれたというほうが当たりだと思います。 出てくる人物は、ちょうどいいテンポでガンプさんを一目おいたり、仲間になってほしい方とえっ?この地域で?と思わせる場所で、思わぬ夢を叶えたりします。 そして、人との約束の大切さを学びました。 なんの証拠もない空気と一体化した言葉をガンプさんは決して紙に書かずに覚えるという驚愕的な記憶力で最後まで突き走ります。 約束ってみなさん覚えられる自信ありますか? 答えは胸でしてくださいね😉 長い時間テレビは「フォレスト・ガンプ」を映していましたが、あっという間な実感は忘れません。 長くは感じないが、じゃあなにか、2本目観ようということは一切なく、気力と想像力はかなり持っていかれてしまいました。 素敵な作品にまた出会えて、ワクワクできた27歳をありがとうございました😊(まだ終わらない) 皆さまのおかげです、ありがとうございます💋またいいのを見つけたのなら言ってください🍀言い合いしましょう。 フォレスト・ガンプと書いて一期一会。 親御さんのセンスが響いたいい名前としか言いよう無い、男の子の物語でした🥺

A post shared by 滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA (@takizawakarenofficial) on

フォレスト・ガンプは人より知能指数が劣るが、誰にも負けない俊足と清らかな心をもったアメリカ人の青年。風に身をゆだねた羽のように生きる、その数奇な人生が描かれる。

フォレストがベンチに座ってバスを待つ冒頭シーンが印象的だが、ここで “魔術師” によるレビュー(一部、原文ママ)をどうぞ。

カレンさん「舞台はアメリカンサイズのベンチです。最初は人を選ばず誰かし構わず隣に座る人とお話をする愉快なバスに乗らない男の話かと思いきや、、、 その楽しげな話し方からは想像もできないのですが、ありがたい字幕のおかげで、壮絶で切なくも男らしく感動的な話が私を包みました。

つまりこの男ガンプさんは、ただの話好きではなく、話上手だったのです!!! 吸い込まれる私たちの身になりながら物語は始まります……吸い込まれたらもう抜け出せなくなるシステムで人の人生を見やすく見させていただきました。

(中略)フォレスト・ガンプと書いて一期一会。親御さんのセンスが響いたいい名前としか言いよう無い、男の子の物語でした」


 

『ショーシャンクの空に』

View this post on Instagram

みなさん、こんばをは✨ 今日は急にも程があるますが、 「ショーシャンクの空に」を見ました🌙 ずっと気になってはいたはいましたが、 ショーシャンクというカタカナに引っかかっていま一歩が踏み出せず見ていませんでしたが、どういうわけか、映画を検索しても出てきて出てきて見ることにした作品です💓 大の大人だけで繰り広げられる恋愛や、人間物語では胸での感動は激しいのですが、顔の涙を流すことはなかなかなかったのですが、久しぶりの喉を通る涙でした。 ターミネーター2のようなアーノルドさん演じるT2の火のお風呂につかっていく儚い涙とはまた味が違い、、希望を信じていた人間が希望を信じていなかった人間に、現実として希望を教えた涙でした😭 観てない方もいますでしょうから、全ては書きませんが、これは悪い事をすると捕まる人たちの物語なのですが、、それが全てでしょうか? 悪い人だと、決めつけられていたら、皆さまならどうしますか? その世界で広がる毎日のエピソードが、 鉄パイプに囲まれて冷ややかな固い家でも、やっぱり場所はそうでなく、友情や希望は人間であり、感情をもったからには芽生えるのに理由は探す事なくていいんです。 わたしの大好きな、モーガンフリーマンさんが出ているのもところどころポイントです🥰 フリーマンさんが演じる、味が染みですぎた存在とあんな方にいつか出会えて、いっそのこと友達にもなれたから、幸せなんじゃないか、とまで思わせる、空気を最後まで消しません。 あんな大迫力ながらもな演技を近場で見ている監督さんやカメラマンさんや助監督さんやスタイリストさんが羨ましいです。 男たちが頑なに話し合い、優しさを振り返れなかったり、人間の悪を見ぬふりできなかったり、地上にいるより、あのカタカタの縄張りにいたほうが感じることや人間の底を見れる可能性が多いんじゃないかなと思うほどでした。 固められた世界から、 解き放たれたとき、 人間が一番見えてくるのではないでしょうか? 男たちのざわざわ感や、男たちならではの勢いのつけ方が、女の私でさえを飲み込む強い強い作品でした。 名作を私は平気で寝たり起きたりしながら手に取らずにさっきまで生きていたことをぶったたきたいです😭 まだな皆様もぜひおすすめさせてください✨ 手を塞ぎたくなる瞬間もありますが、お化けは出てきませんが、多少の虫は出てきますので、お気をつけください。 食事中のむしゃむしゃ姿で見るよりも、よし!観たら寝るぞ!と気合いの入る時間に作品に向き合いながら見ていただきたいです🙇🏼‍♀️ 最近は名作をむさぼり探ししてます👀 いつもホラーばかり観ていた私に名作を教えて下さいね💓 私も今はなるべく毎日1本映画は観てますからまたオススメを話しにきます✨ さよなら🌙

A post shared by 滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA (@takizawakarenofficial) on

妻とその愛人を殺害した罪で終身刑の判決を下された男。服役先のショーシャンク刑務所で育む友情と人間模様が描かれるヒューマンドラマだ。

あまりにも名作なので、DVDレンタル店のPOPや配信サイト側からレコメンド(おすすめ)されることも多い作品だが……

カレンさん「ずっと気になってはいたはいましたが、ショーシャンクというカタカナに引っかかっていま一歩が踏み出せず見ていませんでしたが、どういうわけか、映画を検索しても出てきて出てきて見ることにした作品です。

大の大人だけで繰り広げられる恋愛や、人間物語では胸での感動は激しいのですが、顔の涙を流すことはなかなかなかったのですが、久しぶりの喉を通る涙でした。(中略)手を塞ぎたくなる瞬間もありますが、お化けは出てきませんが、多少の虫は出てきますので、お気をつけください。」


 

『インターステラー』

View this post on Instagram

この間、私は衝撃を全身に行き渡れる作品と出会うことになりました。 その名も「インターステラー」。 私の頭から離れようとはしないこの内容は私が一番気になっていることだったからではないだろうか、と思いました。 この映画の主役になる空間は「宇宙」になります。 宇宙っていったって広すぎる話し方ですよね。 "日本を舞台にした"とは限りなく差がありすぎます。 まだみたこともない、"宇宙"なのにこんなにスルっと脳に入り込んでくるのは何故なのですか。 頭の中にまるで宇宙が入ってるかのように、知っていたかのように理解していく自分がいました。(知らないくせに) すごく分かりやすく言葉にしてくれたことと、ダイナミックで壮大な景色を拒まないからだと思いました。 この映画は、あっけを取られるトウモロコシ畑を眺めながら始まります。 そして一見、部屋の本棚かと思う景色を自記憶しとくと、理由は後から出てくるよの展開です。 よく授業中に「ここテストに出るからなー」と先生からの最大ヒントをくれる時と同じ要領で見てください。 本棚に眠る秘密とは?人はなぜ地球以外に興味を持つのか....地球のときを知らせる時計は宇宙ではどうなるのか、そして急に出てくるアン・ハサウェイさんの美しさに唖然としてると話に追いつかないです。 そんな考えたくても思いつかなかった想像を膨らます番長的な作品です。 出場者の美しさはあとで振り返って下さいね🥰 もしも自分の周りに不思議な出来事があるなら、それは宇宙のなんらかの星からのメッセージかもしれませんね✨ 涙と"自分は宇宙に持論あり"の方では万が一ついていけないほど、携帯やトイレに構ってる暇がなくなるので、先に全て済ませることをオススメします。 自分の記憶と意見を解放させたとき、その映画にのめり込みます。 そして終わったあとには地球に、いまみかん食べながら季節を過ごしている自分のことを心底気にしてしまいます。 宇宙って言葉じゃ必ず表せないほど壮大で静寂で無限であるにも関わらず、こんなに人がごった返す星はいま地球しか私たちは知らないなんて、不思議がひっくり返っても不思議です。 探すにはいかついくらい時間がかかることを、このインターステラでは可能にするような素振りを見せてくれます。 私はこれを見てから携帯の捜索履歴は宇宙のことで溢れています。 携帯もきっと影響受けやすい持ち主だなとため息つかれているかもしれません。 時空が歪んだ時に 人が見る世界とは? 愛する人との今か、全人間たちの未来か。 頭のこんがり合い必須、いやこんがっても観たい、、選びようのないモゴモゴ感をリフレッシュ可能な作品に出来あがりました。 皆様に絶対見てほしい作品が見つかりました🌸是非、週末にお家庭でゆっくり見てください。 P.S.2時間半を越す、映画としては長い方だと誰かが言ったって私はこの映画に長さは存在しないと思いました。

A post shared by 滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA (@takizawakarenofficial) on

食糧危機に瀕する近未来──人類は居住可能な惑星を求め宇宙へと旅立つ。伏線が緻密(ちみつ)に張られた壮大SFドラマであると同時に親娘愛も描かれた感動の名作だ。こだわりまくった監督(クリストファー・ノーラン)がこの映画のためだけに「巨大なトウモロコシ畑」を一から作ったことでも知られている。

カレンさん「この映画は、あっけを取られるトウモロコシ畑を眺めながら始まります。そして一見、部屋の本棚かと思う景色を自記憶しとくと、理由は後から出てくるよの展開です。よく授業中に「ここテストに出るからなー」と先生からの最大ヒントをくれる時と同じ要領で見てください。

(中略)本棚に眠る秘密とは? 人はなぜ地球以外に興味を持つのか……地球のときを知らせる時計は宇宙ではどうなるのか、そして急に出てくるアン・ハサウェイさんの美しさに唖然としてると話に追いつかないです。」


 

『ターミネーター2』

View this post on Instagram

話題になりすぎて、熱さを超えて高熱状態真っ只中でも公開中を強みに出す「ターミネーター ニュー・フェイト」でありますが、皆さんもう見ましたか⁉️ まだの方いましたら、 「ターミネーター ニュー・フェイト」を見にいく前に改めて物語を見直す準備はいかがですか?😊 私は諦めず「ターミネーター2」をまたもや観てしまいました。 何も隠そうと言うと、突然、畳の居間に呼び出され(母に)、何が何だよと、一桁年齢ながらに思うと、取り出してきたのは太い太いマジックで書かれた、「ターミネーター2」の輝く8文字。 ごんぶとブラックが懐かしい厚みのあるビデオだった。 それを再生した日から、私はターミネーター、そしてアーノルドさんを知ることになった大重要な一日です。 そんな「ターミネーター2」は毎年3〜4回も観てしまいます。 何回見ても感覚が変わり、同じ作品だとは思えません。 あの日の目と脳とは毎回違うことを思いますし、そりゃもうほぼ全員が見てると思いますが、万が一、1人でも観てない方にターミネーターを見てもらいたいです❣️ これは未来と過去の大きな繋がりを黙っていてもわからせてくれる親切な物語です。 誰もが再生したくなる、シンバルらしき音が急に低音にダダンダダンが今も歌いたくなりますよね。 あとからトランペットらしき深く浸透させてくる音もたまりません。 最後は鉄をやたらに叩く音でしめる感動の音楽です。 誰の声も聞こえては来ないのに、アーノルドさんが目に浮かびニヤリ顔をして炎に消えていく絵が毎回想像できます。 間違いなくこれを聞いて「ターミネーター」を思わずにはいられない方はいません。 私はあの音が聞こえただけで鳥肌を立たせる自信ありますし、あの曲は私の人生のテーマソングです。 そんな中始まります。 舞台は乾燥した夜。 静電気の巨大版だと思われながら急に丸いボールの中から現れるのはT-800。(アーノルドさん演) 突如裸で出てきたため、ハンバーガー屋さんのような場所でとある何かをしますが、みなさん想像してください😊 そんなハンバーガー屋さんでの出来事を知らないジョンコナーさんは今日もブイブイ言わせながら大好きなゲームセンターへ行くのもとても素敵です。 ジョンさんは友達選びには抜けてないのかなと思うほど友達がジョンさんを守りたいシーンも好きです。 話は飛び、 そして 「ターミネーター2」ではターゲットが変わるのです。 「え?私を狙っていなかった?」と思わずサラコナーさんもびっくりが隠せない夜中の清潔感を思わす真っ白な建物での出来事は忘れません。 ここからが家族がまとまり本当の意味での世界で一番関わりたくない追いかけっこの始まりです.... (ちょっと関わりたい) サラさんの、力強い腕、正義感強すぎる鋭い視線、恐れない前向きな性格に、感動したのを今でも忘れません。 そして機械だって逃げたくなるはずの怖さもあるはずなのに、T-800はそんな簡単な逃げはしません。必ず守り、、いや、ジョンさんとサラさんを最後まで守れ、、、る、、、の、か。 好きすぎて、申し訳ないですが内容バレた方申し訳ありませんが、内容がバレたとしても楽しめる大作になっていますので、ご安心を😃 最後、なぜT-800は激熱に間違いないお風呂のような場所に入っていくのか....そして親指を持ち上げたシーンは、泣かない人がいるなら話し合いたいくらい、人の涙を感じます。。。。😢 終わらないでくれ、またこの場所で。 未来が今とぶつかった瞬間でした。 予想ができるからこその、世界。 予想がつかない未来を期待する現在。 でもよりよい未来に変えることができるなら、 あの強い強い生き物たちはどこにだって現れるのだ。 この作品からは、 力強い人間でいたいという情熱や、 何かあったら助け合おう。という仲間心が生まれます。 話しているだけでまた「ターミネーター2」を好きになっていく自分がいま、います。。。 本当にこの作品に出会えて、私は心から感謝します。 本当に作品が出来上がってくれてありがとうございます。 私はこれからも今までも胸を張って言いたい作品です!🤩 「ターミネーター ニュー・フェイト」是非劇場にご覧ください!🥰(なにも関わってはいない)

A post shared by 滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA (@takizawakarenofficial) on

もはや説明不要な傑作(ですよね?)。カレンさん自身も大ファンであることをかねて公言している。レビューを読むと、独特ながらもその熱い “ターミネーター愛” が伝わってきます。どうぞ。

カレンさん「舞台は乾燥した夜。静電気の巨大版だと思われながら急に丸いボールの中から現れるのはT-800。(アーノルドさん演)突如裸で出てきたため、ハンバーガー屋さんのような場所でとある何かをしますが、みなさん想像してください。

(中略)最後、なぜT-800は激熱に間違いないお風呂のような場所に入っていくのか……そして親指を持ち上げたシーンは、泣かない人がいるなら話し合いたいくらい、人の涙を感じます。。。。終わらないでくれ、またこの場所で。」


 

『ライオン』

View this post on Instagram

みなさんこんばんは。 またもやわたしの胸を涙で濡らす洪水騒ぎな作品に出会いました。 いつも見る前は急に選ぶので、深いことは作品が終わったあと、復習な時間としてもちろん調べます。 するとこちらの作品は、またもや実話を基にしてくださっていました。 どうりで最後の名前と歌が流れる時に、出場者とは違った現実的な写真が流れてきたもんです。 なんだか最近は実話に巡り合うことがとても多いです。 選んでるんじゃないか、と疑いはやめてください😅正真正銘の堂々と偶然でした。 そんな急遽出会った作品は 「ライオン〜25年目のただいま〜」 という作品です。 なぜライオンなのかって、 ライオンと彷徨ったのか、動物園が出てくるのか、ライオン好きだったのか、など浅い海で生きてるような私の頭ではこんな事しか思い浮かんでいませんでしたが、 全くもって違いました。 そして最後まで見なければ、理由は分かりません。 このお話は、風景はインド中心からのタスマニア風景に変わります。 男の子の切なくも、どうしようもできなかった行動が理由となり、 とんでもない出会いや人物が次々と男の子の周りには出てきます。 そうです、それはそれは壮大な迷子になるのです。 自分だったら、耐えられる気がそもそもしないのに、強く、生きてやる!という気持ちがきっと広がり人は知ることになっんだと思います。 だから、とある人間と出会い、タスマニアに行くことになる男の子です。 その瞬間、「よかった」と人は底の底から安心するでしょう。 男の子からちょっと成長早すぎないか?というほどの大人になります。 可愛げあった男の子はまるで魔法にかかったかのような、イカツイ立派な男になる場面は心の休憩必要です。 なんだか英語でペラペラとどうにもこうにも説明文字が写し出されていたのでそれを見過ごした、私の責任です。 大人になってから、感じることはどんどん増えてくると思います。 そこから動きはめくるめくる変わります。 気付くと、とてつもない美女が彼女になっており、「おいおい、いつの間にだ」と成長をしっかり見届けられてない親の気持ちになります。 またその美女な彼女さんも素敵なんです。 なんならタスマニアに風景が変わってからは素敵な人しか出てきません。 インドの時は罠のような人が出てきますので、ハラハラな気持ちが収まりません。 きっと彼の気持ちも見える世界も、タスマニアではおおきく違っていたんだろうな、とかんじれる風景でした。 不安でいっぱいだった男の子は、周りの愛によって優しく男らしい立派な人間に育ちます。 そんな中でインドの暮らしをやや思い出してくる彼は一体なにを、、、、!?!? 観ないと言えません。 必ず最後の出場者の名前と歌が終わるまで見ていただきたい作品です。 私はそこで声が聞いたこともない場所から、恥ずかしくなるほど泣きました。 素敵な作品に出会えたときは、 皆様と分け合いましょう☺️

A post shared by 滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA (@takizawakarenofficial) on

インドのスラム街で迷子になった5歳の男の子が養子に出され、オーストリアで成長。25歳になるとGoogleEarthを駆使し生まれ故郷を見つけ出す──という実話を映画化した作品だ。

カレンさん「このお話は、風景はインド中心からのタスマニア風景に変わります。男の子の切なくも、どうしようもできなかった行動が理由となり、とんでもない出会いや人物が次々と男の子の周りには出てきます。そうです、それはそれは壮大な迷子になるのです。

(中略)男の子からちょっと成長早すぎないか? というほどの大人になります。可愛げあった男の子はまるで魔法にかかったかのような、イカツイ立派な男になる場面は心の休憩必要です」


 

・もはや「滝沢文学」

いかがだろうか? 最高でしょう。独自の視点、個性的な言葉選び、そして時折 挟んでくる正直すぎる感想に唸った(または吹いた)方も多いのではなかろうか。

View this post on Instagram

みなさん、こんばんは🌆 何してるんでしょうか。 今日は22時からまたもやリーダーをしている番組がテレビ東京さんにて放送されます📺 それは「ソクラテスのため息〜滝沢カレンのわかるまで教えてください〜」です❣️ 本日は2019年をどうにかまとめたがる年末ならではの私たちの習性ですが、「2019年のニュース単語」をまとめさせていただきました❤️(わたし以外の方が) みなさんは、うっ。とつまずく単語はありましたか?そしてそれをちゃんと今でも覚えていますか❓ 私はサラリと頭に着地できなかった単語が限りなくありますから、それだらけではありましたが、 知らないからこそ新たな学びの時間なりました🥰 知らずに使っている方は、知らないのによく使えますね😊無意識が自由に時代に乗っているのかもしれません🌊 そして知っていて使っていた方、さすが波乗り人間です😊うらやましさしいです😭 ですが、どんな感覚だろうが関係なく、 みなさんも今なら間に合う🌵そして使い道すらまだある単語を一緒に聞きませんか😉 本日22:00からお待ちしています🥰 #ソクラテスのため息 #気付けばもうまとめをしたくなる時期 #だけどまとめてもまた来年から使える自信 #まだまだ知らなきゃいけないことは #この先たくさんあるかと思うと #寝てばかりじゃもったいないかもしれない #寝る時間もかなり大事だがね

A post shared by 滝沢カレン/KAREN TAKIZAWA (@takizawakarenofficial) on

筆者のような凡人には理解が追い付かない文章も少なからずあるが、それでも不思議とグイグイと読ませられる。これはもう、1つの文学──さしずめ「滝沢文学」とでも言えよう。


 

・的確すぎてゾクっとする文章も

“感覚的な文章” という印象を受けた人もいるかもしれないが、作品の真理を見事についた言葉が飛び出したりすることもあり、驚かされる。

たとえば『インターステラー』のレビューは、次の一文で締めくくっている。

「P.S.2時間半を越す、映画としては長い方だと誰かが言ったって私はこの映画に長さは存在しないと思いました。」

読んでいてゾクッとさせられます。『インターステラー』をごらんになった方ならおわかりかと思うが、作品の本質……それも核部分のド真ん中をピンポイントで突き刺した一文なのだ。鳥肌モンです。痺れます。

・連休中の映画鑑賞のお供に

コレはほんの一例で、滝沢先生のインスタグラムには名作に鋭く切り込んだ多くのレビューがたっぷりと載っているゾ! 本記事で紹介したレビューはどれも全文を紹介しきれなかったので、興味が湧いた方は是非とも読んでみてほしい。

もちろん、映画本編を見終わった後の方が読みごたえがあることは言うまでもない。連休中は「映画」と「滝沢文学」、あわせて楽しんでみてはいかがだろうか。

参照元:Instagram @takizawakarenofficial
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.